« エクス7年目の車検 | トップページ | 運ばれて広島 »

新型エクスとノートの試乗

発注した、エクスのパーツを受け取りにディーラーへ。
ついでに、新型エクストレイルとノートの試乗もしてみた。

現在所有のエクスを買ったときの試乗コースは、狭い県道(旧街道)だった。
今度は、片側2車線が多い、広い国道・県道だ。

最初にエクスから。

ブレーキから足を離してアクセルを開けるとき、旧型は慣れていないとドンとトルクが発生する。
新型は、それが消されていた。同様に、3000回転でのトルクの谷も無い。
エンジンは、普通の乗用車としてのスムーズさが向上していた。
過激さを求める人には不満かも知れないが。

広いコースのおかげで、ハンドルの切れ角(=取り回し)に変更があったかどうかは判らなかった。
但し、違和感は感じなかったので、たいした変更はしていないのだろう。
カタログ上の最小回転半径は同じだし。

サスペンションは。。。舗装路では判らん。自分の旧型はそれなりのヘタリがあることだし、比べようがないだろう。
他にもVDCや何とかアシストが付いてるが、これは来週の苗場の試乗で確認してみることにする。

ノートは、展示車両を見て、興味が沸いた。
もともと「クルマは1.5Lで充分」という考えなので、日産で買うならノートかティーダになる。

イマドキのクルマは皆そうなのだろうが、ノートの先端が丸いので、ノーズがどこにあるのか判らない。
1.5Lコンパクトだから予測は容易だろうし実質問題はなさそうだが、慣れるまでは不安。

走り出して、タコメータとスピードメータを確認すると、エクスの常用回転数・速度と変わらない。
ということは、街乗りで加速や巡航速度に不満はなく、かつ燃費が良いと言えるのかな。

サスペンションは、つい先刻乗ったエクスと比べてしまうが、荒れた路面では車体と共にガシャガシャとした音・感触で、少し不満。というか、仕方ないかという諦め感。

室内も、エクスと比べるとエンジン音が大きく、安価なモデルであることは否めない。
気になったのが、カップホルダー。左足元に在り、しかも一旦傾けて引き出すような格好なので、飲み物をこぼす可能性は高そう。
くだらない話かも知れないが、このカップホルダーだけでノートへの興味は失せた。

最後に、営業マンにノセられて査定&見積りをしてもらう。
中古市場でも人気があるようで、予想より高値が付いていた。。。一瞬迷うcatface
新型のフォレスター(水平対向)も試してみたいが、次に買うときもエクスになりそうな予感。

|

« エクス7年目の車検 | トップページ | 運ばれて広島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エクス7年目の車検 | トップページ | 運ばれて広島 »