« ハンドルカバー | トップページ | 普及品型LEDライトの実力 »

エアゲージ収納の問題

早くもエアゲージのケースが崩壊してきた。
尤もペラペラのプラスチックで、「ほとんど包装紙」な造りではないので当然なのだが。

そこで新ケースを探索。
脳内では、基本は指物でマグネット開閉式の蓋にしてはどうかと考えていたが、そんな伝統工芸特注品はあまりにも高価だろう。

¥100ショップやホムセンに行く度に探してたけど、コレといったものはない。
で、結局は食品用タッパーに落ち着いた。
プラスチックは割れやすいため避けたかったが、裸のままでいるよりマシだし、¥300ならお試し価格としては妥当だ。
内側にエアパッキンを敷き詰め、暫定策として採用決定。
Gaugebox

|

« ハンドルカバー | トップページ | 普及品型LEDライトの実力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンドルカバー | トップページ | 普及品型LEDライトの実力 »