« PANTO納車&1stインプレ | トップページ | 4000rpm回らない、の解決 »

PANTO初期設定と慣らし

PANTOは何もオプションを付けずに購入したので、これからイロイロ追加・交換する。
最初から全部やってしまっては、もったいないし(笑)

さて、その前に、素の状態で重量を測りたい。
10年前に買ったフルサスMTB(スペシャライズドFSR)と共に、ばね秤で測ってみた
その結果は、
スペシャ・・・14.5kg
PANTO・・・10.5kg

をを、意外。
PANTOはサバ読んでるかと思ってたら、カタログ値通りとは(笑)
ちなみに、PANTOのサイズは2種類あって、510mmという大きい方を選択した。

納得したので、安心してボトルケージとサドルバッグを取り付ける。
ボトルケージは、ガレージにしまっておいたお古。2個とも同色のシルバー系が揃っていて、買わずに済んだ。

サドルバッグは、通販で買っておいたドイターの「バイクバッグ2」。
選んだ基準は、最もコストパフォーマンス(容量:価格)が高かったから。
バッグの中に、スペシャから移し変えた工具+スペアチューブを入れて、初期設定完了

で、天気も良いし、気温も適温なので慣らしを行う。
この場合、「乗り手の慣らし」という意味で。
場所は、利根川サイクリングロード。前から気になっていた行田サイクリングセンターまでクルマで行って、そこから下流を目指す。
ちなみに、エクスに入れるとこんなカンジ。小径車といえども占有スペースは変らんな。

走り出して20分後、イキナリ昼食。
ちょうど良い時刻に、ちょうど「道の駅・羽生」があったので。
ベンチに座って、利根川の対岸を望む。。。空が高ええ

昼食後、再び下る。
時折、土手の下の墓地から線香が香る。
道の駅から下流は、途端にひと気が無くなる。
静かだ。

途中、最高速アタックのマネゴトしたり、立ち漕ぎをしてみた。
立ち漕ぎは、慣れたとはいえ、少し前輪に神経を使うなあ。
きちんと伏せて、思いきり漕ぐと、なかなか速い。
長時間高速はやはりシンドイが、15kgのフルサスMTBに慣れた身には負荷が低いので、
中低速なら結構ロングツーリングもイケそう。

サドルは純正のままだけど、綿パンの下にレーパンを履いているので、思ったよりは痛くならない。
手持ちのものに交換するのは、もう少し様子を見てからにしよう。

東北自動車道の下をくぐって間もなく、土手から降りた。
復路は、用水路の沿道を行くことにした。
いつもはクルマで通っている道だ。

クルマは、比較的少なく快適。
だが、用水路と民家との間に、もっと快適な道を発見してしまった。
若干路面は荒れているけど、クルマは通れない幅の道。

スタートから2時間少し超えたとき、クルマのところへ戻ってきた。
往復20km,昼食抜きの時間・およそ2時間。
今日は、このあたりで終了。

↓ご参考までに
080323_tone

|

« PANTO納車&1stインプレ | トップページ | 4000rpm回らない、の解決 »

コメント

マサヒさん、いらっさいませ。
買う決意をしたというのは、かなりハマったようですね。私も、PANTOの延長線上にロードがチラついてます(笑)
サイズのことですが、今は気になりませんが、ハンドルが少し遠いかも知れません。
私も同じ身長です。
480mmが正解だと思いますよ。
もう少し乗り込んで気になってきたら、ステム交換を検討してみます。

投稿: そーいちろ | 2008.03.24 23:26

そういちろうさん

自分はブロンプトンを乗っているのでパントはフラツキ感が全くなく安定していると思いました
ブロンプトンはショックも安定性もパントに比べるとかなり落ちます
初期設定のパント カッコいいですね
自分は買ったままで乗っています

レーパンは苦手なので登山で使う服で乗っていますが尻は痛くなりませんでした
パントですっかりロードの良さを実感してあるロードを買う決心をしました
今度は5ヶ月近く待つ事になりますがパントとブロンプトンでポタリングします

520mmのパントはどんな感じですか
自分のパントは480mmです
身長が170ちょうどなので無難に480にしたのですが520も気になりました

投稿: masahi | 2008.03.24 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTO納車&1stインプレ | トップページ | 4000rpm回らない、の解決 »