« タイヤショップ偵察行 | トップページ | やがて哀しきヘルメット »

XRメンテ(2)

1)まず、ねじ切ってしまったフロントフォークのスタッドボルトを取り付け。
2)ドライブチェーン清掃
3)タイヤチェーン取り付け確認
  箱から取り出したときに雑に扱った為か、知恵の輪一丁出来あがり(-_-メ)。
  それを解きほぐすのに貴重な時間が。。。ま、結果オーライだけど。
  今シーズン使えるかどうかは不明(^_^;)。
4)オイル排出の前準備
  暖機15分。その間、クラッチレバー調整。
  最後にエンジンかけたのは、たしか1月末。
  バッテリー端子は外しておいたので、意外とセルは廻ってくれました。
5)オイル排出とオイルフィルタ交換
  結構いい感じのヘドロでした(ーー;)。
  エンジンかけずに放置してあるときの方が、オイル劣化激しい気がする。。。
  真相はいかに?
6)オイルストレーナ清掃
  クランクケースカバーを外してストレーナを取り出すのですが、右側なのでキック
  ペダルやリアブレーキリザーバタンク,オイルラインを外さねばならず、意外と
  メンドクサイ。エンジン側とフレーム側、2箇所あるし。
  ちなみに、何故こんなことをやろうかと考えたかというと、この気になる記事
  を読んだからです。
  私のXR(MD30)は、現在25,000kmオーバー。
  ストレーナのゴミはどのくらいかだったかというと、わずかに縁にへばりついて
  いた程度。
  あんな密封された空間で、「ストレーナ一面にゴミ>焼き付きした」とかホント
  かな?

次回、ドライブチェーン給油,オイル注入,Fスプロケットガイド交換と仕上げの作業を行い、ひとまず乗れるようにしたい。

|

« タイヤショップ偵察行 | トップページ | やがて哀しきヘルメット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/3300409

この記事へのトラックバック一覧です: XRメンテ(2):

« タイヤショップ偵察行 | トップページ | やがて哀しきヘルメット »