« トッポ・ウインカー不良 | トップページ | MTB変速不具合改善 »

Oリング溝破損

KLXに、オイル滲み発生。
右側クランクケースにはオイル確認用小窓があって、小窓とクランクケースの間はOリングでシールされている。そのOリング用溝が破損した模様。
完璧に直すことを考えると、クランクケース交換という大事になってしまう。

幸いオイルの漏れ量はたいしたことないので、応急処置的に「液体ガスケットを塗布、その上からアルミテープで保護」という対策を施して様子を見ることにした。
oil_leak_2

ちなみに原因は、Fタイヤの跳ね上げた石が直撃したものだと思われる。
。。。スペアエンジンの確保も考えた方が良いかな?

|

« トッポ・ウインカー不良 | トップページ | MTB変速不具合改善 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/6019955

この記事へのトラックバック一覧です: Oリング溝破損:

« トッポ・ウインカー不良 | トップページ | MTB変速不具合改善 »