« GPS市場価格調査。。。のはずが | トップページ | GPSのイイワケ »

ハンドルカバーインプレ

気温7.3℃
北西の風4m/s
晴れ

という環境下、XRで一走り。
必然的に、先日取り付けたハンドルカバーの試験走行となった。
グローブは、薄いMXグローブを着用。

速度90km/h、心配していたブッシュガード用穴からの風の侵入は、全く無し。
穴が、ブッシュガードの風下になっているのが幸いか。
引き換えに、レバーの冷たさが際立つ。今まで感じたこと無かったのに。
しかし、ネオプレン製の滑り止めなどで対処できるだろうから、大した問題では無い。

試しに、グローブ無しで走ってみる。
速度50km/hだが、全く風を感じない。
ここまでとは思わなかった。

ウインカー等のスイッチ操作も、問題無し。
クラッチレバーの隣にはクラッチレバーロック(クラッチ切った状態を維持してくれる、ヤマハAG200の純正部品)が付いてるが、その操作も問題無し。但し、常に接触しているので、その場所にはいつか穴が開くだろう。

【総評】
効果絶大。
コストパフォーマンス最高。
メーカーエライ(笑)

|

« GPS市場価格調査。。。のはずが | トップページ | GPSのイイワケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPS市場価格調査。。。のはずが | トップページ | GPSのイイワケ »