« 損害保険の行方 | トップページ | 震災時の先行情報班 »

マニア対談

出勤途中コンビニに寄ると、山積みのサンデーGXが目に留まった。
「そういやコレジャジャの連載誌だっけ、ちょっと見てみよ」
とページをめくると、ジャジャは数ページで終わり、作者えのあきら氏とナントカ氏(名前失念)の対談3ページが掲載されていた。

内容はバイクとクルマ両方について、「どんなクルマ欲しい?」とか「欲しいバイク・クルマが無い」とか最後は「じゃあ、自分で作ろうか? バイクの1300c.c.のエンジン使って、リタイアしたエンジニアにお願いして」といった、自分たちでも陥りがちなコゾーな妄想(笑)に突入していた。
但し、造詣の深い両氏らしく「輸出仕様車と国内仕様車の違い」等、私にとって初めて聞く話も多く、スキモノなら是非ご一読をお勧めします。

#ちなみに立ち読み。。。だって他の掲載漫画がアレなので(笑)。

|

« 損害保険の行方 | トップページ | 震災時の先行情報班 »

コメント

ジャジャ読みました。かなぁ~りマニアックなマンガの為かなり驚きました。
もっとバイク知識があれば相当面白いマンガなのでしょうね。
いつも読んでるマンガは敷居の低いものばかりなので、
自分のお子ちゃま度を改めて感じさせられました(笑)

投稿: ソネッチ | 2005.01.19 01:20

こんにちはondaです。読みましたよ。立ち読みですが・・・
高校生の時欲しかったのはCBRエンデュランスでした。車はプジョー205が欲しかったです。今はとりたててどうしても欲しいというのは確かにありません。きっと今の高校生には欲しい物があるのだろうし製品の魅力が薄れているわけではないでしょう。
一つのものに愛着をもって接するのはきらいではありません。
ただバイクはリスクが高いです。無理して選択する必要はないかもしれません。

投稿: onda | 2005.01.18 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/2565687

この記事へのトラックバック一覧です: マニア対談:

« 損害保険の行方 | トップページ | 震災時の先行情報班 »