« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

林道と、お好み焼き

私の所属する職場は、その多忙さゆえ「最前線」と自虐的に表現することがある。その職場のバイク乗りが一堂に会する機会は、年に1,2度程度。
それが、土曜日の日帰りツーリングだった。

総勢11人のマスツーなんて、久しぶり。とはいえ、私とF君の2名は林道経由、他9名とは別ルートを辿る。
朝8時に龍勢会館でF君と待ち合わせ、給油後は、中津川林道の終点・三国峠まで一直線に目指す。
F君のダートの腕前は知らないが、オンでは不足なくついてこれることを確認していた。最初2,3回突き放したが、ペースを落とすとすぐ姿を現すので、気にせず自分のペースでガシガシ走った。
路面はフラット&スリッピーで、登りなのに、かなりアクセルに気を使う。
峠に着いたのは、9:30。青い空に多めの白い雲、好ましい晴れっぷり。木製のベンチに腰掛けていると、陽光がじんわり暖かく、気持ち良い。

峠の反対・長野県川上村は舗装済みだが、村の中心部へ下りきる途中に、林道の入口がある。。。はずなのだが見落として、一路オンロード組との合流地点である、清里のお好み焼き屋へ向かった。

既に到着していたオンロード組と談笑しながら、私は「広島風スペシャル」を注文。
テーブルにお好み焼きが並べられると、11人は黙々と食べた。
本当に無言で、実は仲悪いんぢゃねーの?くらいの勢いでたいらげた。

さて、午後はオンロード組は「清泉寮でソフトクリーム」だそうな。2,3回食べたことあるし、それほど執着の無い我々は、午前同様林道に向かった。

目標は、茂来林道・信濃沢林道の2本。北相木村から北上し、R299へ抜け出ることが可能な林道だ。
少々迷ったあげくに、サビサビの林道標識を発見、茂来林道に突入した。
午前の中津川同様のスリッピーな路面で、ラフに開けるとリアが振られる。何度か意識的にがばっと開けて、速度を上げずにテールスライドを楽しんだ。中津川よりは、ガケ落ちの心配が少なそうな路面だったし、ね。

信濃沢林道は、茂来林道の途中に、ループを描く様に存在する。
道幅狭く、勾配はソコソコ急で、直線部分が多い。上りは開ける快感が味わえる。下りは、タテの体重移動を要求され、ぽんぽん跳ねながら転がり落ちる面白さ。

そんなこんなで山を降り、R299に着いたのが16:30。十石峠を越え、県道を駆使して混雑のR140を避け、とっぷり日が暮れた頃自宅に着いた。242mile、387kmの行程。
翌日は、もちろん筋肉痛(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーキット作ろうか

愛知県に、新サーキットができるそうです。

私が反応したのは、「2kmのコース,建設費5億円」ということ。
意外と安いんだなあ、と。
もちろん自分が出せる金額では無いけれど、宝くじ賞金が3億円ということから考えると、もし当たったら、この半分の距離のサーキットが建設可能ということになる。

もっと現実的に(笑)、考えてみる。
1000坪(3300平方m)くらいあれば、ジムカーナコースかミニサーキットが作れそう。関東でも地方の山林なら坪ヒトケタ万円だろうから、土地代だけでも1億かからない。オフロードコースなら、舗装の必要無いからもっと安い。
ちょっとした会社経営者なら、意外と簡単なのかも知れない。

そういやちょっとぐぐったら、「松井田町にカワサキがサーキット作ろうとしていた」なんてサイトも見つかった。
こんなご時世にサーキット?と思ったが、不況だと逆に町おこしに利用しやすい(されやすい?)のかも知れない。

と、ここまで書いて思い出したのが、新潟の日本海間瀬サーキット。学生時代に耐久レースのピットクルーとして、ひと夏通っていた(?)ことがある。
ここの面白いところは、サーキットの中に畑が存在しているということ。何かワケアリで売らなかったのか詳しい事情は知らないけれど、レースの最中でも畑の持ち主は野良仕事に精を出し、時折手を休めてレース見物をしている。
そばを通りかかったら、覗いてみるのも一興かと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あの男は何処へ

風邪がすっきりとは治らず、体調悪い。仕事はたっぷりあるのに、時間をかけられず、自分の不甲斐無さにイライラする。
北海道ロングツーリング中に、薬無しで風邪を治した、あの健康な男は何処へいったのだ!?(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーキットができた

このまえ秩父に行く途中で、サーキットの看板を発見。4月にできたばかりらしい。
ウチからだとクルマで1時間かからない場所。。。40分くらいかな。

残念ながら、2輪枠は無い。
2輪可になったら、XRをモタード仕様にして走ってみたいのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

道の写真集

先日借りた、「日本百名道」を眺めていた(「ほとんど写真集」なので読むものではない)。
自分の行動範囲と照らし合わせると、目新しいルートは無いが、走ったことのある道が「こんなに美しい場所だったのか」と認識を改めさせられる。
季節外れの風邪をひき、床に伏している身には、大変慰められる美しい写真ばかりだ。

しかし、ページを捲っていくと、意外と有料道路が多い。その通行料金は、いうまでもなく暴利と感じる価格だ。
それほど高い料金を徴収せねばならぬのなら、造らなければ良いのに。
多少の不便も、我慢できるのに。
自然も、残せたのに。

著者の須藤氏は、あとがきで「なんだか怒りがこみあげる道もありました」と述べている。
このひとことで、この本がただ無邪気に、都合の悪いことから目をそむけて作られたものではない、と思えたことが救いだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本を借りたあと

図書館で、「日本百名道」を借りた。
さらに、アウトライダー等に短編小説を発表している、山田深夜氏の著書の取り寄せを依頼した。

ちょっと待てよ。。。
ただでさえ少ないバイク系出版物を、借り物で済ませてしまって良いのか?
業界の成長の為には、身銭切ることが必要ではないのか?
自分の趣味の将来を考えるならば。。。

ま、図書館に蔵書として置かれるならば、多数の人の目に留まって良いか。
帰りの車中では、セコい自分を、そのように結論づけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三の保険

GW中に出かけた秩父山中で、怪しいルート発見。しかし、その時は一人で走りぬける自身が無かったので、断念。しかも、そのルートは地図には載っていないポイント。こんなとき、GPSがあれば場所を記憶させておいて、帰宅後ルートの調査できるのに。。。というわけで、無性にGPSが欲しくなってしまいました。
調べてみると、地図表示が可能なモデルは最低5万円くらいから。。。○| ̄|_

無理して買っても、破損したり盗まれたりしたらシャレにならん、ということから思い出したのがレジャー保険
一泊ニ日¥500で、自分の身体の他に「携行品損害の補償」が得られるのは、格安と言えよう。だいたい¥500なんてあっという間に使ってしまう金額なんだから、その分保険に回した方が有意義のような気がする。
ツーリング中心配なのは事故だけではないし、むしろ携行品の損害の確率は思いもよらず高いのではなかろうか。

私の場合、幸いにもこれまで「保険に入っておけば」と悔いるようなトラブルは無かったけれど、昨今の犯罪事情を含めてを鑑みると、ネットで申し込みできるなら試してみる価値はありそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RC166分解

少し前にNHK-BSで放映した、「RC166(ホンダ’60レーサー)の分解」のビデオを借りたので、見てみました。
車体はカウルやタンクから始め、ブレーキシューまで。エンジンは、フレームから降ろして、最後はピストンを取り出すまで。

このマシンは、クランクとコンロッド・ピストンまで1セットでシリンダーから取り出すそうで、整備性最悪な様子(笑)が良く確認できて、興味深いものでした。
6気筒250c.c.、しかもカムギヤトレイン。技術計算の高度さもさることながら、6気筒というからには、「チカラワザ」の部分も大きいんぢゃねーの?などと、メカ屋のハシクレとしては思うところです。

また、初期のマン島TTの映像も出てきて、非常に嬉しい。ホントの初期って、自転車が走ってるみたいでオモイシロイ。60年代ですら、スピードが現在のツーリングレベルに見えます(笑)。

残念なのは、メカニックや当時の開発者がいるにも拘わらず、彼等当事者のコメントが少ないこと。著名なゲストを多く揃えて番組を盛り上げるのは良いのですが、ちょっと多すぎ。
個人的には、「メカニックがバラしていく様を、素人のアナウンサーが開発者に解説を求める」というスタイルでやれば、知らない人にもマニアな人にも楽しめたのではないかと思います。
バイク雑誌編集者が、エンジンの基本構造を解説するなんてえのは、ちょっと。。。ねえ(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品名満載エッセイ

諸々の事情から、現在ロングツーリングには行けません。
なので、アウトライダーの写真で我慢してます(苦笑)。

そのアウトライダー最新号の、斎藤純氏のエッセイを読んで、妙な違和感を憶えました。
尤も読んだと言っても、「また宮澤賢治かよ」とナナメ読みしたに過ぎないのですが。
で、その違和感はナンだろう、とよく読むと、やたら商品名が目についたからなのですよ。

それは、
「モンベル・ムーンライトを張った」
「キャノンIXYを取り出そうとすると」
等々。。。

「テントを張った」
「デジタルカメラを取り出そうとすると」
の方が自然でいーぢゃん! と思わずツッコミ。
モノマガジンとかによくあるような、特定の商品についてのコラムなら理解できますけど、ツーリングエッセイにこの表現は無いだろう、と。
記事欄外には、当該商品のメーカー名は書いてないから、極個人的なタイアップ記事なのかと勘繰ってしまう。。。(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クルマはかくして-」読了

あいだに他の本を読まなければならなかったので、時間がかかりましたが、今日は
天気もすっきりせずやることなかったので、一気に読み終えました。
で、気になったことをいくつか。

1)意外と、オバチャンというか「パートの女性」らしき人が部品メーカーには多いん
  ですね。ワイヤハーネスなど工程まるごと任されてるみたいだし、インパネの
  シボ加工は女性職人で成り立ってるように見えます。

2)「トヨタ九州は、JDパワー社の”最も高品質な製品を生産する工場”に選ばれて
  いる」という記述がありますが、そのJDパワー社ってナニよ?と調べて見ると、
  コンサルティング会社でした。1企業に選ばれても、門外漢にはスゴイんだか
  なんだか判りませんが、マグロウヒルに買収されたということなので、その業界
  ではそれなりの評価を受けてたのでしょう。こんなにスゴイことなんだよっ、て
  知ってる方いましたら、無知な私めに教えて下さいな。

3)巻末の参考文献欄に、「カーエアコン」山海堂刊の記述が。。。カーエアコンの
  本を作ってしまうなんて、さすがマニアな山海堂(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンヒル復活

XRで、ふらふらと図書館に向かった。
館内で当初の目的を果たし、日経ビジネスの最新号をめくると、1ページ全面にクラシックバイクの後姿の写真が載っていた。そのバイクのリアシートには、振り分けバッグが装着されている。

ダンヒルのツーリングバッグ(!)の広告だった。
webサイトには未だ載っていないが、その写真を見る限り、カンバス地にレザーで補強されたバッグは質が良さそうだった。

ダンヒルは、創業時は(今より運転席が過酷な環境の)クルマやバイクのためのウェアを作っていたことは知っていたが、また、この世界に戻ってきたようだ。
しかも、webのラインナップを見ると、バッグは「ストームカバーが付属」して、雨や汚れを防ぐことが可能という、ただオシャレだけ追求したものではないらしい。意外にも実用的だ。

私の場合は、バイクにも懐にも分不相応なシロモノだけど、久々に物欲が湧き出すものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグタンク航続距離確認+気になるニュース

朝、KLXで通勤しようとしたら、暖機中にストンとストップ。どうやらガス欠。。。XRに乗り換えて出勤。
ガス欠時の走行距離は185mille(296km)。約15L消費したと判断。
余裕を見て、これからは180mille(288km)超えたら給油することにしましょうか。

さて、コレだけだと物足りないので、気になるニュースをピックアップ。

バイク進入が後絶たず 剣山スーパー林道の通行止め区間
リンク先の写真の様子だと、私も進入するだろうなあ、というシチュエーションですね。でも、行政側の言い分も尤もで、友好的な態度を示してくれてるようなので、行動は慎むべきでしょう(ーー;)。

渋滞もス~イスイ バイク便参上、札幌に専門会社 冬はオフロード車で
「冬もやる」ってところが気合入ってます。走ることはそう難しくは無いにしても、凍死が心配です(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグタンクの効果・補足

今回ビッグタンクは、ノーマルだとラジエータシュラウドのある位置に、増量分を確保してあるのです。つまり横に太らせたというわけではなく、前下方に太らせてるわけです。従って、ノーマルと比較して、ポジションは無理がありません。わずかに膝が開く程度。

重量も、満タンでも重いとは感じません。林道レベルなら全然無問題。まだ経験してないけど、足場の悪いところでの転倒後、起こすときに感じる程度でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグタンクと野口シートの効果

★ビッグタンク
GWの4時間と日曜の5時間で走った距離は、合計172mille=275km。計算上360kmの航続距離だから、あと80kmは走ってくれるはず。
XRは250のわりに燃費が悪いので、100km走ったらGS探してたのですから、それから比べれば300km無給油なんて夢のよう(笑)。
最近は一日500kmのツーリングなんてしないから、たいていは「朝給油すれば丸々一日遊べる」マシンになりました。

