« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

「捨て」の日

で、日本GP1日目は雨。
しかも、やみそうに無い。
行くとすれば雨具や長靴を用意して。。。それに、泥で尻餅ついたときのために一通りの着替えも要るな。。。あー、めんどくせえ。
今日1日だけで体力消耗して、晴れる予定の明日は体調崩す可能性も大きい。

うーん。。。今日は、「捨て」。
実家に泊まって、親孝行でもするか。
と、雨の中100kmのドライブ。

途中、筑波サーキットに寄って見ると、筑波選手権が行われていた。
入ってみようかな。。。あ、今サイフの中身¥3,000も無いんだっけ。
小さな2輪レースでも¥2,000くらいは払わなきゃならんからな。。。明日のためにガマンガマン。

| | コメント (0)

23:00のチケット

会社のツテで手に入りそうだったのに、見事に外れた。
それに当たっていれば、楽しい週末だったろうに。

外れても、あきらめきれない。
ここ1ヶ月の週末は不本意な過ごし方をしていたこともあり、今日決めなきゃまたくだらん週末を過ごすハメになるぞ、と脳内の別人がわめき散らす。

帰宅途中のローソンで端末を操って、最終決定のボタンを前に2分ほど迷う。
¥4,000かあ。。。ま、最悪ムダになってもいーか、と腹を決めてポチッ。

そうして手にしたものは、トライアル世界選手権日本GP(茂木)のチケット。
以上、大会前日23:00の出来事。

| | コメント (0)

フレーム保護¥50

PANTOのフレームに、シフト&ブレーキワイヤが擦れているところを見つけた。
透明な保護テープでも貼っておくかとホムセンをうろつくと、カッティングシートを発見。
フレームに似たようなブルーを選び、購入。
幅450mmのものが、長さ100mmあたり¥50。

貼ってみると、思ったよりは互いの色に差がある。
でも、いいか。透明テープでも、反射の度合いで同じくらいに目立つだろう。

使った分は、20mm×30mmが2枚。
残った分は。。。5年はイケルのではいかと(笑)
Frame_guard_tape


| | コメント (1)

ナントカフェアに期待するサービスと景品

日産から、毎度のGWフェアの通知が来た。
これまた毎度のガラガラくじを飽きもせずやるようだが、「オイル交換を含む点検が¥3,000」のサービスには惹かれた。

KLXの常用オイル・ホンダS9の20W-50が生産中止となり、同じくS9の10W-40・1Lのホムセン価格が¥819⇒¥1,580となった現在、エクスに使用する0W-20・3.5Lが工賃込み¥3,000というサービスは無視できない。
前回の交換から5,000kmを経過したことだし、オイル交換を頼むことにした。

店に入って1時間。
珈琲2杯を飲み終えてシビレを切らした頃、作業完了の連絡が。
支払ついでに、すすめられるままガラガラくじを引き、いちばん下の景品・粉末野菜スープをいただく。

こういうときの景品は、このような消耗品がうれしい。
ダイソーで買えるようなプラスチック製品は、自分の生活に使う機会が無いと、著しくカンキョーハカイなゴミになるだけだからなあ。
Gw_present


| | コメント (0)

KLXの点火系が怪しい

車検のときから続いている、KLX始動時の不調。
点火系で最も簡単に出来るのはプラグ交換、つーことでプラグを買いにホムセンへ。
XRの分も合わせて、計5個一気買い。

帰宅後、作業開始。
古いプラグの碍子部分には、前回清掃時には気付かなかった茶色い錆のようなものが付着していた。
電極形状には異状が無いので、ひょっとして碍子に破損が生じているのかも。とりあえず交換。

もうひとつの原因として、プラグキャップ装着の不安定さがあり、断定はできないが、前回のプラグ清掃時にプラグレンチのゴム部品(プラグ保持のためのもの)がプラグにくっついていた可能性がある。
(左:古いプラグとプラグレンチのゴム部品,右:「くっついていたかも」な画像)
Plug_klx1Plug_klx2

念入りに確認し、正しくプラグキャップを装着。
前回より安定したカチッとした装着感があるが、XRのプラグキャップと比較すると頼りない印象。
GW明けにプラグキャップ&コードを発注することを予定して、ひとまず作業完了。

| | コメント (0)

上州崩落確認

朝8時にPCメールを確認したら、群馬トレイルレイド事務局長からの緊急呼集が。
「5/1 10:30、高崎駅集合」
ちょ、今洗濯機回したばかりなんすけど。
少し遅れると連絡して、KLX出動。

今日は今年の群馬トレイルレイドの試走ということで、コマ図作成前の概略ルートの確認作業。
バイクと人間両方に燃料補給して走り出したのが、ナメとんのかってくらいに遅い正午前。

事務局長の先導で、信越本線・横川駅までR18の抜け道を快走。
信号もクルマも少なく、キモチええ。。。こんな道があったなんてなあ。

横川駅に着いて、小休止。というかココをスタート地点に想定してるらしい。
このとき、何故か狭い駅前広場で女子の大群が釜飯食ってます。
「関東釜飯の会」のオフ会か?
不可解なままエンジンかけようとしたら、パン!とKLXが異常着火。
ほのぼのと釜飯中の女子全員の視線が集中。
人生に一度あるかないかの女子チューモクノマトになりましたね、このオジサンは。

エンジンは無事始動、周囲を撮影中の事務局長を待ってる間、そばにいた少数の男子のひとりに話しかけられた。
「まだ免許は持ってないけど、バイクでツーリングしたいんですよお」
ってイイ若者だなあ、おい。
ところで君ら何してんの?と話を聞くと、みな某大学ゲージツ学部エンゲキ学科1年生で軽井沢の合宿に行く途中であるとのこと。
エンゲキ学科。。。楽しそうだなあ、セイシュンだなあ(笑)

横川駅を出て、碓氷峠旧道を軽井沢へ向けて上る。
GWらしく、めがね橋には観光客が。
Megane_bridge

軽井沢でUターンするように、南側の碓氷バイパスの林道入口へ向かうも、工事中の
標識に阻まれる。交通誘導のおっちゃんもいて、本当に工事中の模様。
仕方なく、バイパスを下る。

仕切り直して、霧積ダムの林道へ。
陰気な杉林を抜け、ダート突入!。。。の直後、崩落箇所に遭遇。
大きい。。。エントラントは通るウデは持ってるけど、万一落ちたらシャレにならん。
Kirizumi1

2個目の崩落。
Kirizumi2

道はガレガレで、溝は深い。
沢になっとる。
Kirizumi3
Kirizumi4
ココは使えないと判断して、撤退。

R18のコンビニで小休止。
地図を前にルートの練り直しを検討する。
奥秩父も軒並みダメだったし、今のところもあの様子では、他の林道も崩落が多いのでは?
帰って調べることにして、今日は解散。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »