« チェンを探してたら | トップページ | 買い物自転車のコダワリ(5) »

沼田の幸、堪能

2ヶ月以上、遠出していない。
バイクで遠出する体力も無さそうだ。
リハビリがてら、エクスで群馬をぶらつくことにした。福島を第一候補としていたけど、天気予報は雨とのことなので。

ETC通勤割引を活用すべく、あわてて関越に突入。
とりあえず、沼田を目標に決めて。

赤城高原SAで休憩してると、リンゴ配布のイベントが始まった。
実はコレ、ネットでチェック済み。タイミングが合えばもらっていこうかと考えていた。
沼田市の農業PRと交通安全を組み合わせて、PR冊子とリンゴ1個を配布するというもの。
すごい行列だったが、案外早く進むので、これまた慌てて列に並ぶ。
ヨメと一緒に、2個げっと。

沼田I.C.で降りて、中心街へ進む。
目標は、沼田市産業展示即売会。
ドライブと、そろそろ蓄えがなくなりつつ野菜の買出しを兼ねる意味での突入。

会場は、小学校。
広いグラウンドに、子供向けの遊戯施設(中で遊ぶトランポリン風船とか変テコ自転車とかの)とテントが数個設置されていた。
埼玉での同じようなイベントは、結構賑わうのだが、ココは訪れる人はかなり少ない。
開催時刻直後ということもあるのだろうが。。。市というには、あまりにも少ない(笑)。

体育館の中にも、出店ブースは在った。外より多くて、20店近いかな。
入ると、いきなり蒟蒻配布。目玉として巨大蒟蒻を作ったので、それを切り分けていただく。
しかしその巨大蒟蒻、容器と濁った水のせいで、食べ物には見えん。。。まるでコンクリ。

一回りして出店内容をチェック後、ウチの分、実家の分と買い物に勤しむ。
地元の名産としては、鮎、挽き物(木工品)、蜂蜜が多い。
食料品は、ほとんど試食可能なのでありがたい。
鮎の干物や甘露煮昆布巻きは本当に旨かったので、大量に買い込んでしまった。
蜂蜜も、安い。埼玉のスーパーで買うと、2~3倍の価格差は確実。
細工の上手な和菓子屋さんも発見。これでお茶を飲んだらさぞかし美味かろう、と手が伸びる。

買い物してると、ステージの前で大道芸が始まった。
芸を披露するのは、サーカス学校の生徒さんらしい。
正直言うと稚拙な芸だが、目の前でやられると引き込まれる。少しの間、動けなくなってしまった。

買い物終わって、昼食代わりに露天のツマミ食い。
鮎の塩焼き、鮎の稚魚のフライ、豚汁、上州焼きまんじゅう
もう、沼田堪能ってカンジのラインナップ。

焼きまんじゅうの焼き上がりを待ってたら、粒が大きめの雨。
長い時間は降らないだろうけど、目的は果たしたので、撤収。
帰りは、お気に入りの旧倉渕村の温泉へ。
しょっぱいお湯を味わって、上信越道経由で日暮れ前には自宅到着。

|

« チェンを探してたら | トップページ | 買い物自転車のコダワリ(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73927/12207252

この記事へのトラックバック一覧です: 沼田の幸、堪能:

« チェンを探してたら | トップページ | 買い物自転車のコダワリ(5) »