★野口シート
「泥でも座面が滑らずに」という目的で張替えた素材ですが、泥はまだつけてません(笑)。でも、ドライの状態でも、ボトムがモトパンでなくてジーンズでも、ホールド効果は高く感じられるので、私はこの鮫肌が好みですね。
また、webサイトには
「防水処理は全てのシート加工に施します。1-3mmの防水ウレタンをシート全面に接着剤で貼り付けをします。」
という記述がありますが、この防水ウレタンのせいか「腰のあるクッション」になったようで、以前のベタっとしたシートからは別物の感があります。
表皮張替えだけでも、ここはオススメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんより寒空だけど、林道Run

先日ガルルと一緒に立ち読みしたバックオフには、以前行ったことのある林道が掲載されていたので、再び走ることに。秩父の北側、奈良尾線・明ヶ平沢戸線という2本の林道。

近くにあるのに、両者とも路面の性格が異なり(ちょいガレ,スリッピー)、短いながらも楽しめた。雑誌掲載直後の日曜のわりには、遭遇したバイクは2台と寂しいものだが。ちなみに、本日の走行時間5時間(-_-;)。

帰りはR140をまったり流したが、気になっていた長瀞の温泉施設建設予定地は、「この物件に関する問い合わせは、○○法律事務所」という看板がかかっており、計画は頓挫した模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と近所のツートラ

昨日の話なんですが、朝刊のTV欄を見ると、夕方のNHKニュースの枠内で「バイクレースのために山に移り住んだ」人を採り上げるという記述が。「山」っていうことはエンデューロかラリーかな、と思ってまずはGコード予約。

今朝、出勤前に見てみると、群馬県倉渕村ツーリングトライアルの話でした。リタイア後に東京から移住した人が、村内で開催してるとのこと。ちなみに参加資格は、55歳以上だそうな(^_^;)。

GTR山本氏の話によると、同じく群馬の上野村ではトライアルクラブがあったり、南牧村では選手権があったりと、トライアルってひっそりこそこそ(笑)と群馬各地で行われているんですね。

今回の大会は、村役場にも協力してもらってるらしいです。岩手のイーハトーブのように成長すると良いですね。
群馬ならウチから自走で行けるので、XR売ってトライアルマシン買おうかな。。。(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルル、ご乱心。。。?

今日発売のガルルを立ち読みすると、巻末になんとわたせせいぞう氏の漫画が掲載(連載か?)。
初回は、主人公がXL250Sに乗って、怪我人を病院まで送る話。

氏の作品は結構好きなので、個人的には歓迎なんだが。。。どーしたんだ、ガルル?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW7日目・義父の鉄道講座

連休最終日は、ヨメの実家訪問。
義父は、太平洋戦争中に18歳から運転手を勤めてたので、今回の福知山線の事故を元OBとしてアレコレ分析していた。
「カーブが300Rだと、速度は○○km/hが限界」「ブレーキは空圧駆動で、ここに減圧弁があって。。。」
等、リタイアしてから何十年も経つのに計算式がスラスラ出てきて、更に運転手を退いたあとはダイヤ作成も手がけていた(中央線のダイヤは今でも所有)ので、ダイヤの作成方法まで言及し、僕は思いもよらぬ鉄道講座を受けることになった。

鉄道については全く知識が無いので、イマイチ理解に苦しんだが、
「今回は、反対(対向)車線の運転手が事故に気付いて、二重事故を起こさなかったのはエライが、その他の失態が多すぎる」
と、嘆いたのが印象に残った。

やはり、今度は鉄道技術について予習して行くべきか。。。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW6日目・裏秩父野鳥編

今日、秩父で舗装林道を走ってるとき、道路の上まで伸びた木々の枝の間から、バサッと一羽の鳥が飛び出した。
そいつは、2,3回羽ばたくと滑空し、また羽ばたいては滑空という方法で、僕と同じ方向に、同じ速度で飛んでいた。距離にして30mくらいか、ランデブーはあっという間に終わり、鳥はわずかに方向を変えながら高度を上げ、そして見えなくなった。

そのときの、僕と鳥との距離は、「もう少し加速して、スタンディングして腕を伸ばせば、触れるのでは?」という近距離で、しかもそいつは平地に暮らす人間には滅多にお目にかかれない猛禽類だった。
いつの頃からか、山の上を悠然と飛ぶ様をみて、猛禽類にある種の憧れを持つようになった僕は、とても興奮してしまった。じーっと、その動作に見とれていた。信仰心の無い僕でも、「神の創造物の、なんと美しいことだろう」などというセリフが出てきそうなくらいに(照)。

その鳥は、あまり大きくない体長、羽根の模様から、僕はノスリではないかと推測している。
今日のルートは、バイク乗りとしては少し失敗した気がするが、自然を求めた人間としては悪くなかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW6日目・裏秩父ショートトリップ

050504isama
昨日は、関越花園I.C.付近で60km超という殺人的渋滞だったみたいなので、やはりGWは遠出するのヤメました。それに、ヨメがうるさい他にもいろいろあるので。

軽く流すか、ということで向かったのは、いつもの県道11号線を経て、「裏秩父」とも言うべきエリア。
旧吉田町の道の駅で一服し、城峰山の舗装林道をクネクネし、帰りは河川敷ダートで一直線に自宅へ。
今年のGWツーリング、4時間で終了!(泣)

ちなみに、画像の場所はココ
ルート上は、マイナールートとはいえ、おもいっきりアウト側にふくらんでくるようなサンデードライバーが多かった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW5日目・ホムセンピンチ?

ヨメが「ポータブルCDプレーヤーが壊れたから、新品買って」というので、ウチから最も近い(ルート上に信号が無い)ヤマダ電機へGO。
当初の目的を果たして店内を見渡すと、カー用品コーナーがあるぢゃないですか!
ケミカルやライトバルブ等、ホムセンに近い品揃え。
私が現在使っているオイル・ホンダ純正S9の価格をチェックすると、ホムセン(コメリ:¥1,180)より安い¥924。をを、結構やるではないですか。

「コジマとの価格競争に疲弊して、売れるモノは何でも売ろう、という状態。」
か、はたまた
「購買層がかぶってる、というマーケティング上の戦略。」
か、どういう理由かは判りませんが、近くにガレージを借りてる私としては、この店意外に使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW4日目・景観ワースト100

今朝の朝刊に、「”醜い景観100選”を選定する」という記事が掲載された。都市工学の専門家等が「美しい景観を創る会」を結成、そのwebサイトで100選を発表するとのこと。

私、以前から疑問というか矛盾を感じてたんですよね。
滝,道,川などで「100選に選ばれました!」とか言ってるけど、たいていそれらの周囲は、褒められた景観ではないんですよね。特に滝は、その最たるもので、下品なのぼりや看板が立ち並ぶ様を、あらゆる所で見てきました。

少し話はズレますが、長野オリンピック開催前年に奥志賀を訪れたら、「自然保全区域(湿地)」と看板の立つ、すぐ隣で造成工事が行われていたことがあります。
区域外ならナニやってもいーのか? 自然って簡単に線引けるようなものぢゃないだろ?
と、眉間に皺寄せながら通り過ぎた記憶があります。

これらの共通項って、結局「バランスが悪い」(=センスが悪い?)ということだと思うのです。
ある区域のバランス、市区町村内のバランスが、やがて都道府県・国全体のバランスの悪さにつながり、景観を害しているのではないか、と。

ま、きっちりし過ぎて、VOW的面白さが無くなるのも少し寂しい気がしますが(^_^;)、いまのところこのヒトたちを応援したいな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW3日目・今日は北上

今日母は帰るが、もう少し遊びに連れてってあげたい。
そこで思い付いたのが、母もヨメも大好きな富弘美術館。二人とも行ったことはあるが、4月にリニューアルオープンしたということなので。
ルート上はさほど混んでなかったが、館内は、GWらしき混雑。
ひどい混雑ではないけど、美術館としては、落ち着いては見ることができない状態。
ま、今回は親孝行と割り切って、自分は適当に流す(^_^;)。

さて、観覧終了して、昼食ナニ食べる?と訊いたら、「来る途中うどんの看板ばかり見たので、うどんが食べたい」とのこと。なかでも、気になった看板があったので、そこ行ってみよう、だとさ。
目的のうどん屋に着いて、席に座り、メニューをくれと言うと、「出せるものは3種類だけ、そばと天ぷらのセットで¥2,000(高い!)、えーとそれから。。。」という店員の声をさえぎって、母が「うどんは無いの?」と尋ねると、「うどんは、今日は無いんです。」
おいおい、アンタうどん屋ぢゃないのかよ? おもての看板にうどんと書いてあったけど?
更に問い詰めても、「今日は無い」とのこと。
結局何も頼まず、半ギレしつつ店を出た。
店の前には、「うどん・そば」のノボリがはためいていた。どういうこっちゃ(-_-;)。
R122の山○という店には、気をつけましょう。

気をとり直して、他の店に入った。
ここは、ヒット。うどんもそばも美味しく、値段も納得。しかも、店内にはホンダ・DAX(旧型)が置いてあり、マニアな怪しさもある(笑)。
「さっきの店行かなくて良かったね」などとのたまいつつ、帰宅。
帰宅直後、母は百数十km彼方へ帰っていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »