« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

走る群馬産業史

日曜の昼食後、突如、群馬県立歴史博物館まで足を伸ばした。
広大な「群馬の森」の中に、美術館と併設されており、敷地内の木々の葉は、ところどころ色づき始めている。
天気が良かったら、一日中芝生に寝転んでいたいところだ。

館内は、名前の通り「歴史モノ」ばかりの陳列だ。化石等の地学的なもの・動植物に関するものは、ほんのわずか。
他の博物館同様、古い順序で展示物を見ていくと、いちばん最後にクルマとスクーターが鎮座していた。
今でも工場が県内に在る、富士重工のスバル360とラビットだ。

そうだよな、富岡製糸場の生糸と並び、群馬の産業史に残って然るべきものだよな。。。意外な展示物に驚きつつ、しばし観察。
「安価な大衆車」を目指したらしいが、ボディの曲線から察するにカネかかってるような気がするが。

展示物の最後に、自分の趣味に近いものが出てきて、非常に満足。
でも、博物館側に要望を出すとすれば、ぐるりと360°から観覧できるように展示して欲しいな。

薄暗くなった外に出た後は、久々の伊香保温泉を堪能、暖かいまま家路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧型パンダ真夜中凝視

モトナビを買ったのは、隣県・群馬の専門書を扱う大型書店。
帰宅時、そこの駐車場で1台のクルマに釘付け。

それは、フィアット・パンダ(FIAT PANDA)。
しかも旧型。。。スクエアなボディにシビレます。
明かに「板金技術不足」な、この小型車には何故かデザイン的にひかれるのですよ。

せっかくだからと、クルマの周囲を半周。
近くで見ると、「コンクリート打ちっ放し」なカンジ。古いクルマだからヤレ加減もプラスして、更に「雑い」です。でも、好き(笑)。

ん?リアハッチに何か。。。「4X4」?
4WDですか、このパンダ。
うひー、さすが群馬。でも、ホントに今でも4輪動くの?(笑)。

で、帰ってぐぐってみたら、このデザインはかのジウジアーロが手がけたらしいです。。。知らなかったよ。
やはり、著名なデザイナーってスゴイ。目の利かない大衆も魅了するんだからね(ーー;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニック・アシュレイ氏の「日本」

モトナビ№19は、全体的に好みの写真・記事が多く、お買い得♪
なかでも、ニック・アシュレイ氏のインタビュー記事が読み応えあり。
字数少ないながらも、氏の日本論爆発(笑)。
「(日本人は)西洋のライフスタイルにこだわりすぎているんじゃないだろうか」
には、大共感(ヘンな横文字使い過ぎなんだよ、今の日本は!(^_^メ))。
モーターサイクルを文化として考えてる(考えたい)ヒトならば必読、なのではないか。

また、柏秀樹氏のタンデム機種別安全性インプレ「DSTT」は、対象がビッグスクーター。
個人的にスクーターには興味無いのだが、こういったテストは社会的に意義が大きく、注目に値する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラリーっぽい顔

欲しいと言ったら、ホントにいただいてしまったラフロのRally790レプリカ。
群馬のKL系同志(笑)、山本事務局長殿よりの品物。

さて、早速試着してみましょう。
ノーマルだと、ウチのKLXは↓こんな顔。
klx_bfr2

そして付けると、↓こんな雰囲気。
klx_aft2

純正のライトカウルと同じ色だけに、それほど違和感が無いと思っているのだが。
取り付けは、ライトカウルにネジ留めか。あるいは、車体からステーを伸ばすか。
ホンモノのラリーマシンよろしく、スクリーンの陰にマップホルダーやGPSステーの追加も併せて検討してみることにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストコースもブレーキメーカーも

地図を眺めていたら、千葉に「日清紡テストコース」を発見。
ブレーキメーカーが、テストコースを持っているとは思わなかった。
ブレーキメーカーはベンチテストのみで、フィールドテストは完成車メーカーが行うものだと思ってたよ。

ぐぐると、某掲示板にて「旧日本海軍の滑走路だった」との書き込みも発見。
場所は、成田から東へ30km弱の旭市。
公式webサイトには記述が無いので、ここらへんを参照してくださいな。
また、北海道は紋別にも建設したみたいです。同じく滑走路跡に(笑)。

一方、曙ブレーキのテストコースは、福島県いわき市に子会社として運営されているようで。

と、ここまで書いて気が付いたのだけど、「日清紡」って、よくホンダのバイクに使われている「NISSIN」では無いような。。。「NISSIN」は、どうやらwebサイトのロゴマークから推察するに、日信工業のことみたい。
では「日清紡」って、いったいナニモノ?

「テストコース」も「ブレーキメーカー」も常人の思いも因らぬところに点在し、奥深いっす(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット保険見積り

ネットの自動車保険見積り、したことありますか?
私は数年前にしたのですが、結局総合的に考えると、それまで利用していた保険とあまり変わらないので、損保会社を変えるようなことはしませんでした。

そのことについて、困ったことがひとつ。
一度見積りを行うと、(例えば)5社のうち2社は、しつこくDMを送ってきます。
それこそ何年も。
しかも、中身はすぐに申し込みできるよう、こちらの住所はもちろん、生年月日からクルマのナンバーまで詳細に記された申込書なので、破棄するのが大変です。
そのまま捨てるのも不安なので、いちいちシュレッダーに通さねばなりません。

これから見積りしようとしている方、注意した方がよろしいかと。
ア○サはしつこいですよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40年前のクルマだと思えば。。。?

先月くらいに自ニコラで読んだ、「EUにおいて、中国車が安全性ゼロの評価を下された」という話。
その元となった衝突実験の映像が、WBSで放映されてました。

素人目で見たカンジだと、両足粉砕くらいな勢いで運転席がツブれてましたね。ボディがまるで紙のようで、瞬時にエンジン露出状態。
実験を行ったドイツ人は、「頭部に深刻なダメージを与える」とコメントしてましたけど。

EUに進出したからニュースになったのでしょうが、こうなったらインド製とかアジア各国の安全性評価も見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月放置後

KLXを、2ヶ月ぶりに始動。
手間取ったものの、セルの回し過ぎによるバッテリーあがりも起きず、無事に走行可能となった。
ここいらへんは、XRより出来が良く、大変助かっている。XRなんてバッテリー容量ぎりぎりで、1ヶ月放置でも上がるもんね。

とりあえず、図書館まで往復20kmの行程で終了。
帰宅後エンジンを覗き込み、先日の破損箇所を確認したところ、このくらいの距離なら問題無しみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぐりすとかー

英国のカーマニアによって「醜い車ワースト10」が発表された、そうなので、ちょっとコメントしましょうか。ちなみに、リンク先は英文なので、よく読んでません(^_^;)。

確かに1位(双竜自動車・ロデウス)は、やっつけ仕事のようなニオイがするけど、「醜さ№1」というのはどーかな?(^_^;)
2位のフィアット・ムルティプラは、良い意味での「イタリア的趣味の悪さ」が出てて、個人的には好きなクルマなのです。ま、自分でも怪しいな~と思ってたけど、やっぱ万人が見ても醜いのね。。。(ーー;)
3位のメルセデス・マイバッハは、ようわからん。私は好きでないデザインだけど、結構好きなヒトいるようなデザインだと思うけど。。。?
4位のクライスラー・PTクルーザーは、激しく同意です。ただ、それだけ。4位でようやく、英国マニアと意見が一致したな(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撥水性不足

先日補充した液体レインX、最近の秋雨前線にもぷしゅーぷしゅーと使いまくったのだけど、やはり撥水性が足りないよ。

90km/h走行でも、転がり具合がイマイチ。
感覚的に言うと、ガラコの70km/h走行時とレインXの90km/h走行時が同じくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯車は、このように使います。

歯車メーカ・小原歯車工業のwebサイトに、興味深い動画発見。
個人的に、ワイパーの動きにハマッた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリーご臨終させた

朝から雨。
仕事はばっくれて有休取得して、エクスのバッテリー交換をすることに決定(休んだ理由はそれだけではないのだが)。

まずは、新聞の折り込み広告と店舗への直接TELにて、価格調査。
某ホムセン    →¥9,500
地元タイヤショップ→¥13,000
自動後退     →¥16,000~、BOSCH製は¥27,000
タ○ヤ館,ジェー○ス→定休日のため、連絡不可能。
。。。って、どういうことなんだよ、この価格差は(ーー;)

