« PANTOでなくては(4) | トップページ | PANTO朝練 »

PANTO通勤

先週の土曜日の肩の痛みは、月曜日まで引きずった。
月曜日は、ちょっとした肉体労働があり、じっとしているよりも肩の痛みが緩和されたようだった。
クールダウンのように、肉体の負荷を徐々に下げていった方が良いのかも知れない。

火曜日には完全に元通りとなり、再び乗りたい乗りたいと体が騒ぎ始めた。
通販で新調した、鍵も届いた。
Keylock
鍵は、安物ではあるが、公称1.8mの長いワイヤーロックを買った。
これなら前後のリムと電柱等を固定することができて、ホイール盗難の確率も若干減るだろう。
先日道の駅で休憩したときは、後輪ロックのみで放置してしまった。あのようなところでは、ひょいとクルマに積まれても誰も気に留めないだろう。

とまあ、条件が整ったので、PANTOで初通勤してみた。
結果、所要時間40分が30分未満に短縮。
段差でのパンクを恐れて、かなり気を使い時間をかけてたつもりだったが、それ以上に軽い負荷ゆえガシガシ漕いでしまったのだろう。

所要時間が短縮されたものの、PANTOは通勤に向かないことが判った。
道が荒れていて、市街地も通るルートは、ロード向きとはいえない。
やはり軽いクロカンMTBにセンタースリック履かせたタイプが、田舎道では最強かも。

|

« PANTOでなくては(4) | トップページ | PANTO朝練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTOでなくては(4) | トップページ | PANTO朝練 »