« ニック・アシュレイ氏の「日本」 | トップページ | 走る群馬産業史 »

旧型パンダ真夜中凝視

モトナビを買ったのは、隣県・群馬の専門書を扱う大型書店。
帰宅時、そこの駐車場で1台のクルマに釘付け。

それは、フィアット・パンダ(FIAT PANDA)。
しかも旧型。。。スクエアなボディにシビレます。
明かに「板金技術不足」な、この小型車には何故かデザイン的にひかれるのですよ。

せっかくだからと、クルマの周囲を半周。
近くで見ると、「コンクリート打ちっ放し」なカンジ。古いクルマだからヤレ加減もプラスして、更に「雑い」です。でも、好き(笑)。

ん?リアハッチに何か。。。「4X4」?
4WDですか、このパンダ。
うひー、さすが群馬。でも、ホントに今でも4輪動くの?(笑)。

で、帰ってぐぐってみたら、このデザインはかのジウジアーロが手がけたらしいです。。。知らなかったよ。
やはり、著名なデザイナーってスゴイ。目の利かない大衆も魅了するんだからね(ーー;)。

|

« ニック・アシュレイ氏の「日本」 | トップページ | 走る群馬産業史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/6728762

この記事へのトラックバック一覧です: 旧型パンダ真夜中凝視:

« ニック・アシュレイ氏の「日本」 | トップページ | 走る群馬産業史 »