« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

魂、ナニソレ?

モトナビに広告が載っていた、「この国の魂 -技術屋が日本をつくる」という本。
自動車エンジニアが書いた、「辛口メッセージ」らしい。
読んではいないが、この広告の一文「この国(技術屋)は魂を失ったのか?」に気を留めた。
その文章にから連想したことは。。。

「失った」どころか、最初から無い、と私は考えている。
ただ理数系のオベンキョーが得意というだけで製造業に就職し、先輩方は「仕事のテクニック」を伝授するのみ。

自分が作るものは何なのか。
作ったものが社会にもたらす影響は、何なのか。
自分は何を作りたいのか。

そのようなことを考えている人間は、決して多くは無い。
または、考えているとしても、おおっぴらに口に出すことは少ない。

以上が、自動車業界以外の数社を渡り歩いた機械技術者として、日頃感じること。
この先は、この本を読んでから考えようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉ナップスの代わりにモトナビ

オープン2日目のナップス埼玉店の状況は気になったが、目を覚ますと11:00。
これからヨメの買い物に付き合って、遅い昼食を摂って、夕方ゲロ混みのR17は楽しくないなあ。。。と考えると、行く気持ちは当然萎えた。

空いた時間は、半年振りに買ったモトナビを眺めて過ごすことにした。
特集のファッションは、4年前のシマウマ柄のシューズ(!)を履いたようなモデルはおらず、結構受け入れやすい。

初めは「20万近いジャケットなんて、平均年収500万以下のリーマンが買えるわけアリマセンよ、ボケ」と言いたくなるジャケットページも、数ページあとは、「高いけど買えないことはない」価格帯になっていたので、カタログ的に楽しめた。

まだ全部読んでないけど、全体をパラパラと眺めた感じでは、拒絶反応を示しそうにない構成(笑)なので、今号は良い感じかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高燃費の要因は

近年稀に見る「秋らしく快晴」という予報なので、長野までドライブ。
松代町の池田万寿夫美術館を経て、小布施でランチ&骨董市冷やかし、須坂の「湯っくらんど」でひと風呂、というルート。

往復は、関越&上信越道を通勤割引の効く100km分を使った。
花園I.C.から佐久I.C.までがその距離で、埼玉・群馬の低速ルートをショートカットできるので、ちょうど良い。

全行程400kmを終えた、エクスの燃費は約10km/L超。
往路の上信越道や長野県内の峠道など、「踏み込む」ルートが多かったと感じていたのに、予想外の高燃費。

高回転で回すことより、信号停止の影響が大きいのか。
あるいは、いわゆる「アタリがついてきた」のか。

専門家の意見はやはり前者だろうが、オーナーの心情のとしては後者を信じていた方が幸せだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デメリットばかりなのでしょうか?

ドライブチェンの交換と同時に前後スプロケットの交換を思いつき、いつも通販を利用しているショップに、見積り依頼のメールを送った。
そのメールの返信がきた。

「純正部品の通販は、取り扱い中止にしました」

やはり、儲からないんですか。。。?(-.-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルファのCMを見て

クルマに限らないけど、外国のこのようなCMの作り方がとても好き。

誇張といえるほどの表現の自由さを以って、その製品の機能や性格を解りやすくウィットに包んで、視聴者に強烈にアピールする。
練られてるよな、といつも感心してしまう。

好きな芸能人が出てきても、そのクルマに好感抱くとは限らない。
無料TV放映の代償としてCMを見せられるのは仕方ないにしても、見るに耐えられるものを放送して欲しい。クリエイターと呼ばれる人たちなら、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車&バイク置き場の憂鬱

ヨメは、自転車のカバーをかけない。
「面倒か?」
「うん」
そりゃそうだな。それは、俺も感じてた。
KLXのカバーだってかけるの面倒なくらいだから、¥100のカバーなんてかけ易く作られていないのは当然だ。
質の良いカバーを使っても、縁側をバイクと自転車が占領していて、空間を自由に使えない今の状態は本意ではない。

そこで、自転車置き場を作ることを決意。
方法は、2種類。
既製の「サイクルハウス」か、足場パイプで「箱」を作るか。
大きさは、自転車3台とKLXを収納したいと考えている。

上モノは、サイクルハウスなら簡単に済むが、いちばんの問題は基礎なのだ。
土と言うか砂利の地面だから、湿気が上がってきても蒸れないような構造にしなければならない。
借家だから、コンクリート打つワケにもいかないし。。。

とりあえず、近所のホムセンで材料を物色。
すると、使えそうな材料が見つかり、構想も沸いてきた。
自宅に帰り、構造と予算を見積もり、完結。

製作は、「冬休みの宿題」とする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラ初めの一歩

最も近くの練習場所へ、自転車で偵察走行。
ススキが茂り、鳥の鳴き声が喧しい。
まだ、時季が早いか。。。
鳥たちの移動を待つとすると、やはり冬だ。

家までの帰り道は、先日引っ張り出した本を思い出して、トラ練習っぽいことをしてみる。
休耕田の土手を降りたり、8の字を描いたり。

その勢いで、自宅の裏庭にも突入してみる。
人1.5人分の幅の、プロパンガス交換時にしか通らない、細長い空間。
それを抜けると、自転車なら軽くUターンできるくらいの台形空間。

玄関に戻ると、ジーンズには無数の種子類。。。草刈りをさぼって、今や虫の王国なのだ。
虫の音が聞こえなくなるのは少し寂しいけれど、草刈って、ブロックで段差作れば、自転車トライアルの真似事くらいは出来るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ遅ーい

注文したドライブチェンは、思いのほか早く来た。
とはいえ。。。振込み確認後、丸々一週間はやはり遅いよなあ。
「月曜日に振込み確認後、土曜日に届く」というのが理想とゆうか、今までのネットショッピングのパターンなんだけど。
これからこの店は要注意、ということで対処するか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジンは無いけど始めよう

半分洗脳されたとはいえ、ボーナスの額を見極めないことにはトラ車は買えないな。。。
という理由から忘れかけてた昨日のこと、本棚から昔買った「MTBトライアル上達のコツ」を見つけてしまった。

これを買ったときは、本気でもなんでもなくて、ただ何か自転車の本が読みたくて買っただけなのだが、読むとヤル気になってきて、すぐにできそうなスタンディングスティルの練習だけはやったことを思い出した。

ただ、スタンディングスティルの練習は、ある程度までは数日間で出来るようになるが、それからは時間の長さだけを求めるようになると、激しくつまらなくなったことも思い出した。

そして再び、マシンが無くても出来ることは進めておきたい、と同じ事を繰り返しそうな俺がココにいる。
Mtbtry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤岡ショートツーリング

今週は先週より早め、14:00スタートのショートツーリング。
東西に長く、また、都市部と山村の落差が激しい藤岡市をなめるように走り出す。

山へ通じる県道175号線は、鮎川に沿っている。
名前の通り、民家があるにもかかわらず、青い水面が美しい川。しばし覗きこむ。

少し走って、以前、冬にVTで来たときに休憩したヨロズ屋で一休み。
そこの自動販売機で見たものは、千葉・茨城にしか無い缶コーヒー
カルトな人気ゆえ、販売契約が結ばれたのか。

ここまで来ると、引き返すのはもったいない。
とにかく山に向かって、ずんずん進む。

たどり着いたのは、市町村境の分岐。
右へ行っても、左へ行っても、自宅への距離に差は無い。
どちらのルートにしようかと思案にくれてると、ロードのサイクリストがやってきた。
どちらともなく話し始め、しばし自転車談義。
彼の自転車は、良い意味でキチ○イっぷりが好ましい、ほぼフルカーボン。
自転車雑誌を読まなくなって久しい身には、知らないパーツが換装されている車体を見るのは、結構楽しい。

そこへ、何故か農家のおばあちゃんが現れ、話しかけられる。
この近くに集落あったっけ?と思いながら、会話が始まる。
集落の今昔の暮らしぶりや、自身の病気のことなど。
話しやすかったので、どこからお嫁に来たのですか?などとも聞いてみる。
「この近くの秋畑ってところでねえ」
「それでは、麓の村から山奥へ嫁いだのですね。ご苦労なさったでしょう」
「いやあ、だまされちゃったね」
と照れ笑いしたが、それなりに幸せだったことは顔ににじみ出ていたように見える。

2人と別れ、かつてのオフローダー天国・みかぼ林道を使って山を降りる。
稜線を走るこの林道では、陽の傾いた山なみを望みながら走れる。
舗装路になってしまったけど、信号無し・交通量少で距離を稼げるのはまだマシか。

山から降りて、県境の神流川を渡る頃には、陽が落ちていた。
久しぶりのナイトラン。
視力の落ちた眼に、少し緊張を強いられながら着いた自宅の時計は18:00。
Aiba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物自転車のコダワリ(8)

チョイ乗りで改良の成果を確認したものの、もう少し実用的な範囲で乗り味を感じてみるべく、自宅から4km先の床屋へのアシとして使ってみた。

あれ、ママチャリってこんなに走り易かったっけ?
MTBより疲れない。。。姿勢のせいかな。
取り替えた前輪は当然駆動ロスは激減、こぐとグイグイ進む。

すっかり日の暮れた夜道で、ハブダイナモライトの効果も確認する。
光量は以前書いた通り充分だし、電池の消耗の心配をしなくても良いことが助かる。MTBのときは、信号待ちの度に消していたから。

自宅へ着いた頃には、1台欲しくなっていた。
数km先へ行くのに2リッターのクルマを動かすのは、激しく無駄に感じるんだよねえ。
でも、寒くなると、その考えも萎縮するのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイントカードの増殖を抑えてみる

溜まったポイントカードの類を整理してたら、オートバックスのカードを発見。
日付を見ると、もう4年も前のもの。

プラグコードを買ったときのもので、それなりに高額のポイントが付いたので、すぐに数百円くらいのものは買えるだろうと取っておいたのだが、それ以来数えるほどしか店には行ってない。
しかも、モノを買ったことは記憶にない。

所詮、それだけの存在だったのだな。
カードは、当然ハサミを入れてゴミ箱へ。

と、このような状況の繰り返しは、もうやめたい。
常連しか来ないような個人経営の店ならば、店が管理する台帳制に。
大規模チェーンならば、指紋認証のデータベースにして欲しい。
ポイント情報は、webサイトで確認できるようにして。
指紋認証の端末機器は、規格統一して量産すればコストダウンは可能ではないだろうか。

そういえば、電車の定期券も指紋認証にして欲しい。
会社から6ヶ月一括割引の金額でしか支給されないので、仕方なく6ヶ月分を購入しているが、私の場合、その金額は20万を超えるのだ。
一財産持ち歩いているのと同じことで、JRでは再発行可能と規約には書いてあるが、どこまで補償してくれるのか怪しいものである。

だが、もしこの社会がそのように進んだとき、一部の犯罪者は殺した者の指を切り取り、防腐処理を施した上で、何度も悪用するのだろうか。。。ガクブル(冷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごまかされた気が

この前の土曜日は通勤割引を活用したところ、¥1,900という正規の価格に対して¥800という割引になった。
こういうことになる(または自分の意志で選択できる)と、素直に嬉しい。
とても、得した気分になる。

この安さに酔って、旧道路公団のこれまでの運営や、新会社のこれからの運営に目を向ける機会が少なくなったような気がする。

「何故無料にしないのか」という追求が、今や「ETC付けないと損」という風潮に切り替わった(切り替えられた)。

「ETC導入と分割民営化で、上手く気を逸らすことができた。」
「半額でも良い、要は今より安くなれば大衆は文句は言わないよ。」

そんな声が、どこからか聞こえてきそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェンを注文してみたら

某ネットショップで、ドライブチェンを注文。
翌日、「注文受け付けました」のメール。

その文中に
「発送は、10日後になります」

。。。10年前の本屋ですか?
ネットショップなんだから、スピードを考えてくれい。
即日発送なんてゼイタクなことは言わんから、せめて3日後とかに。。。純正部品ですら「遅くとも3日後」っていう時代なんだぜえ。

でも、代金振り込んで注文確定(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラ洗脳

歯医者の帰り道、気になっていたバイクショップに寄ってみた。
外には中古らしいトライアルマシンが2台並べてあり、中には「今、売れてます」というタイプでは無いバイクが数台。

とりあえず、外のトラ車の価格と程度はどうなのよ?と、近付いてみた。
ところが、値札は無い。
売り物ではないのか、と眺めてると、ウインドウには「トライアル体験走行」の張り紙。
それは、是非参加してみたい。
店内に入り、説明を求めた。

店のご主人は、トライアルに興味があることを示すと、体験走行が無料であること、近くの練習場で行うこと、ところがその練習場は閉鎖されてしまうことを教えてくれた。でも、次の場所は確保可能であるらしいが。

そして、トライアルの誘いをかけてきた。
半分だけ、洗脳された(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物自転車のコダワリ(6)

自転車を置いてる場所は、日当たりバツグン、縁側の軒下。
強い紫外線と、少しの雨が降りかかる。
今回はさすがに良い状態を維持しようと決意、フロントバスケット用カバーと車体カバーを買ってきた。

車体カバーだけホムセンに買いに行こうと思ったけど、偶然立ち寄った¥100ショップで見つけたので、コレでOK。
車体カバーは、大きめのミニバイク用を選択。

フロント,リアともバスケットは樹脂製で劣化が心配なのだが、リアのカバーが売って無いのが、少し残念。
Basket

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れラン

バッテリー上がりを心配して、KLXを走らせた。
既に、午後4時。

河川敷をメインに、ぐるっと一回り。。。のはずが、ダートは舗装されてるし、畑のカタチは変わってるし、しばし迷う。
マジ焦った。
陽は落ちてくるのに、帰り道判らねー。

結局、暗くなる前には戻れたけど。
Yugurerun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物自転車のコダワリ(5)

例の自転車を引き取ってきた。
メインのフレームやハンドルがそのままだから、極端に印象は違わないが、予想通りのナカナカ良い雰囲気。
ハブダイナモ専用ライトも、古い自転車に形状が似合うかなと心配だったが、カゴの下なので目立たず、全体の雰囲気を邪魔しない。

さて日没後、ハブダイナモのテストをして見る。
驚くのは、自転車を押して歩いても、かなりの光量が発生すること。
走ってから止まるときにも、止まるギリギリまでライトは点灯している。

色は、クルマのHID同様、青白っぽい色。
その色が先進であることを意識させ、明るいと感じさせる、若干プラシーボ的な要素もあるのかも。
ちなみに光源は、従来同様の電球。ミヤタからは、LEDタイプが発売されてるらしい。

ライト点灯中、当然ペダルは重くならない。
それが、すごく嬉しい。
事前から判って選んだのだが、体で実感すると、あきらかに「良い!」と強調される。

お金をかけた分、満足できた仕上がり。
Habudainamo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼田の幸、堪能

2ヶ月以上、遠出していない。
バイクで遠出する体力も無さそうだ。
リハビリがてら、エクスで群馬をぶらつくことにした。福島を第一候補としていたけど、天気予報は雨とのことなので。

ETC通勤割引を活用すべく、あわてて関越に突入。
とりあえず、沼田を目標に決めて。

赤城高原SAで休憩してると、リンゴ配布のイベントが始まった。
実はコレ、ネットでチェック済み。タイミングが合えばもらっていこうかと考えていた。
沼田市の農業PRと交通安全を組み合わせて、PR冊子とリンゴ1個を配布するというもの。
すごい行列だったが、案外早く進むので、これまた慌てて列に並ぶ。
ヨメと一緒に、2個げっと。

沼田I.C.で降りて、中心街へ進む。
目標は、沼田市産業展示即売会。
ドライブと、そろそろ蓄えがなくなりつつ野菜の買出しを兼ねる意味での突入。

会場は、小学校。
広いグラウンドに、子供向けの遊戯施設(中で遊ぶトランポリン風船とか変テコ自転車とかの)とテントが数個設置されていた。
埼玉での同じようなイベントは、結構賑わうのだが、ココは訪れる人はかなり少ない。
開催時刻直後ということもあるのだろうが。。。市というには、あまりにも少ない(笑)。

体育館の中にも、出店ブースは在った。外より多くて、20店近いかな。
入ると、いきなり蒟蒻配布。目玉として巨大蒟蒻を作ったので、それを切り分けていただく。
しかしその巨大蒟蒻、容器と濁った水のせいで、食べ物には見えん。。。まるでコンクリ。

一回りして出店内容をチェック後、ウチの分、実家の分と買い物に勤しむ。
地元の名産としては、鮎、挽き物(木工品)、蜂蜜が多い。
食料品は、ほとんど試食可能なのでありがたい。
鮎の干物や甘露煮昆布巻きは本当に旨かったので、大量に買い込んでしまった。
蜂蜜も、安い。埼玉のスーパーで買うと、2~3倍の価格差は確実。
細工の上手な和菓子屋さんも発見。これでお茶を飲んだらさぞかし美味かろう、と手が伸びる。

買い物してると、ステージの前で大道芸が始まった。
芸を披露するのは、サーカス学校の生徒さんらしい。
正直言うと稚拙な芸だが、目の前でやられると引き込まれる。少しの間、動けなくなってしまった。

買い物終わって、昼食代わりに露天のツマミ食い。
鮎の塩焼き、鮎の稚魚のフライ、豚汁、上州焼きまんじゅう
もう、沼田堪能ってカンジのラインナップ。

焼きまんじゅうの焼き上がりを待ってたら、粒が大きめの雨。
長い時間は降らないだろうけど、目的は果たしたので、撤収。
帰りは、お気に入りの旧倉渕村の温泉へ。
しょっぱいお湯を味わって、上信越道経由で日暮れ前には自宅到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェンを探してたら

KLX650のドライブチェンを求め、安いショップを検索していた。
タイヤと違って、チェンの安売りをウリにしているところは少なく、目を付けたのは2店のみだった。
そのうちの1店に、ジョイントについて問い合わせてみた。

-webサイトのジョイントの表記(カシメかクリップか)が無いけど、別売りか?
「すべてカシメかもしくはクリップが付属しております。カシメかクリップかの指定はできません。」

。。。えーと、ジョイントは「くじ引き」ですか?(笑)
と、勘違いしそうなweb表記とこの文章。

この店の方がもう1店より¥1,000以上安いのだが、こんなマヌケな対応の店からは買いたくねーな。
もっと良い店は、他にないものかのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハタから見れば

出かけたついでに、難解部品に寄ってみた。
雨にもかかわらず、カッパ着こんで来店してる人がいる。盛況じゃのう。

店内をぐるっと一回りしたとき、展示車両が目についた。
タンクの上に「さわるな!」と一喝するかのような注意書き。
付いてるナンバーは、認識できないようなカチ上げ状態。

帰ろうとしたとき、ドアには「暴走族入店お断り」の張り紙。

。。。どっちが暴走族なんだか。┐( ̄ヘ ̄)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »