« ミニコーン | トップページ | 憧れるのは勝手だが »

異分野の雑誌記事から推測するアメリカ製品

昨日買ったモトナビは、未だ包装されたまま。今日はゆっくり読むぞ、と帰ってきたら、定期購読のナショナルジオグラフィックが届いてた。
ぱらぱらと眺めると、「毒をめぐる10の物語」と題した興味深い記事がありまして。
#危険物にひかれる、この性分(笑)。

その物語のひとつが、米バージニア州・検死官のインタビュー記事。
検死官曰く、
「毒殺は、アメリカ人の気性に合わない。計画を立て、毒薬を調達し、与える方法を考えるなんて面倒だし、何でも手っ取り早く解決するのが米国流。」

。。。ハーレーやビッグ3のアメリカ製品も、設計思想はこのような思考から成り立ってる、というの気のせいでしょうか(^_^;)。
ちなみに歴史的毒殺記事は、イタリアやフランスなどの欧州王室にまつわるものが多かったのです。気質ですね。。。

|

« ミニコーン | トップページ | 憧れるのは勝手だが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/3885374

この記事へのトラックバック一覧です: 異分野の雑誌記事から推測するアメリカ製品:

« ミニコーン | トップページ | 憧れるのは勝手だが »