« 車輪的転職記(3) | トップページ | 車輪的転職記(5) »

車輪的転職記(4)

国内4メーカーのうち残るK社は、応募せず。
さすがに神戸は遠すぎる。せめて、関が原以東でなけりゃ。
ウチもヨメも、実家は関東。親に何かあったら、非常に面倒。

二輪がダメなら、カメラ関係が良いかも、と情報収集。
ところが、カメラメーカーは募集してなかったり、書類選考落ちたり。
で、応募してみたのはレンズメーカーT社。

書類は、あっさり通過。そりゃそうだろな、同じ業界だし。
パズルのような筆記試験(面白かった、またやりたい)と1次・2次面接は難なく通過、内定げっと。

ところが、条件が悪かった。
年収が残業無しだと今よりアップするのだが、残業を何時間か超えると逆転、働けば働くほど今の年収より落ちるのだ。
残業は、月平均60時間、しかもフレックス無し。
それほど残業あるのに、フレックスでないとペース配分が難しい。
それに、「設計開発職はフレックス必須」というのがおいらの信念(笑)。

。。。ダメ、モチベーション保てない。内定辞退。
実は以前、この会社を調べてたら、ネット上に社長の怪しい発言が落ちていた。
「ウチは、来た仕事は絶対断らない。パートさんにまで22時まで残ってもらって、やり遂げます」
更に財務関係も調べたら、利益率がめちゃめちゃ良い。
これらのことから、社員が薄給でひいひい言いながら働いてるんぢゃねーか?という推測は、当たらずとも遠からじ。。。逃げて正解(笑)

|

« 車輪的転職記(3) | トップページ | 車輪的転職記(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/9382507

この記事へのトラックバック一覧です: 車輪的転職記(4):

« 車輪的転職記(3) | トップページ | 車輪的転職記(5) »