« PANTOでなくては(3) | トップページ | PANTO通勤 »

PANTOでなくては(4)

いろいろ調べて、候補は4車種に絞り込んだ。
絞り込んだときの条件は、
・小径(20インチ)であること。折り畳めることは問わず。
・軽量(10kg前後)であること。
・スポーツ性があること。
・価格は、10万前後。

候補は、
・GIANT MR4R
・Bianchi Minivero9
・Bruno VENTURA
・GIOS PANTO

これらを検討すると、

・MR4Rは、色が1色(アルミポリッシュ=銀)しかないし、好きな色ではない。 スタイルも、他の車種と比べると好みに見えなくなった。

・Minivero9は、シフトが操作性が悪いダブルレバーが難点。シフトはデュアルコントロールレバーが欲しい。シフトの度に膝のあたりまで手を伸ばすなんて、したくねーよ。

VENTURAは、スタイル良いし、価格が安くて、おまけに評判も良い。
PANTOを注文したショップにも実車が置いてあり、やはり客の評判が良いらしい。。。でも、立ちこぎ時に捩れそうなフレームが気になる。ハンドルもサドルも、高剛性な中心部分から「片持ち梁」のように伸びていて、非常に弱そう。

・PANTOは、軽量&デュアルコントロールレバー採用で、パーツのグレードアップが簡単にできそう。
「ロードバイクをホイールのみ変えただけ」のスタイルは、小さいながらも速そう。
ゴテゴテと無駄なフレームワークしてないし、ボトルケージの台座が2ヶ所あるというところも、ロードバイクに近い機能を有していて好ましい。
問題は、2008年モデルから値上げしたこと。。。うーん、「迷ったら買え」だな(笑)。納車まで不足分を貯めることは、難しくは無い。

という理由で、PANTO決定。

|

« PANTOでなくては(3) | トップページ | PANTO通勤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTOでなくては(3) | トップページ | PANTO通勤 »