« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

コンデジの9年差はいかに

25日に買うと言っていたのは、コンパクトデジカメ。
事情により、本日購入。
機種は、ニコンCOOLPIX S51C

今までなら、このテの電気製品はロングツーリング時の電池切れを心配して、単三乾電池が使用できるものを選択してきたのだが、機種限定で異常に安くデザインも気に入ったので、つい(笑)

それに、今使っている、同じくニコンのデジカメ・COOLPIX700
1)ジャケットのポケットに入れられない大きさ&重さ
2)紛失しそうな別体式レンズキャップ
3)単三4本使用
4)起動スイッチの接触不良
という使い勝手の悪さに、いよいよ我慢ができなくなってきていたから。
9年前の200万画素ながら、画質に不満は無かったけど。。。もういーだろ。

さて、デザインが良いと言ったが、気に入ってるのはコンパクトズームにありがちな、ニョキッとレンズが出ないところ。

あとは。。。特にない(笑) 
自分の使い方に即しなかったら、「デジカメ欲しいけど、どれ選べば良いのかワカンネー」な姉にあげてしまおう、ということもサクッと買ってしまった理由のひとつ。

早速使ってみたら、操作系はバツグンに使いやすい。
当分は、取説不要かも。
心配なのは、機能を選択するダイヤルがすぐイカれそうに見えること。
あ、それと色がシルバー1色なのはチト残念。ワインレッドやエクスのようなブルーメタリックが欲しかったかな。
Nikon_digi_9years

| | コメント (0)

強風でひきこもり

朝起きたら、うっすらと雪景色だった。
降ってはいなかったが。
風が強く、積もった雪が軽く吹雪のように舞っていた。

エクスの部品交換などをしたかったが、引きこもって読書。
図書館から借りてきた、以下の2冊。
「片山右京 -アドベンチャリストUKYO-」
「愛されるクルマの条件」

片山右京の方は、NHKのTV番組「トップランナー」の書籍版。
番組の内容そのものよりも、後日インタビューされた彼の家族の話が興味深い。
父親も祖父も、かなりアグレッシヴで。
本人も述べている。
「ぼくなんかより、親父やおばあちゃん取材した方が絶対面白い話取れますよ」と。

「愛されるクルマの条件」は、立花啓毅の著書。
主張には共感できるのだが、文体が鼻について、数ページで挫折。

| | コメント (0)

行かないワケ

今日・明日と苗場で開催されるエクスの試乗会は、仕事の都合により取り止め。

ガソリン・高速代かけて30分程度試乗しても買えるワケではないしなー、というネガティブな考えも否定はしないが、仕事して金稼ぐ必要があったから。
仕事も、腐るほどあるし。

つーわけで、給料日には速攻突撃の予定。
何に使ったかは、25日に披露できるかも。

| | コメント (0)

W得々

先月作ったGS用カードの、初請求が来た。
無事に2円引きで精算されてた。
こういう特典って、「実は対象外」というのが考えられるので、実際に精算するまでは安心できないんだよね。

さらに、「初回100Lが10円引き」も適用されて、¥1,000OFF。
コレは、キャンペーン期間から数日ズレていたと思っていたから予想外。
うれしー。

| | コメント (0)

どちらも切れてた

保険屋から、XRの任意保険更新しますかー、の催促ハガキが来た。
余白には手書きで、XRの自賠責はウチでは扱ってないから気い付けてねー、と忠告。

バイク用おでかけセットの中から書類を取り出して確認してみると。。。自賠責切れてた。
さらに、非常食のピーナツの賞味期限も、昨日で切れてた。

俺としたことが。。。などと反省しつつ、ピーナツぽりぽり。

| | コメント (0)

広島から帰還

今日は、熊谷へ帰るのみ。
但し、往路とは少しルートを変える。

昨日、相棒に聞いたところによると、西条から白市まで電車に乗り、白市から空港への連絡バスに乗ると早いし安いらしい。
オススメ通り、西条駅で電車に乗る。
ちなみに、相棒とは別行動で復路も独り。

乗った電車は、全車両ボックスシートだった。山陽本線は、コレがデフォ?
白市までは10分、低山と小さな町並みを眺めてたら、あっという間。

降りた白市は、西条から比べるととても小さな街。
駅舎も民家のようなミニサイズ。
タクシー・バス乗り場もすごく狭い。
何故、ココから空港行きバスが出てるのヨ?

バスに乗り、周囲の雰囲気が「そろそろ空港か?」と思わせたとき、谷間に建設途中の鉄橋を発見。
それは、一方の山の中腹から伸びていて、ブツっと切れている。
まるで、銀河鉄道999の発着所。
頭の中で、ささきいさおの歌声がこだまする。。。

空港に着いて、最後の仕事・職場への土産を物色。
もみじ饅頭というリクエストがあったが、そんなベタなモノ買ってもつまらん。
ということで選んだのが、「川通り餅」
きな粉をまぶした餅の中に胡桃が入っている、というそれほど珍しいものではないけど、緑茶に合いそうなので。

飛行機は、定刻通りに広島を発ち、定刻通りに羽田着。
帰りは窓際に座席指定できたので、酔わずに済んだ。

往路と同じく、モノレールと高崎線で熊谷へ。
駅に着き、上司に「直帰」の連絡を入れると、「そーいちろ君、広島の機械トラブってるって」
。。。そのまま出社しましたよ、ええ。

| | コメント (0)

広島満腹

朝、タクシーで仕事先へ。
仕事先で、相棒と合流。
相棒のおかげでなんとかこなして、20:30終了。

相棒は山口出身で、今回の仕事先へも何度と無く訪れていて、この近辺に詳しい。
彼の案内で、夕食は西条駅前の寿司屋へ。

店頭に値段が表示されたチェーン店だが、ココが普通に旨かった。
まずはお任せで握ってもらい、
・殻焼き牡蠣
・たら白子
・さより
・はまち
と片付け、たこわさびでシメ。

牡蠣と白子が絶品。
さよりとはまちは、相棒によるオススメ。
見事に外れ無し。

お好み焼きと牡蠣をなぎ倒して、ひとまず広島制覇したつもり(笑)

| | コメント (0)

運ばれて広島

今日から、2泊3日の広島出張。
今の職場は自宅から駅までもタクシー利用可なので、ドアツードアで一切自分で運転する機会が無い。
少し腐りそう(笑)

いつものように高崎線で上野へ出た後は、山手線で浜松町、浜松町から羽田へはモノレールで。
京急羽田線も使ってみたかったが、一応仕事だからな。。。余計なことして余計なトラブル抱えるのはヤメ。

モノレールからは、わが青春の地(笑)を眺めて過ごす。
いちばんの思い出の地が、更地になっていた。
嗚呼。

しかし、このモノレールも、もうだいぶ古いよね。
かなり乗り心地悪し。

離陸時刻の1時間前に、羽田到着。
離陸まで、エクセルシオールでこの記事を書いて過ごす。
ホントは仕事の予習をしなくてはいけないのだが、人が大勢いるところでお客さんの機密書類広げるワケにもいかないし。

飛行機は、20分遅れで離陸。
誰だよ、遅れてきたのはthink

15年ぶりの飛行機は、モノレール同様乗り心地悪し。
飛行機って、こんなにウルサイ乗り物だったか?
席がガラ空きなのに、何故か指定座席は密集してるし。
しかも、酔った。
うええ。

空港へ着き、さっさとタクシー乗車。
40分間山の中をタクシーに揺られて、着いたホテルは東広島市街。
造り酒屋が多く、広島大学のある街だ。

荷を解いて、仕事の予習。
今回の仕事の内容は、試験されるに等しい。
明日の夜までは気が抜けない。
とか言いながらも、夕食は街に出て、広島風お好み焼きを食す。。。満足

| | コメント (0)

新型エクスとノートの試乗

発注した、エクスのパーツを受け取りにディーラーへ。
ついでに、新型エクストレイルとノートの試乗もしてみた。

現在所有のエクスを買ったときの試乗コースは、狭い県道(旧街道)だった。
今度は、片側2車線が多い、広い国道・県道だ。

最初にエクスから。

ブレーキから足を離してアクセルを開けるとき、旧型は慣れていないとドンとトルクが発生する。
新型は、それが消されていた。同様に、3000回転でのトルクの谷も無い。
エンジンは、普通の乗用車としてのスムーズさが向上していた。
過激さを求める人には不満かも知れないが。

広いコースのおかげで、ハンドルの切れ角(=取り回し)に変更があったかどうかは判らなかった。
但し、違和感は感じなかったので、たいした変更はしていないのだろう。
カタログ上の最小回転半径は同じだし。

サスペンションは。。。舗装路では判らん。自分の旧型はそれなりのヘタリがあることだし、比べようがないだろう。
他にもVDCや何とかアシストが付いてるが、これは来週の苗場の試乗で確認してみることにする。

ノートは、展示車両を見て、興味が沸いた。
もともと「クルマは1.5Lで充分」という考えなので、日産で買うならノートかティーダになる。

イマドキのクルマは皆そうなのだろうが、ノートの先端が丸いので、ノーズがどこにあるのか判らない。
1.5Lコンパクトだから予測は容易だろうし実質問題はなさそうだが、慣れるまでは不安。

走り出して、タコメータとスピードメータを確認すると、エクスの常用回転数・速度と変わらない。
ということは、街乗りで加速や巡航速度に不満はなく、かつ燃費が良いと言えるのかな。

サスペンションは、つい先刻乗ったエクスと比べてしまうが、荒れた路面では車体と共にガシャガシャとした音・感触で、少し不満。というか、仕方ないかという諦め感。

室内も、エクスと比べるとエンジン音が大きく、安価なモデルであることは否めない。
気になったのが、カップホルダー。左足元に在り、しかも一旦傾けて引き出すような格好なので、飲み物をこぼす可能性は高そう。
くだらない話かも知れないが、このカップホルダーだけでノートへの興味は失せた。

最後に、営業マンにノセられて査定&見積りをしてもらう。
中古市場でも人気があるようで、予想より高値が付いていた。。。一瞬迷うcatface
新型のフォレスター(水平対向)も試してみたいが、次に買うときもエクスになりそうな予感。

| | コメント (0)

エクス7年目の車検

コンビニATMで金を引き出し、早めの8:00に車検場到着。
構内の保険屋(&代書屋)が8:20から始まるということなので、自賠責の発行を依頼しておく。
その間、各種書類を記入。

書類を揃えたら、先に住所変更を済ませる。
手数料は、¥350。

次に車検。
ココで、ミス発生。
詳しくは書きたくないので、割愛(苦笑)
何とか合格して、10:00過ぎ終了。
今回も民間テスターは実施していないので、総額¥67,440。

4月から値下げとなる自賠責だが、保険屋が今年度分と来年度分以降を分けてくれたことにより(保険証書を2枚発行)、若干安く済ませることができた。
自分は恩恵を受けられないと思っていただけに、お得な気分。

最後に、次回車検への覚書。
「4WDのラインは、2番or4番」
「予習をすること」

| | コメント (0)

休日出勤の前後に

今日は、休日出勤。
その前に、昨日発見した、破損直前の樹脂部品を発注するためにディーラーへ。

予想通り、エアクリーナボックスのスポンジはアセンブリになる模様。
アセンブリだと、価格は¥3,000超。バカ高くはないけど、丸ごと交換は資源のムダ。
交換案は却下して、接着剤付きスポンジをホムセンで探すことにする。
他の部品は、すべて1個単位で発注可能だったので、発注して着荷待ち。

仕事を終えて帰宅後、車検用の整備記録簿の記入を行う。
ついでに、当面の整備計画を見直す。
春になったら、最低ブレーキフルードの交換をせねばならないことに気付く。
それやるならブレーキホースの交換もついでに、いやいやブレーキキヤリパーOHもでしょ?と、エスカレート。
重要部品だけにケチりたくはないが、KLXの車検もあるし。。。残業代で何とかするか(笑)

あーーーーっと、灯火類のチェックを忘れてた。
23:00、スウェット姿で独りウインカー点滅させたり、ブレーキランプ点けてみたり。
3連休最終日は、こうして終了。

| | コメント (0)

車検前整備のマネゴト

一夜明けて、実家で起床。
親との用事は済んだので、近所のホムセンへ。
フロントガラスのワイパゴムを購入して、駐車場で取り付け。

次に、GSで洗車。
埼玉より安い。さすが、最低賃金の県。

洗車機から出たら、ドアとボディの隙間の汚れをゾーキンで拭き上げて終了。
車検が近いので、今回はエンジンも拭きつつ、各消耗品のチェック。
クーラントが異常に減っていた以外は、異常なし。
心配だった、ドライブシャフトブーツもまだイケそう。

ただ、ヘッドライトとボンネットとの間のシールゴムやエアクリーナボックスのスポンジ等、熱が加わる部分の樹脂・接着剤関係の劣化が見られるようになってきた。
車検には直接関係無いけど、非常に気になるところ。

| | コメント (0)

レギュラー3段階表示

所用で、姉の家と実家へ向かう。

途中、茨城県自然博物館に初入館。
土地の広さを活かした、巨大な展示物に圧倒される。
入館料は¥520と安いし、オススメ。

姉の家を出てまもなく、給油ランプ点灯。
予定では、正月に敗北を喫した実家近くのGSで入れたかったが、仕方がない。
適当なセルフGSに入る。

大きな店頭看板は、レギュラー¥143/Lの表示。
熊谷の自宅近くのGSでは¥145、専用クレカでも¥143だから、損ではない。

クルマを停め給油機を見ると、給油機の筐体部分に貼られた「本日の価格」には¥141と書いてある。
さらに給油機の液晶操作パネルで、支払モードを現金に選ぶと、¥139と表示された。

おいおい、一体いくらなんだよ?

コゾーの店員に聞くと、「現金でもクレカでも¥141」と給油機の筐体を見て答える。
怪しいが。。。最悪¥141でも得だから、いーか。

給油後、レシートを確認したら¥139。
結果はOKなんだが。。。プロセスに納得いかねー。

| | コメント (0)

シャコショー

今の家に引っ越して、早5年。
エクスの住所変更を忘れていた。
当然、車庫証明のステッカーも以前の住所のまま。
「15日以内に申請を要する」とのことだけど、注意も摘発も罰則も無いようなので。

とはいえキッチリしておきたい、と書類揃えて警察署へ。
書類を出して確認してもらうと、
「隣の窓口で、県証書¥2,600を買って書類に貼ってください」

げふ。
なに、その公僕とは思えない金額は。
車庫証明って、こんなに高かったっけ?
どう考えてもボッタクリだろ。

| | コメント (0)

白い日に黄色く過ごす

自宅の周りはたっぷりと白銀に包まれていたが、午前9時の国道は既に水。
一応エクスを4WDモードに切り替えて、図書館へ。

開館から30分経った館内は、いつもより利用者が少ない。
半分ホームレスのような人がいたり、読みたい新聞が既に読まれていたりということはなく、ゆったりと堪能。

帰る途中で、食料品の買出し。
最近、カレーに凝っている。
市販のルーを使っても、充分美味しいものができることが最近判明。
つーか、ルーの進歩恐るべし。20代に作ったときは、こんなに美味くなかったぞ。
それに、安い。計算したら、1食¥70(ルー材料費のみ)で出来やがった。
それなのにコ○イチときたら、もう。。。ま、商売だから当然だけど(笑)

帰宅後、早速調理開始。
具は、豚肉・シメジ・たまねぎ・にんじん・さつまいも。
それらをザクザク切って鍋にぶち込み、石油ストーブの上に載せ、放置。
雪明りで本を読みつつ、早く高温になるよう、ときどきかき混ぜる。

荒天の日曜の過ごし方としては、至福の部類。

(画像は、図書館から見た深谷城址公園)
080203_fukaya_park

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »