« エクスリコール対応他とプラグ交換 | トップページ | トッポのワイパゴム適合せず »

BSエアゲージ試験運用

朝から昼過ぎまで↓読書。
「ハードワーク」
「仕事のくだらなさとの戦い」
この曇り空に、家の中に閉じこもって読んでたら鬱々してきたので、「仕事の-」は適当に割愛。要旨は解ったような気がしたもので。
「ハードワーク」は現代英国の「自動車絶望工場」のような肉体労働潜入ルポで、まあ、なんつーか「コイズミ民営化政策」の暗い未来を表してる予感。

さて、日暮れor雨が降る前にトッポのワイパー交換せねば、と外へ。
袋からゴムを取り出そうとした瞬間気付いたのは、「ゴムの長さ全然違うぢゃん」。
。。。終了。

気を取り直して、先日いただいたBSエアゲージを使ってみる。
まずは、XRでペンシル型ゲージとの比較。
ペンシル>1.9KPa
BS>1.2KPa
次にエクス。
ペンシル>2.5KPa
BS>1.9KPa

ここで確認しておきたいのは、BSの方が壊れてるんぢゃねーの?ということ。
エクスは、先日交換したばかりの夏タイヤ。ディーラーで交換したので、空気圧チェックしている可能性は高い。チェックしてなかったとしても、自分がスタッドレス交換前に2.2KPaを同じペンシル型で維持していたので、2.5KPaになるのはありえない。減ることはあっても。
というわけで、BSが不良品である確率は低い、と言える。

しかし、あらためて比較するとスゴイ数値だな。
こんなに違うとは思わなかった。
目安でイイんだよ、と考えていたのだが、もう少し厳密に管理した方が良いのかも。
それに、ここまで精密な測定器だと、測ることが単純に、とても楽しい。
目盛りは細かいし、エア抜き弁で調整がすごく楽。

普段、あまり自分でメンテしない人にもオススメしたい。
作業自体は簡単なのに、メカニック気分(笑)。
ツーリング前の冷え切ったタイヤをチェックすると、気分が盛り上がってくることウケアイ。

|

« エクスリコール対応他とプラグ交換 | トップページ | トッポのワイパゴム適合せず »

コメント

>>でも単位は間違えないようにしましょう(笑)

ん?。。。あっ(汗)

投稿: そーいちろ | 2006.04.18 23:25


私も同じBSのゲージ(旭製)を使っています。車のタイアで同じことやってみました。

エーモンのスティック型  190~200kPa
BSのゲージ       215kPa

見ての通りスティック型は測り方によって測定値に差がでます。やってみると判ると思
いますが口金の部分がゲージと一体になっているタイプは特に単車に使う場合ディスク
ロータやスポークが邪魔になってまっすぐにバルブに押し当てられないことが多くまと
もな測定圧が出ないことがあります。
どんな測定方式でもいいですけどちょっと高価でも口金がホースで別体になっているの
がお勧めですね。(私も5つほど安物を購入しつづけてやっと気がつきました・・)

餞別にいいものを戴きましたね。でも単位は間違えないようにしましょう(笑)

それでは!

投稿: onda | 2006.04.17 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/9570090

この記事へのトラックバック一覧です: BSエアゲージ試験運用:

« エクスリコール対応他とプラグ交換 | トップページ | トッポのワイパゴム適合せず »