ということで、行ったことは無いけど30分くらいで行けそうな、某ホムセンへ直行。
広告によると、GSユアサ製&交換工賃廃棄無料。ということは、安かろう悪かろうということでは無い&雨に濡れずに交換してくれる。このメリットは見過ごせない。

店に着いて購入すると、整備士の第二の人生を歩んでるらしい、おじいさんが交換してくれた。
「工賃無料」なんて書いてあったから、専用ピットがあるのかと思ったら、屋根付き駐車場で交換作業を行うとのこと(^_^;)。そばで作業を見ていたら、このヒト手際が良く、仕事が丁寧で大満足。

さて、今回購入したバッテリーは、箱には「日本電池株式会社」と書いてあるのに、補償書は「株式会社GSユアサバッテリー」と書いてある。商品名は、同じ「バリュープラス」という名称。
OEMか? 補償書に記載されているお客様相談室に、疑問をぶつけてみた。
すると、
昨年4月に、日本電池(GSブランド)とユアサコーポレーションが経営統合された。購入されたバッテリーは、まだ統合前の箱を使っていて、先行して補償書だけは新社名のものを使っている。」
とのこと。
ああ、そうか。「GS」と「ユアサ」って、別会社だったんだ。昔から一緒だと勘違いしてたよ。

更に調べるべくwebサイトを覗くと、車種別適合表が載っていた。
バイクの適合表で検索すると、自分のKLX650なんて現行車ではないのに、未だに載っていてプチ感動(^^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バッテリーご臨終か?

軽めの残業を終えた夜、職場の駐車場でエクスに乗りこみ、キーを捻る。

ういん、ういん、ういん。。。。

セルモータが、明かに鈍足。
バッテリーあがりでした。。。○| ̄|_

守衛が見張る駐車場なので、JAFは面倒&時間がかかる。
即座に職場にTEL、同じくクルマ通勤の同僚に「電気わけて」と頼みこむ。

数分後、同僚到着。
ブースターケーブルは常備しているので、問題無く解決して、帰宅

ちなみに、購入してから4年半,走行距離48,000km超で、初めてのバッテリーあがり。
明日は、午前中休んでオート○ックスか、KLXを使うか。。。ま、それは、明朝決めればいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔は知らないけれど

朝の通勤路で、よく見かける青いCB750F。
そのCBと、帰宅途中のセルフガソリンスタンドで会ってしまった。

ヘルメットを取ると、50前後と思しき白髪混じりのオッサン。
そうだよな、この世代も入るよな。CB-Fは。

少し話してみたいなと思ったが、バイクの給油に神経を使っている様子。
ノズルを突っ込んだタンクを覗き込んだままなので、やめておいた方が良かろう。
先に給油を終え、スタンドを後にした。

そういえば、同じくよく見かけたXR-BAJAは最近見かけない。
「コイツ免許取りたてかな?」というような運転で、ある日見たときは案の定、クルマと接触事故を起こしていた。
かすり傷で済んだような軽い事故だったので、事故後も姿を見たのだが、間もなく姿を消してしまった。

めげずに乗っていて欲しい、と思う。
生きてるなら、機会はいくらでもあるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クシタニ出店攻勢

昨日もらったクシタニ05年度カタログの店舗リストには、
「宇都宮店05年春OPEN予定」
「愛知県中部地区OPEN予定」
と記述がある。

「もてぎ」効果と「トヨタ」効果だろうか。。。?

バイク産業は低迷しているが、質の高い商品を提供している
メーカーが存続し、出店を続ける体力があることに、少し安堵した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クシタニ物色

自転車でも10分とかからない、近所のクシタニショップに行ってみた。
目的は、秋冬モノのカタログとグローブの物色。

グローブなら比較的安価なので、バリエーションが楽しめるし、使い回せばお気に入りは消耗しにくい。
今日は買わずに試着して、2点ほど目星を付けておいた。

カタログを見ると、昨年と変わり映えしないラインナップだが、グローブと共に気になっているのはカントリージーンズ
レザーなので普通のジーンズより遥かに高価だけど、自宅で洗濯可能で、撥水性があるのなら。。。と迷うところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »