« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

春のセール品:レインウェア

もうオフやめようか、と思うときがある。
バイクは、すぐ汚す&壊す。人間も同様。
日曜の朝はジレラ・サトゥルノで一走り、秩父あたりでコーヒー飲んで帰ってくる、なんつーことをしてみたいワケ。
いいなあ、爽やかツーリング(笑)

レインウェアも、シックで高機能なアレコレを試せるはず。
が、こんなもんあっつーまにボロボロになるんよ、林道走っただけで。
特に、パンツは消耗品。前輪が跳ね上げた石も、道に生えてる草木も容赦なしで攻撃してくる。
そんな消耗品に、万単位の金は使えない。

んぢゃ安モノでいーかというと、着心地悪いし、シームテープはすぐ剥がれるし、オフブーツを履いたままでは着られないスソ幅だったりするし。

で、選んだのがGベクター2コンパクトレインスーツ。ゴールドウィンの廉価版。

店に並んでたうちで、この価格帯唯一まともなアパレルメーカーだということと、「冬物着ても適応できるサイズ設計」であることが決定打。
帰宅後、冬物にプラスして着てみたら、謳い文句そのままで無問題。
屈伸してみたら、パンツもいい感じでフィットしてくれる。
ちなみに価格は、10%オフの\9,261。

| | コメント (0)

春のセール品:シートバッグ

タンクバッグの給油時の面倒くささは、昔東京~札幌1泊3日で体験済み。
それ以来押入れの奥にしまい込み、結局ヤフオクで叩き売り。

振り分けバッグは非常に便利なんだけど、日帰り程度には少し大げさ。
そこで浮上したのが、シートバッグ。今では、各メーカーから発売されてヨリドリミドリ。

候補に挙げてたのは、老舗ゴールドウィンと安価なモータウン。
店ではタナックスやラフロも現物確認したけれど、形が気に入らなかったり、メーカーとして信頼できなかかったり(笑)
タナックスは、バンジーコードが付いてるのが良いのだけれど、決定打にはならなかった。

モータウンのものは、止水ファスナーを使ってたりして良かったのだが、そのファスナーが固くて、しかもポケットの生地も固くて、モノの出し入れがし辛そうな感触。

結局選んだのは、ゴールドウィンの容量10Lタイプ(GSM7302)
ベーシックな弁当箱スタイルで、サイドのポケットも付いていない。
レインウェアと着替えが入れば満足だし、ポケットがあると使ったあげくに「どこにしまったっけ?」となるのが常だから。
ちなみに価格は、10%オフの\6,426。

| | コメント (0)

春のセール品:ミラーシールド

クリアシールドだと陽射しを眩しく感じるときがあり、また、自分の顔が映りこみ、晴天日中でも不満を感じるときもある。
そこで、少し濃いめのシールドに換えたくなった。

アライ純正のライトスモークを買う予定だったが、現物を見ると濃度が物足りない。
クリアとドコが違うの?という印象。

ライトスモーク,スモーク,ミラーと全て店内の蛍光灯にかざして比較すると、やはりミラーがちょうど良いカンジ。
もともとライトスモークにコーティングしたものらしい。

ところが、そのコーティングはすぐに剥げてしまうというのが、ネットで拾った意見。
価格は純正品の約2倍、寿命短命。。。うーん。

ま、通勤に使うワケでもない今の使い方なら、予想よりもつのではないか。
それにセール期間中の20%オフ・\6,552は、純正定価\4,200の1.6倍程度なわけだし、それなら妥協できる範囲だ、と購入。
色は、無難かつヘルメット同色ということで、シルバーに。
パープルやレッドもあるらしいけど、そこまで若くない(苦笑)

そして今日、シールド交換して試走行。
天気は快晴、顔の映りこみもなく、視界良好。
日陰に入っても、特に不満を感じない。
問題は夜だけど、これからの季節、夜はフルオープンということで(笑)

ひとつ気になってるのが、自分のマヌケなメガネ顔が見えない代わりに威圧的な表情(?)になってしまうということ。
まるで、帝国軍兵士かダースベーダー・シルバーヴァージョン(苦笑)

| | コメント (0)

春のセールへ

絶好のバイク日和だが、山には向かわず、春のセール実施中のナッ○スに行ってきた。

戦利品は、
・ツアークロス用ミラーシールド
・シートバッグ
・レインウェア
の3点。

どれも、昨シーズンから狙っていたもの。
帰宅してから、レインウェアを試着して、シールドを交換、シートバッグは値札を外してレインウェアを収納。
ようやく自分のモノになった気がして、一息。

各品の詳細は、次回から。

| | コメント (0)

パンダ現行型

快晴の日曜日、田舎道で私の前を走るはフィアット・パンダ現行型
ふーん、パンダってまだ新型が出てるのか。

スクエアな後ろ姿は、結構好み。
前に回りこんで顔を見ると、うーんイマイチインパクトが少ない。日本車っぽい顔だなあ。

車内の光の射し込み具合から、サンルーフが付いていることを確認した。
いいよね、サンルーフ。EP71スターレットのときには、かなり重宝した。
でも、イタ車のサンルーフは何年まともに駆動するのだろう、とつい考えてしまうのは偏見か?

| | コメント (0)

コース消失

実家に一時帰宅。

高校生の頃、少し気合を入れていたS字は直線になっていた。
クルマの免許取立ての頃、シフトチェンジの練習に使っていた道は、交通量が増えていた。

外食産業ばかり隆盛を誇る地方は、住み辛くなるばかりだ。

| | コメント (0)

実感満点

全裸の男,全裸の女たちが様々なスポーツに興じている。
中には、レーシングバイクに跨り、サーキットを走っているシーンもある。
コンドームを使わずにセックスするということはこれほど危険なのだ(エイズ予防の意味で)、と訴える映像らしい。

注)画面右のフェンシング画像をクリック後、画面左に現れる「SPOT」「TV」を順にクリック。

メイキングを見ると。。。うは、ホントに走ってる(笑)
CGじゃないんだ。。。(驚)

ライディングフォームから察するに、結構レベル上の人たちっぽい。
他のスポーツ、特にフェンシングなんかも綺麗な動きだから、それぞれキチンとこなせる人を使ったんだろうな。

しかし、マジ怖い。
バイク乗りなら、実感満点。
ノーヘルならまだしも、全裸はヒトコケで皮膚がべろんちょ。。。って、うあああああ(怖)

| | コメント (0)

中腰整備根絶

アストロのセールで、やっとローラーシートを買うことができた。
通常\4~5,000だからメチャ高いものではないけれど、キャスターの付いたガレージ用椅子にしては高いし、必須というほどでもないので、二の足を踏んでたモノだ。

それが今まではセール最安値¥3,000台だったのが、ようやく半値近い¥2,500になったのでゲット。
しかも、高さ調節可能なモデル。

これで、中腰での整備から逃れられると思うと。。。うひゃひゃ(笑)
Roller_seat

| | コメント (0)

大名栗林道

おおざっぱに言うならば「東京と秩父を結ぶ」、大名栗林道を走ってきた。
結構メジャーな林道らしい。

昔はその隣の広河原逆川林道が舗装されておらず、走った記憶がある。
いつの間にか舗装されて、新たに林道が作られたワケだ。
走るところが増えるのは嬉しいが、行政として見た場合は「ナニやってんだか。。。?」と溜息が出る。

林道の入口付近は、秩父方面から走り終えたバイク乗りが溜まっていた。
通行可であることを確認して、侵入。

入口から1km程度は、少しガレ気味。
それを越えると、稜線沿いのフラットダート。
眺望がよく、露出した地層も面白い。
景色は、まだ冬のそれであるが。

林道では、バイク4台,MTB2台と遭遇。
山の稜線沿いといい、賑わいといい、昔のみかぼ林道を思い出す。
途中に東屋を二つばかり作ってくれないかな。

後半、少しペースが速くなった。
ギヤの選択を、うまく合わせることができたようだ。
かなり汗をかく。

全般的に崩落箇所が多かった。
クルマが通るのに影響は無いけど、やはり無理して通した感が否めない。

舗装路に出てからは、秩父経由で帰ることにした。
が、少し後悔。
R140までの舗装路が長過ぎて、飽きた。おなかいっぱい。

R140の下りが、何故か大渋滞。
帰り道は反対方向だから関係ないけど。。。と安心していたら、上りもヤバイ雰囲気。
そそくさと抜け道に避難する。

秩父も長瀞も、いつもの日曜昼間にしては人出が多かった。
桜も木蓮もぶわっと咲いてるし、皆花見に出てきたのだろう。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »