« 小説で読む、戦後自動車産業史 | トップページ | タケオキクチとエクストレイルは繋がるか »

KLXスロットルケーブル交換

晴れ間を狙って、KLXのスロットルケーブル交換。
旧品には、損傷は見られず。
やはりクラッチと違って、負荷は軽い(ように見える)せいか。

紛失していた、タンクステーのブシュも追加。
ゴムダンパはへたりが見られたので、2個とも交換。
へたってても直接的な機能では無いから何も感じないかも知れないけど、振動が少しでも減ればと願う。

気温は27℃を超え、軽作業でも汗だく。
夏が近づいてきた予感、の土曜日なのだ。

|

« 小説で読む、戦後自動車産業史 | トップページ | タケオキクチとエクストレイルは繋がるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/10174838

この記事へのトラックバック一覧です: KLXスロットルケーブル交換:

« 小説で読む、戦後自動車産業史 | トップページ | タケオキクチとエクストレイルは繋がるか »