« ブーツメンテ | トップページ | 車検 »

モータージャーナリズムは在るか?

「モータージャーナリストはいるけど、モータージャーナリズムは無い」と評される日本なので、ある程度の経験を積むと、雑誌の胡散臭さが目につくようになったりします。
特にバイク雑誌などは幼児性が発散されがち(?)なので、毎月購読するような雑誌は、いつしかなくなってしまいました。
そんな中で、時々買ってじっくり読んでみたくなるのが1,2冊あったりしますが、今回はさすがにアキレタというか。。。(ーー;)

記事は、モータージャーナリストとアマチュア数名が、各04モデルを評するという内容。
その対象にKTM640LC4advが取り上げられていますが、皆その高いシート高を指摘、肝心な未舗装路の走破性には一言も触れず。アマチュアはともかく、モータージャーナリストまでもが。。。

そういう記事を載せながらも、編集者は「真剣に評価しているのだから、メーカは調子の良いマシンを貸して欲しい」というコメントを載せるのは、かなり矛盾していると思うのです。

こういった記事はオンロードメインの雑誌にはありがちなので、一誌だけを責めるつもりはありませんし、都合でクローズドサーキットのみのインプレになるのは理解しようとはしていますが。。。もう少し読み応えのある雑誌にならないものかなあ。

|

« ブーツメンテ | トップページ | 車検 »

コメント

こんにちはondaです。
昔のRC誌が良かったです。当時はちっとも面白く思わなかったですけど今読み返してみると印象を新たにします。BS誌は最近柔らかくなりすぎかな。CB誌、現RC誌はもはや読めるものではない。最近のお気に入りはマルち誌です。すっげー楽しそうです。

投稿: onda | 2005.01.18 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/2617364

この記事へのトラックバック一覧です: モータージャーナリズムは在るか?:

« ブーツメンテ | トップページ | 車検 »