« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

長距離電車通勤の賜物

先週から続いていた、ハードな仕事がようやく一区切り。
内容は面白みがあったが、8:30~23:00まで「半肉体労働」はかなりキツい。

。。。と思いきや、退社時に感じる肉体疲労は予想より軽かった。
それどころか、「イイ汗かいたぜ」な気分も少し感じていたりして。

ひょっとしてこれは、前職の長距離電車通勤のたまものだろうか。

朝は、ほとんど寝て行けたが20分は立っていたし、帰りは1時間以上立ちっぱなしが当然だから。。。ごく軽い負荷ながら、筋持久力が向上したのかも知れない。

それに、電車通勤は精神的疲労が多かったが、クルマ通勤の今ではそれがほとんどないから、その分は差し引かれているだろう。

体重が落ちないから、体力使っていないと思っていたが。。。「毎日少しずつ」っていうのは効果絶大なんだな。

| | コメント (0)

消極的野外遊戯

現在は試用期間中、私の身分は有給休暇が無い。
だから、利根川河川敷でアツくなって骨を折る、なんてことは当然のことながら、日陰&プレハブのガレージで作業の末風邪をひく、なんてことも許されない。

結果、週末の屋外の楽しみは、安全快適な箱であるクルマでぷらぷらすることしかない。
先週と今週は、近所で風景を撮影している。
フィルムが余っていたCONTAXで、冬の関東平野をパチリと。

(ちなみにEOSは、モノ自体はいいけどメーカがイヤになったので、Nikonに乗り換えることに決定。EOSは、捨て。誰か欲しいヒトいる?)

撮影といっても、買物などのついでにクルマを停め、数枚シャッターを切る。
いずれのときも手袋が必要なことまで頭が回らず、寒風に吹き晒された手を我慢しつつ、サッサと済ませてしまう。
こんな調子だから、まだフィルムは充分にある。

有休発生まで、あと1週間。

| | コメント (0)

「自転車依存症」

著者の略歴を読むと、今までに自転車旅の本を数冊出したことに加え、「自転車の旅と、もうひとつのテーマである文学をクロスオーバーさせ~」という仕事の姿勢というか方向付けを持っていることが判る。
そのような著者が描いた自転車好きの生態や体験談が、本書だ。

冒頭から好事家にしか解らない専門用語で、私のようなハンパなスキモノは少し戸惑ってしまう。
このことについては著者があとがきで詫びているが、読み進めていくと、このことはたいした問題ではなくなるくらい、引き込まれる。
「首に縄を付けて」ではなく、「案内標識に従って」というノリで、自転車の、しかも昨今ではかなり特殊なランドナーの世界に優しく誘われる。

引き込まれた要因としては、くだけた文体の中に美しい日本語の表現がちりばめられているせいだろう。教養のある同世代の友人と、バカ話をしているかのようだ。
ときどき脱線してブンガクやゲージツの話題に移るも、それがイヤミにならずに好ましい。

今までの出版物は新書で出ており、アマゾン・マーケットプレイスでは既にお買い得な価格だ。
著者の印税倍増には貢献できないので申し訳ないが、とりあえず漁ってみることに決定。

| | コメント (0)

「道路走りやすさマップ」安く売ってくれ

年末の話だが、よく群馬県内のライブカメラをチェックしに行く高崎河川国道事務所のwebサイトで、「道路走りやすさマップ」なるものを見つけた。

渋滞ポイントや道路の幅員の狭い場所が示されていて、コレかなり便利ぢゃんと喜んだのも束の間、PDFを開くとスゴク見辛い。
解像度が低い、と言えばいいのか。
つーか、実物はA1サイズ。。。A1なんて、フツーの家庭じゃプリントアウトできねーよ。

。。。ひょっとして、実物を配布してるかも。
ヒマにまかせて電話してみると、物腰柔らかな職員さんが対応してくれた。
「昨年作ったもので、今は残ってないんですよ。作る予定もありません」
がっくり。
少しならお金出すから、作ってくれないかな。

いや、データをカラープリントしてくれる業者に頼めばいーぢゃん。
1枚数百円でくらいだろ?

で、ネットで見つけた市内の業者に見積り依頼、翌日回答。
「1枚¥2,400です」

。。。すんません、世間知らずでした。

| | コメント (0)

サドルの硬さで測る気温

職場の歓迎会で、おそらく1年ぶりの酒を呑んだ。
帰宅は、クルマを置いて、クルマに積んでおいたMTBに乗って帰る。

時刻は、23:00を過ぎていた。
デニムの生地を通して感じる空気の冷たさもさることながら、サドルも凍っているかのように硬い。
サドルの中の緩衝材は少量のはずなのに、それがはっきりと判る。

車体を少し傾けただけで、タイヤの硬さも感じる。
今履いているタイヤは、一応オフロード用で、比較的タイヤハイトが高い。
いつもは若干腰がくだけるのに、少しもたわまずにカチコチだ。

MXグローブをしていても、指先が痛い。
あとで調べたら、このときの気温は2℃。
体感温度は氷点下だったのかも知れない。

| | コメント (0)

シャッターは美味しい

三連休の最後の日、軽い気持ちでポチったのがシャッターのカタログ。
もちろん、ガレージに使うもの。
構造とかメンテナンスとかが知りたくて。

とりあえず有名な2社を選択して、今日そのうちの1社から届いていた。
めちゃめちゃ早え。
こういう姿勢が、メーカーをよく表しているのよね。

さて、中身をパラリとめくると、オレ的には全然面白い。
もう、「ガレー○ライフ」なんてメぢゃない。
「仕様表」や「基礎の断面詳細図」なんて、琴線ビンビンに触れますよ(笑)

個人向けの他、業者向け雨戸と窓シャッターも同封していただいたので、今冬はコレで週末妄想。
Shutter_catalog

| | コメント (0)

ビルトインガレージ

正月に実家へ帰省した際、母に同居を打診しておいた。
母の返事次第では、1~2年後に家を建てることになる。
となれば、やはりビルトインガレージは実現したい。

今からのんびり情報収集でもするか、と新聞の折込チラシを眺めてたら、ただ1社目的がかないそうな会社があった。
クルマで20分で行ける、その会社へ行ってみた。

モデルハウスの説明を一通り受けたあと話してみると、ガレージに限らず趣味性の高い家の実績はかなりあるそうで。

ココに来る前に1軒だけ見た、いわゆるフツーのハウスメーカーよりも遥かに実用性高く、自分の趣味に合う。
ヨメも、この会社が気に入った様子。

どうしても家が欲しいというわけではないので、取り止めとなる可能性も高いが、しばらくの間は夢を見させてもらおうか。

| | コメント (0)

給油専用カード

給油はこの2年近く、前職場で強制的に作らされたクレカで払ってきた。
1%OFFになるので、現在ならおよそ1.4円/Lお得ということになる。

他に、給油する上でお得なカードはないものか。
このような主旨で公開されているwebサイトでは、よく出光のカードが採り上げられているが、行動範囲に出光のGSは無い。

そこで見つけたのが、JOMOのカード
いつも行くJOMOのGSに、ポスターのみの宣伝だった。

特典は、ガソリン・軽油2円引き/Lということ。
今の価格なら1.4%OFFに相当するだろう。
当然、年会費無料。

そのカードが、本日到着。
昨年末に申し込んだので、実質2週間程度で発行されてきた。
ついでに、ETCカードも同時作成。

さて、増えたカードの代わりに、どれを減らそうか。

| | コメント (0)

着荷

冬のセール10%OFFを狙って注文した、自転車部品&用品が到着。
それは、サドル,ペダル,スピードメーター,輪行袋,サドルバッグの5点。
自分で買ったものとはいえ、ひとつの箱にそれらがぎっしりと詰め込まれていた様は、プレゼントのようで少し嬉しい。
あとは、本体と春が来るのを待つのみだ。
Cyakka_cycle

| | コメント (0)

就寝前のヨメとの会話。

「帰ってくるときタヌキみかけたよ。クルマの前横切っていった」
「ホント? どこで?」
「スーパー行く途中の田んぼを突っ切る道で」
「どんな感じだった?」
「猫と比べると遅い。猫は”すたたたたたたた!”と素早いけど、タヌキは”たったかたったったー”と少し遅い」
「かわいー。動物がいるとほっとするよねー」

入社当日に会議参加させられてイキナリ最前線を味わったけど、帰り道は結構癒されましたよ、はい。

| | コメント (0)

バッテリー充電に手こずる

昨日、KLXのバッテリーを充電しようとして
1)充電器の手順を誤り、ヒューズを飛ばす。
2)端子の板ナットを紛失。
という失敗をしてしまった。
。。。何という正月ボケ。

で、ホムセンでヒューズ(2個¥108)とM6板ナット(6個¥120)を購入。
ヒューズは、当然そのまま装着して充電開始。

板ナットは、外形が以下のように合わず、2辺をグラインダーで削り落とした。
バッテリー付属品:11×8.5×5t
市販板ナット:11×11×3t
組む時も、厚さ3mmのため自立できず、ピンセットで固定することが必要だった。

。。。というマヌケな努力をしたおかげで、今朝は無事初走り。
桐生まで軽く往復(以下の画像参照)。
画像は上から
・籾山峠(群馬県桐生市・標高180m)
・富士山下駅舎(群馬県桐生市・上毛線)
・富士山下駅前のカブ
・富士山下駅前を横切る猫
・富士山下駅に着いた車両
・富士山下駅から渡良瀬川を望む

Momiyama_pass_60
Fujiyamashita_st_60
Kiryu_cub_60
Kiryu_neko_60
Tobu_kiryu_line_60
Fujiyamashita_60

| | コメント (0)

アンクルベルトの自作

雑誌で、アンクルベルト(AnkleBelt)というものを見た。
Ankle_belt_magazine自転車に乗ったとき、ジーンズ等のスソがチェーンリングに絡まないよう、スソを絞るものだ。
通常マジックテープで留めるナイロン製のものは販売されていたが、ウェストに使うものと同様、革製は初めてだ。とはいえ形状は、いわゆるベルトを足首の太さに合わせて短くしたに過ぎない。。。これなら、簡単に作れそうだ。

で、作ってみた。
1)不要なベルトをくるぶしの上に当てて見て、最も絞れる(ピッタリな)穴の位置を決定する。
2)その穴を基準に、細い場合・太い場合の穴、合計4個程度の穴位置を決定して目印を描く。
3)昨日買ったハトメ抜きで、穴を開ける。ハトメ抜きのサイズは、穴径4.5mm。
それをベルトにあて、木槌で3回ほど叩くと穴が開いた。慣れると1回叩くだけで開けられるかも。
下敷きには、10mm厚さの木片を使用。
4)余分なところをハサミでカット。面取りも施しておく。切り口に革用の塗料を塗っておきたいところだが、今回は行わない。
Ankle_belt_1

装着してみた。
装着はマジックテープよりわずかに面倒だが、見栄えは悪くない。
ベルトのデザイン次第では、「それ、何てプレイ?」と誤解されそうだが。
Ankle_belt_2

| | コメント (0)

ジョイ本から湯西川温泉へ

開店直後のジョイフル本田へ、革の穴開け工具(ハトメ抜き)を買いに行った。
店内は若干の改装が見られ、自分としては良い方向に進んでいるように見えた。
工具売場では、KTCが撤退し、コーケンとTOPで占められていた。
画材・工芸用品売場では、一角に「オッサン向け趣味」のコーナーが作られており、BSA-C15が1台、展示即売品として置いてあった。
42万という値を付けるのは自由だが、前輪のパンクくらい直してから展示しろ、という代物が。

買物後に隣のGSの価格表示を見ると、なんと¥138/L。
タンクにはまだ半分残っているが、とりあえず給油。

満タンにすると、遠出したくなる。
少し違う景色のところへ。
日光を目指してみる。

途中、旧大間々町で昼食。
初めて入った中華料理屋は、ヒット。ナビに位置を記憶させておく。

日光までのR122は、交通量が少なく快適。
旧足尾町に入ると、時折みぞれか雪がちらつく。

日光市街に近付くとき、電光標識で気付かされた。
沼田市へ抜ける金精峠は、冬季通行止めだと。
日光を素通りし、北上した。

珈琲でも飲みたいな、と着いたところは道の駅・湯西川
R121上では、栃木県最北の道の駅。
また、道の駅であると同時に、野岩鉄道の駅でもある。ところが、駐車場からは鉄路が見えない。
できればホームの近くまで行ってみたい、と切符売場の駅員さんに尋ねたところ、
「入場券を買っていただかないと、ここから先は行けません。。。ホームは、そこのエレベータで下に降りたところです。列車は、外に出て道路から見えます。あと5分で来ますから」
いや、そこまで列車が見たいヲタじゃないし。
エレベータは切符売場のすぐ傍にあり、駅舎を出て駐車場を横切ったところから、五十里湖を渡る鉄橋が見えた。
見ていると、すぐに二両編成の列車が会津方面へ走っていった。夏に乗ったから、今度は冬に乗ってみたい。
Yunishigawa_st

珈琲を飲み終えて、R121福島県側の道の駅・たじまへ向かった。
道の駅好きのヨメのリクエストで。

県境の山王トンネルを抜けると、さすがに路面に雪が残っている。
空模様も、雲が多く薄暗い。
土産物で満足したヨメを促し、来た道を引き返す。

帰りにR121から外れて、湯西川温泉に立ち寄る。
先刻の道の駅にも入浴施設はあるが(足湯も)、共同浴場に入ってみたい。

カチコチに踏み固められたアイスバーンを登って温泉街にたどり着いたが、共同浴場に駐車場は無かった。
温泉街の駐車場は少し遠く、湯冷め確実な距離だ。
共同浴場は諦めて、宿の湯をお借りした。
ペンション風な宿だが、湯は偽り無く温泉だった。ヨメはすっかり気に入り、今度一泊させてとせがまれた。

風呂を出ると、陽はとうに落ちていた。
復路も、往路とまったく同じ道。
少し違うのは、日光市街地に入り込み、夕食を摂ったこと。
「金返せ!」な夕食を、ね。
許さんぞ、レストラン「女の名前」(仮名)。
ちなみにこのレストラン、帰宅後ぐぐったら同じ経験をしていた人がいたりして。。。(苦笑)

20:00を過ぎた旧足尾町~旧大間々町間のR122は、同一車線上にはクルマは自分のみ。
ハンドリングだけに集中できる、ゆるやかなダウンヒルがめちゃめちゃ楽しい。
そして、目の疲れの限界に達しそうな21:30、自宅到着。

| | コメント (0)

ボール盤

自宅へ戻り、新聞の折込チラシをチェック。
いちばん近いホムセンのチラシの中に、¥4,980のボール盤を発見。

夕刻突入して、最後の1台を購入。
展示品のため、箱は無い。。。値切るべきだったか?
Balling_machine

| | コメント (0)

初損

大晦日の昨日、実家の近所のGSでレギュラー¥139/Lの看板を見た。
明日入れてくか、と素通り。

今日、看板は2円アップの¥141/L。
元日から、いきなり損した気分。。。
Koise_r

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »