« 新潟日帰り海水浴 | トップページ | 無理に走った日 »

ラジオ修理

クルマやバイクだけでなく、何故か修理するものが沸いてくる(;_;)。
今日は、ヨメのポケットラジオ。

数ヶ月前に、イヤホンの受け側が基板から剥離していたので、ハンダ付けして直したことがあった。
同じ症状を訴えるので、また原因は同じかと開けてみると、どうも違うらしい。

しばし悩んだ結果、
1)イヤホン自体の断線
2)イヤホンの個体差(軸径誤差)に、受け側が摺りへって耐えられなくなった。
という2つの原因が考えられた。

ちなみに、3つのイヤホンをノギスで測定したところ、軸径は0.1mmの差が見られた。
結局対策としては、確実に聞こえるイヤホンで聞け、ということに相成った。

しかし、バラし、再度組み立てる間に各樹脂製パーツのツメがぼろぼろと折れまくったのには閉口した。あげくに、従来から取り付けてあったイヤホン(今は使用不可)の接続線まで切れた。
買ってから7年近く経つが、せめて10年はもってくれないものか、と思うのは言い過ぎかな。

私のキャンプ用短波ラジオも、10年目くらいに樹脂部分が割れて、アンテナがぐらつくようになってしまった。
電波を受信して音を発生する、という基本性能は全然丈夫なだけに口惜しいものだ。
価格は1.5倍までは我慢するから、金属筐体の頑丈なポケットラジオを作ってくれないものかな。

|

« 新潟日帰り海水浴 | トップページ | 無理に走った日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/5230415

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ修理:

« 新潟日帰り海水浴 | トップページ | 無理に走った日 »