« 初ミシュラン | トップページ | 放送局追加 »

芳香剤の後始末

芳香剤って、嫌いなんですよね。クルマ用もトイレ用も玄関用も全て、におい嗅ぐとおえっていうくらいに。けど、新聞屋が持ってくるんです。ま、もらったからには使ってみるか、とトイレに置いときました。
で、ふと気が付くと、それが半分に減ってたんですよ。

「このペースだと、1~1.5ヶ月くらいで一本使いきるのかあ」

ということは、1.5ヶ月のペースでプラスチック容器がゴミとして増える、ということなんですよね。
それって、かなりのペースだと思うんですが。
きっとウチは珍しい方で、こういうの好きな方は多いでしょう。
それが、不燃物ゴミとして増加の一途。。。ペットボトルや金属缶のように、リサイクルルートは確立されていないだろうし。

ひょっとして自動車リサイクル料金のシステム化よりも、こういった日常消耗品の容器を焼却可能な材質にする方が大切・重要・大問題なのではないかなあ。
と、車輪生活風に結論づけてみました(^_^;)。

|

« 初ミシュラン | トップページ | 放送局追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/5011011

この記事へのトラックバック一覧です: 芳香剤の後始末:

« 初ミシュラン | トップページ | 放送局追加 »