« 西からの小包 | トップページ | GP受難? »

病床で出来ること

と言えば、私は本を読むしか出来ません。
実は、インフルエンザにかかりました。タイプは「Bプラス」ってやつだそうで。
高熱は出ない(今は37.2~37.6℃)ので、体は比較的楽なのですが、長引くらしいです。

で、読んでる本はコチラ。
「車社会ニッポン」
「SUVが世界を轢きつぶす」

しんどいので、簡単に感想を。
「車社会ニッポン」は、ドライバーなら誰でも同意できそうな、タイトル通りおかしな車社会を批評。
クルマ好きにありがちな、欧州車・欧州車社会をひいきにしてることが?だけど、私は全体の7割くらいは同意。特に、「デザイン批評が無い」点について。
クルマに詳しくない私の、点のような情報が線で結ばれたようなレベルでマニア向けではないけれど、読み易いので、一読するのは良い鴨。

「SUVが世界を轢きつぶす」は、まだ途中。
要は米製SUVとその社会を糾弾するルポで、私にとっては非常に興味深い内容なんですけど、分厚くて、内容も読みにくいので(^_^;)。

|

« 西からの小包 | トップページ | GP受難? »

コメント

ondaです。
>「てめーら提灯記事ばっか書いてんぢゃねーよ、そんなんで仕事してると言えるか!」
雑誌はね。メーカの広告が一杯入っているからそうなってしまうのか、記事を書く(写す?)人の能力が足りないのか残念ながら今や購入する意欲が湧かないものが多いですね。せめて雑誌が世間の流行をリードするくらいの気概が欲しいのですがそうすっと何を勘違いしたか新製品を山ほど取り付けて「どうだ!」ってなっちゃう。これって提灯記事と変わらないよ。前にも書きましたがマルち誌が最近ではお気に入りなのはなんででしょう?MB誌も10年前までは読めましたが最近はすっかり・・読者に媚びるのはどうも。孤高の存在たれ。

投稿: onda | 2005.03.02 13:21

ソネッチ>
職場には、充分注意して下さい(力説!)。

ondaさん>
簡単に言うと、
同一メーカの同一排気量に似たような車種があるのはおかしいとか、メーカの安全・環境対策は何故もっと早くできなかったの?とかツッコンでいて、いちばん何が言いたいかというと、評論家に向かって、
「てめーら提灯記事ばっか書いてんぢゃねーよ、そんなんで仕事してると言えるか!」
と言ってます。
賛成できない部分はあるものの、コレ三冊目らしいので、前の二冊も読んでみたくはなりますね。

投稿: そーいちろ | 2005.03.01 20:30

ondaです。
これは・・自ニコラの「すぎもと」氏ではないですか。どの辺がおかしな車社会なんですか?

投稿: onda | 2005.02.28 13:29

インフルエンザですか?!お大事にして下さい!
m(__)m
私も風邪気味で家族の元に行く行為はNGとなり、今日は本屋さん⇒会社出社でした。(^-^A;
え?家でゆっくり休めって?(苦笑)

投稿: ソネッチ | 2005.02.26 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/3085708

この記事へのトラックバック一覧です: 病床で出来ること:

« 西からの小包 | トップページ | GP受難? »