« ジョイ本から湯西川温泉へ | トップページ | バッテリー充電に手こずる »

アンクルベルトの自作

雑誌で、アンクルベルト(AnkleBelt)というものを見た。
Ankle_belt_magazine自転車に乗ったとき、ジーンズ等のスソがチェーンリングに絡まないよう、スソを絞るものだ。
通常マジックテープで留めるナイロン製のものは販売されていたが、ウェストに使うものと同様、革製は初めてだ。とはいえ形状は、いわゆるベルトを足首の太さに合わせて短くしたに過ぎない。。。これなら、簡単に作れそうだ。

で、作ってみた。
1)不要なベルトをくるぶしの上に当てて見て、最も絞れる(ピッタリな)穴の位置を決定する。
2)その穴を基準に、細い場合・太い場合の穴、合計4個程度の穴位置を決定して目印を描く。
3)昨日買ったハトメ抜きで、穴を開ける。ハトメ抜きのサイズは、穴径4.5mm。
それをベルトにあて、木槌で3回ほど叩くと穴が開いた。慣れると1回叩くだけで開けられるかも。
下敷きには、10mm厚さの木片を使用。
4)余分なところをハサミでカット。面取りも施しておく。切り口に革用の塗料を塗っておきたいところだが、今回は行わない。
Ankle_belt_1

装着してみた。
装着はマジックテープよりわずかに面倒だが、見栄えは悪くない。
ベルトのデザイン次第では、「それ、何てプレイ?」と誤解されそうだが。
Ankle_belt_2

|

« ジョイ本から湯西川温泉へ | トップページ | バッテリー充電に手こずる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョイ本から湯西川温泉へ | トップページ | バッテリー充電に手こずる »