« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ふらりと寄ってスポスタ試乗

ヨメが買物してる間、ハーレーのディーラーに寄って見た。
一通り店内を眺めて、跨ってみる。

好みのスタイルは、シンプルで大袈裟にアップハンドルではない、スポーツスター系だ。
883と1200、どちらも起こしただけでは重量の差は感じられなく、予想より軽い。
重心が低い位置にあるせいだ。
確かに、これなら女の子でも乗れて当然だ。

1台だけ、ミラーに歪みがあるものを見つけた。
ミラーとかは、サプライヤーが中国とか韓国なのかな?
いずれにせよ、こういう雑いモノがエンドユーザーまで流れているところは、やはりアメリカ?(笑)

そうこうしてるうちに、試乗を勧められた。
1200Lというモデル。ヘルメット等の装備は、全て借りた。

ポジションは、自然に腕を前に出せばハンドルを握ることができ、違和感がない。
前に投げ出した脚も、同様に戸惑う事はなかった。

交差点で曲がるときは、バンクはさせにくいので、ハンドルを曲げておそるおそるだったが、軽く曲がってくれる。Uターンは試してないので、小回りのし易さは判断できず。

ガバッと開けて加速してみる。
650c.c.単気筒に慣れてる身としては、振動は少なく、同様にトルクフルな加速で親しみ易い。
それに、意外に鋭い加速。。。キモチいい!
街中では、結構きびきび走れるのではないか?

気になったのは、シフトアップ時のショック。
たぶん、自分が回転数に合わせてないせいだろうけど、少し大きめ。

総合的な印象は、全てが予想外で、とても乗り易いということ。
これまでの印象だと、「遅い・ウルサイ・曲がりにくい」だったが、ガラリと変わった。
アメリカンというスタイルだから、使用目的はツーリングになるのだろうけど、それなら必要充分でかつ楽しいのではないか。

ディーラーのことも書いておくと、まるで4輪ディーラーのような接客が印象的。
こちらが変に気を使う必要もなく、客としては楽だ。良い悪いは別にして。

店内は、純正革ジャケットを着た若者と50歳前後の夫婦がいた。
どちらも、何というか生活が透けて見えるようで微笑ましい(笑)。
ああ、こういう人たちが客層なんだな、と。
マーケティング戦略大当たり、って感じ。

コーヒー飲みながらカタログを見せてもらうと、セールスマンは畳み掛けるように(笑)ローンシミュレーションを提示してくる。
あ、意外と安い。
クルマに比べて安い(1200は140万円程度)から、当然か。
ローンの間だけでも、期間限定で乗ってみるのも面白いかも。。。と、誘惑に駆られる。
やべ、欲しくなってきた。
ヨメに話すと、「ウチは子供いないんだから良いんぢゃない?」とか言ってるし。

ただ、考え直してみると、乗るのにあまり体力を必要としないことは判ったので、やはりハーレーは50~60歳になってからかな。

| | コメント (0)

爆安オイルの効果

有休強制消化のため、今日から土日含めて4日間の連休に突入。
朝のラッシュが終わった頃、行動開始。

で、ガレージのKLX650と自宅軒先のXR250を入れ替えた。
これからは、KLXがメイン。
XRのフロントフォークブーツに、怪しいシミもあることだし。

家までの間、少しだけ河川敷ダートに寄り道してみる。
土手の上を走ってみたが、風が強すぎ。
スリッピーな路面と相まって、流されそう。
ほぼ直線を60km/h程度なのに、かなりビビりながら。

ところで、KLXのシフトがカタい。
信号待ちでニュートラルに、なかなか入らない。
。。。やっぱ先日入れた爆安Valvolineのせい?

| | コメント (0)

爆安オイル投入

KLX650のオイルを抜いたあと、オイルのストック(ホンダS9・20W-50)が切れていることに気が付いた。
そこで代わりに入れたのが、Valvoline・VR-1・20w-50。
「粘度は同じだから」と試しに買っておいたのだが、あまりの安さ(¥398/L)に使うのを躊躇していたシロモノ。

ただでさえミッションがガチャガチャうるさいカワサキに、このオイルはどうだろう?
ナニか違和感あったら、フラッシングしたと思ってすぐに換えてしまおう、ということで気持ちにケリ。
Val20w50

| | コメント (0)

隣の芝生

週末の朝、家の前の国道をバイクが北に向かって走っていく。
SS系は特に勇ましい音で、小さな集団を作って駆けてゆく。

イイ音してんなあ。
行く先は赤城か榛名か、それとも碓氷か。。。

ただ峠道や景色の良い所に行くだけだろうに、傍から見るととても充実した時を過ごすかのよう。
自分が同じようなことをすると、もっと濃い時間を過ごしたいと思うだろうに。

最近の私には、隣の芝生は青過ぎる。

| | コメント (0)

練習中に

近所の練習場に、コーンを持ち込んだ。
6個のコーンを配置して、ぐるぐる回る。
MXジャージにエンデューロジャケットだと、3周もすれば汗ばんでくる陽気。

180°ターンが、上手くいかない。
ハンドルを切り過ぎてしまうようで、3回転倒。

車体を起こすうちに、お腹ぎゅるぎゅる。
出すもの出して出てきたのだが、不十分だったようで。。。
練習は30分で終了、脂汗流して家のトイレに猛ダッシュ。
Corn

| | コメント (0)

電車で行く、お台場バイク関係

所用で横浜に行く途中、お台場に寄ってみた。
目当ては、ダイネーゼショップ。

ダイネーゼ製品は、昔よく上野のD’sあたりで見かけた記憶があり、デザイン気に入っていたのだが、品数が圧倒的に少なく、唯一買ったのはグローブのみ。

そのショップは、お台場海浜公園駅近くのKTMショップに併設されていて、かなり狭い。
が、ジャケット,パンツ,Tシャツ,パーカー,バッグと種類は一通り揃ってる様子。
革ツナギは、置いてなかった。お台場向けラインナップということか。
小物をひとつだけ買って、退散。

来たついでにKTMショップで、990Adv950SuperEnduroRをしばし眺める。
990Advのシート高は、結構低い。俺でも乗れそう。。。と思うと、欲しくなってきた。
950SuperEnduroRのシート高は、雑誌によく書かれてるように高い。990Advより値段は安く、手は出しやすいが。。。どちらにしろ、豚に真珠だな(苦笑)

KTMショップの更に隣は、レンタルバイクショップ。
フォルツァのトライクやドカ,KTMなどが揃っていて、日曜午前なら都内も空いてるから、2,3時間乗り回すのも面白そう。

そういやこの日は、パスモの利用開始日。
いつものSuica定期券で、JRの他にゆりかもめ,りんかい線を利用して、便利さ痛感。
数百円単位とはいえ、いくら使っているのか分からないのはクレカのようでチト恐いケド。

| | コメント (0)

Rally790レプリカ装着

1年半前に補修した場所が、再びオイル漏れ。ガレージの床にオイル染みを作っていた。
アルミテープを剥がし、パーツクリーナーで周囲を洗浄、再び液体ガスケットを塗布して終了。
液体ガスケットより、金属パテでOリングごと埋めてしまった方が良かったのか?

それはさておき、本日のメインはRally790レプリカの装着。
試着したものの、放置してしまっていたシロモノ。

純正ライトカウルに、直接ボルト&ナットで3カ所固定。
空力を考えると、純正カウルの内側に配置して段差を失くし、ボルトもナベ頭にすべきだが、純正カウルとメーターとの隙間はキツく、オフ車の巡航速度も低いので、取り付けは手持ちの六角穴付ボルトとした。

取り付けてみると、ライトの上だけが30cmほど伸びて、結構印象変わるものだ。
色は、どちらもツヤまで同色という感じで、違和感はない。
純正のグラフィックステッカーは剥がしてしまおうかとも考えたが、kawasakiロゴはなくなると寂しいので、そのまま。ロゴステッカーだけ買って貼って、グラフィックは剥がしてしまう、というのが最善か。

ところで、この顔。。。どこかで見たことあるような、でも思い出せない、そんな顔。
あ、R100GSに少しだけ似てるか?
Cowling_f

| | コメント (0)

ワイパゴムの寿命が判ってきた

エクストレイルの、リアワイパのゴムを交換した。
先週の雨で作動させたら、エッジの部分がビローンと10cmほどちぎれていたため。

前回、前後まとめて交換したのが2003年1月だから、4年間使ったことになる。
フロントの2本は、昨年1月に交換したので、3年間使用。

これくらいの寿命の差なら、次回からは前後まとめて交換した方が良いのかも知れない。
作動時間はフロントが長いが、紫外線浴びてる時間は同じだからね。

| | コメント (0)

行けるか、北海道4days

請求したラリーの資料が届いた。
夏の4日間、北海道を堪能できるラリー。

資料によると4日間の走行距離は、300km,500km,550km,250kmの予定。
500kmはキビシイかとも思ったが、北海道のリエゾンなら楽勝か。

問題のエントリーフィーは、¥118,000。。。ぐふっ、TBI 7日間より高いんか?
1日あたり3万の北海道ラリーか。。。サイフのヒモを緩めるにはビミョーだな。
4日間ならヒトケタ万円だと予想していたのだがなあ。

| | コメント (0)

KLX650スプロケ,チェン交換

KLX650の、4ヶ月前に入手したFRスプロケとドライブチェンの交換にようやく着手できる日が来た。

まずは、Fスプロケから。
XRは2本のボルトで固定されてるが、KLXはミッションの出力軸に直接雄ねじが切ってあって、1個のナットで固定されている。
そのナットを外そうと工具を探すと。。。無い。ナットの二面幅を測ってみると、27mm。手持ちのソケットは24mmまでだし、メガネレンチは28mmしかない。

仕方なく、近所のアストロへ。
ここで気付いたのが、27mmのソケットは差込角1/2のハンドルにしか付かないということ。
ウチの工具は、すべて3/8で統一している。
店員に聞いたところ、3/8の27mmソケットは存在しないらしい。。。締め付けトルクを考えれば当然のことなんだろうけど。
ともかく、ハンドルも同時購入するハメに陥った。
ハンドルもソレナリのトルクを発生させる場所に使うから、長めのにしたいが。。。高い。
しばらく悩んで、凶器になりそうな長さのスピンナハンドルと27mmのソケットを購入。
合計¥4,800。。。(-.-;)

ガレージへ帰って、作業再開。
インパクトレンチでないと外せないのでは?と、不安だったナットは購入したのスピンナハンドルであっけなく緩んだ。

ナットを緩めたままにしておいて、チェン切断を行う。
チェンが切れたら、Fスプロケを交換。このとき、Fスプロケの固定軸(ミッションの出力軸でセレーションが切ってある)を見てみると、少し赤錆状態。表面だけの侵食で、折れるとは思えないけど。。。ま、見なかったことにしよう(笑)

Fスプロケを取り付けて、ナットとワッシャを仮締めしておく。
ナットとワッシャは、前述の通り外せずに破壊してしまうことも考えられたので、新品を発注しておいた。破壊せずに済んだけど、気持ちよく新品に交換。

次は、チェンガイドの交換。スイングアームに沿ってチェンを滑らせている、ゴム製のアレだ。
チェンが削った溝が深かったので、駆動ロスになるか?と考え発注。体感できるとは思えんけど、ま、ついでだし。
ところが、このチェンガイド。。。スイングアームを外さないと交換できない「ループ」になってるぢゃねーか!
なんだよ、この設計。。。さすがカワサキ!(苦笑)

しばし悩む。
うーん。。。切っちまえ!
幸い2箇所の固定ボルトの間は、切断しても不都合なさそう。逆に考えるとループにする意味ないよ、こりゃ。
で、カッターで切断。ゴムだから簡単に。

チェンガイドを取り付けて、Rスプロケ交換に入る。
古いスプロケを外して見ると、取り付けボルトも少し怪しげな雰囲気。あと2,3年もするとぽっきり折れそう。つーか、海岸のサンドランなんてしたらイッパツぢゃねーの?
気休めにグリスアップして、新品Rスプロケ取り付け。

新品のドライブチェンを取り付ける。
初めての江沼「X-リング」タイプ。チェンガイドと同じく、その効果は体感できるとは思えんけど、安かったからね。

最後に、チェンのたるみを調整、Fスプロケのナットを本締めして、作業完了。
KLXでは初めての作業の割りに、短い時間で済んだな。。。走り出して何もなきゃいーけど(笑)

外は快晴、しかし冷たい強風。絶好の作業日和だったな。

| | コメント (0)

理想的GS

最も近いガソリンスタンドは、地域ランキング常時2,3位くらいに安い。
でも、そのせいで混んでいて、タイミングを見計らって行かなくてはならないなど、結構不便。すべてにおいて並ぶのキライなんだよね。

で、ある日ランキングサイトで調べてみたら。。。すぐ近くにあるではないですか、安そうな店が。

数日後、買物帰りに灯油だけ買って、店員にレギュラー価格を確認。
帰宅後、すぐに例のサイトに投稿してみると、ランキング2位の価格であることが判明。
高い順位をゲットして、何故か自分の店のようにウレシイ。

営業時刻も早朝から深夜までだし、自宅から信号のある交差点は通過せずに行けるし、当分ココを贔屓にしてみよう。

| | コメント (0)

コラム期待大

フリーライドマガジンVol.9は、BAJAに片寄らず、色々なバイクアソビがぎゅっと詰まってて、濃密お買い得。

特に、今号から始まったダーヌポ・ホッパーさんのコラムがお気に入り。
「35歳から始めるモトクロス」には、同世代としては共感ビシバシ。
おちゃめな文体にも、電車の中で思わずニヤニヤくすくす。

しかし、東京~富山のアレをツーリングと言うか?
なかなかタヌキだな(笑)

| | コメント (0)

ここでも高年齢化

先月、帰りの電車の中で熱心にバイク雑誌を読み耽る、スーツのおっさんが隣に立っていた。
今日、同じく電車の中でバイク談義に花を咲かせてる、スーツのおっさん二人組み。

どちらも、明らかに50歳前後の容貌。
こんなところで「ライダー高年齢化」を見せ付けられるとは。。。

| | コメント (0)

圏央道開通間近に想う

電車の中吊り広告で、首都圏の環状線(高速道路)の開通予告を見た。
関越と中央道との接続(圏央道)は、今年6月とのこと。

関越ユーザーとしては、非常に嬉しい。
でも、この地域はオオタカの営巣地が近いから、と自然保護団体が反対してなかったっけ?
う~ん、フクザツな心境。。。

東京の西はもう山の間近まで道路作ったのだから、あとは東の平野部に広げて、山はトンネル掘ったりせず、残しておいて欲しいものだが。

| | コメント (0)

制限時間5時間

せっかくの高い気温、無駄にはすまいとXRで出動。
長い舗装林道、マラソン大会遭遇、とイマイチ不発気味。
もっとも朝は乗り気ではなく、エクササイズのつもりで走り出したことも原因なのだが。

それでも陽光を受け走っていると、気分は上向き。
結局、走るキモチは帰りの県道ストレートでピークに。
尻にトルクをビリビリ感じて、アクセルを開けるのがヒジョーに楽しい!

これで夕方のヨメの用事に駆り出されることがなければ、もう少しマシな休日だったのに(笑)

| | コメント (0)

PDAとM-65

実物見たいモノ、買いたいモノが溜まってきた。
つーわけでアキバ・アメ横徘徊。

「実物見たいモノ」は、PDA。
長い通勤電車中や出張先でメールやブログの記事を書いたりするのに、ケータイの文字入力で長文は無理なので。
まずはラジオ会館の一店で、ザウルスの文字入力を試させてもらう。
意外と打ち易く、やはりケータイとは雲泥の差。
その後、数店を回り、W-ZERO3やEM-ONEの実物を確認。
あとは、家に戻ってスペックと価格の比較をツメていこう。

その他にも、中古PCショップや部品屋を冷やかしてぶらぶら。
すると、「メイドのめがね屋」なる店を発見! 怖いもの見たさ(?)で入ってみた。
メイドの女の子一人が対応してくれて、その子の服装意外は、フツーにめがね屋さん。
フレームの品揃えも良く、彼女の接客態度は丁寧(さすがメイド)で好印象。
ただ、あーいう格好に慣れてないと、こちらがかなり照れますな。

そのめがね屋から少し離れたところで、ケバブのランチ。
初めてで適当に注文したけど、なかなかイケる。

「買いたいモノ」は、軍モノジャケット。
アメ横は中田商店で、15年前と同じくM-65を購入。
最近アウトドア系化繊ウェアに飽きてきて、久しぶりのコットン系(厳密にはナイロン50%混)がキモチイイ。
コレは、半分バイク用として使用予定。
転んでも簡単には破けないこと、多少の雨では中に染み込んでこないことは、15年前に実証済みなのだ(笑)。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »