« 車載工具使い勝手向上対策 | トップページ | 「モーターサイクルダイアリーズ」視聴 »

温泉と雪道@高山村

明日で冬休みも終わり。。。最後にエクスで温泉と雪道を堪能することにした。

R17をひたすら北上、まずは子持山の麓で昼食。
椅子に座るやいなや、雪が降り始めた。初めは、水分多そうなので積もらないかなと予想したが、食事が終わる頃には見事に銀世界。

再び、R17を北上。
新治村に入って数km行くと、路面に踏み付けられた雪が固まり始めていた。
道路沿いの民家も、雪かきに大わらわ。

温泉は、猿ヶ京を予定していた。
温泉旅館に着いて入浴を望むと、料金は露天¥600・内湯¥1,000とのこと。
おいおい、そんなことガイドブックにもネットにも書いてなかったぞ。
つーか、温泉がドバドバ出る地域で何よ、そのボッタクリ価格。
金は持ってるけど、その料金は納得できない。。。予定変更、第二候補の高山村へGO!

R17を南下し、県道36号線に突入。このルートは、短いけれど気持ちの良いワインディングがある、お気に入りの道。
期待せずに走っていくと、R17とは大違いのスバラシキ雪道
交通量が少ないからアタリマエなのだが、これほどとは思わなかった。
遊べる区間は10kmに満たないが、エクスの4WD機能をロックオンして、しばし堪能。

峠を降りたら、温泉を探す。
県道36号線とR145の交差点付近には、R145を挟んで南北に2軒の村営温泉施設がある。
南側のは、道沿いに大きな看板があり、その存在は以前から知っていた。
北側のは、今朝地図で見ていて偶然知ったもので、ぐぐると「泉質が良い」「料金が安い」等お得なカキコミが多かった。

R145から脇道にそれ、クルマ1台分の幅しかない道を100mほど進むと、目当ての温泉発見。
途中に案内看板があったが、肝心な進行方向を示す矢印部分が雪に埋もれ、恐る恐る進んできただけに喜びも大きい。
風呂は内湯だけ、設備も畳の休憩所があるだけの簡素なつくり。でも、コレで充分。
お湯はちょうど良い43℃くらいで、こんな日にぴったりの温度。。。
おいしゅうございました(-人-)

帰りにもう一山越えたりします。
子持山の西面、標高710mの中山峠
峠まではほぼ直線だけど、積もった雪でトラクションのかかり具合を楽しんだりして。
峠を越えると、R353にぶつかる数km手前からは、路面は単なるウェット。峠の北側と異なり、降ったのは雨かミゾレだった様子。

これから先は、R353,R17を使って前橋へ。
前橋I.C.から関越に乗り、ETC通勤割引を活用して、一気に帰宅。

|

« 車載工具使い勝手向上対策 | トップページ | 「モーターサイクルダイアリーズ」視聴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車載工具使い勝手向上対策 | トップページ | 「モーターサイクルダイアリーズ」視聴 »