« 一線超えた(オイル編) | トップページ | 公道に商品陳列、の是非 »

堂平山林道行

遅く起きた日曜、近場で未知の、ネットで偶々見つけた林道群に行ってみることにした。小川町・東秩父村にまたがる地域なので、ウチから一時間もかからない。

県道11号線を小川町中心部から東へ向かい、目印のコンビニから横道にそれた。その道は小さな川沿いで、「蛍の生息域です。きれいにしましょう」の看板が数カ所立っていた。覗き込むと、そばに民家が在るとは思えない澄んだ淵があった。

舗装路をしばらく進み、諦めかけた頃、未舗装路が現れた。ガードレールやカーブミラーが設けられてあるので、比較的安心ではあるものの、パチンコ玉を敷いたような小石の路面に深い轍がレールのようで、走り難い。

やがて現れた舗装路との分岐で、これが萩平笠山線の七重峠と知る。七重峠から舗装路を下るとすぐに林道入口があったので、迷わず突入。狭いながらも、さっきの道よりは好みの路面だ。
再び舗装路に出ると、そこは駐車場のよう。パラグライダーの発進場であり、アンテナ立てて無線をしている人もいる。そこでパラグライダーを眺めていると、バイク乗りが話しかけてきて、すぐ上に堂平天文台があることに気づかされた。

天文台から舗装路を下ると、すぐに白石峠の分岐点。
さて、帰るかと秩父方面の下りへと顔を向けると、またもや林道入口発見。ジムニー1台分の道幅だが、バイクなら楽勝と走り出す。今度はガードレールも無いし、崩落あるし、草刈りはしてないし、という今までと比べるとなかなかワイルド。勾配も、少し急だ。

堪能し、市街地に下りると、そこは山へ登った地点とあまり離れていない場所だった。
地図を見ていないのに、ぐるりとひとまわりするなんて、ひょっとしてこれがリングワンデリング?(^_^;)

帰りは、一時期ハマッていたカレー屋に立ち寄り、昼食。久々だったので、ナンを好物のチーズガーリックナンではなく普通のナンにしてしまって、ちょとがっくり(;_;)。
3.5時間走って、100kmの道程だった。

|

« 一線超えた(オイル編) | トップページ | 公道に商品陳列、の是非 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/4621222

この記事へのトラックバック一覧です: 堂平山林道行:

« 一線超えた(オイル編) | トップページ | 公道に商品陳列、の是非 »