« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

13回忌復路

朝、老猫のしわがれた声に起こされる。
猫のところに行くと、エサが欲しいわけでも、外へ出たいわけでもないらしい。
何を望んでいるのか、さっぱりわからん。
母が言うには、姉妹の猫が死んでから、こうなったらしい。
猫とはいえ、身内が突然いなくなり、寂寥を感じるのか。

朝食を摂った後、母の本棚を漁る。
「大晦日のローストビーフ」をゴロ寝しながら読む。
著者は、ラジオや文筆に携わる1917年生まれの女性。
日本語が綺麗なエッセイ集で、読み易い。
琴線に触れた題材が多いので、借りて帰ることにした。

昼食後、再び寝ないようにして、クルマに乗り込む。
土産は、庭で獲れたナス・ピーマン・キュウリ。
ナスは買ったばかりだが、ピーマンは食べ終えたばかりだから、ありがたい。
それから、姉の嫁ぎ先からは米30kg。
このあたりでは、近い親戚には必ず農家がいるから、その辺は助かる。

車中では、大昔の中谷美紀のCDと英会話のCDを交互にかけた。
ルートは、いつもの国道&県道。
CDに集中していたおかげで、風景をまったく覚えていない。

帰宅した途端、大粒の雨。
草刈りを諦めて、ネット接続。
来週の群馬トレイルレイドの詳細を確認せねば。。。って、実は今日でした。
1週間日付を間違えていた。
エントラントかオフィシャルか、参加の連絡をするつもりだったのにい。。。

ひと仕事(笑)終えて外に目を向けると、真上は雨雲・西の空はオレンジ色のグラデュエーション。
なんという色、なんという雲。
一瞬、デジカメをと腰を浮かせたが、構図を決めてる時間ももったいない。
縁側に出て、西の空を堪能。

北関東の正しい夏で、週末は締め括られた。

| | コメント (0)

13回忌往路

父の13回忌のため、実家へ。
片道100km、延々下道。

実家へ行く直前に、卒業した小学校をブラつく。
女の人が子供たちと遊んでいたけど、通報されず。
危機感無いのか、安全なのか。
判別不能だが、わが母校は平和と解釈して、一安心。

学校裏の森や閉鎖された工場跡は、当時とは別の好奇心を呼び覚ます。
涼しくなったら、PANTOで散策も良いかも。

午後、本来の用事はあっという間に終了。
身内だけで食事して、実家で一休み。

実家で閑談中、姉に乳癌が見つかったこと(全摘出の可能性大)、甥っ子・姪っ子が北関東の悪いところを素直に受け継いでしまったこと、いろいろ不安のタネ満載。

夜、借りっぱなしの「佐藤信哉のファイヤー・ロード」を読む。
後半、くだけすぎの文章に萎えながら、地図だけチェックして斜め読み。
田口峠からR254へ抜けられることが分かったのは、大収穫。

| | コメント (0)

渇き

床屋まで、片道5km。
梅雨明けの、気温33℃。
少し厳しいが、自転車で行ってみた。

気温の割りに、風が涼しい。
湿気が少し少ないせいだろうか。

体は暑さを感じないのに、口の中が渇いてきた。
床屋に着くころには、もうカラカラ。
渇きを感じるときには、体内の数%の水分が失われている、と聞いたが。。。

帰りは、大丈夫か。
途中、熱中症で倒れたりしないだろうな。

少し不安を感じつつ、無事帰宅。
やはりこの時季は、散歩といえど水筒必須だ。

| | コメント (0)

甘楽

22:00過ぎ、関越道を北へ走ったみた。
家と会社の往復に少し飽きた、この日。

周囲のクルマは、皆控えめに走っている。
自分のクルマは、少しずつ追い越して行く。

藤岡で、上信越道にそれた。
意外と、中型のトラックが多い。
何を運んでいるのか。

23:00。
甘楽PAで、クルマを止めた。
中は、トラックやトレーラーが多数、ヘンなフェラーリ1台、フツーの乗用車2,3台。

缶コーヒーを飲んで、ひと休み。
女の方が敬語を使っている、妙なカップルのそばで。
会社の先輩・後輩、なのかなあ。

さすがにココまで来ると、人が少ない。
三芳PAは、ヒドイ若者がいるらしいが。
あまりに平和で、誰か殴り合いでもしてないか、などと不謹慎に思う。

甘楽を出た後、一旦富岡I.C.でゲートを出て、Uターン。
家に着いたのは、日付が変わる直前。

。。。今度は、久しぶりに首都高まで行ってみようか。

| | コメント (0)

スペアタイヤ下がプール

エクスのタイヤの空気を入れるついでに、スペアタイヤもチェックすることにした。
スペアタイヤを外すと、水深5mmほどのプール。。。なんじゃこりゃ?

液体に触れてみると、どうやら水みたい。
ガソリンとも疑ったが、やはり水。

先週は、リアシート下のカーペットが濡れてヒタヒタになっていたので、1週間ほど
シートを上げて乾燥させておいた。
それと同じ原因だろう。

考えられる原因は。。。雨の間、水たまりに豪快に突っ込んでいたくらいかな。
どこかのシール材が劣化して、跳ね上げた水が入り込んだ、と。

処置は、雑巾に染み込ませて汲み出し、残りは開放して乾燥。
錆やカビの類は見られなかったのが、唯一の救い。

来週からまた梅雨空が戻るというが。。。しばらく水たまりは避けるか。

| | コメント (0)

KLXのFフォークオイル交換工賃コミは

オイル ¥3,400
工賃  ¥8,000
消費税プラスして、合計¥11,400。
オイルは、ショップ在庫品のワコーズFK-01。

工賃安くてありがたいけど、往復電車運賃と本日帰宅の高速代で¥3,000以上プラスだからなあ。。。
いや、ショップの信頼性を買ったと思えば良い。。。のか?(苦笑)

| | コメント (0)

エクスの日曜日

やろうやろうと思いつつ、4年経過。
それはKLXのFフォークオイル交換。
自分でヤル気がしないので、店に丸投げ。

川越の店にお願いした後は、熊谷まで帰るだけ。
でも、まっすぐ帰るのもツマラン。
少し寄り道してみよう。

大宮までは、フツーに川越線で。
大宮から東に外れて、宇都宮線に乗ってみる。
ガラガラの車内でうたたねしてたら、久喜に到着。

久喜で乗り換え、東武伊勢崎線で北上することにした。
待ち時間が10分以上あったので、構内のスタバでモカ・フラペチーノ購入。
フラペチーノは冷たすぎずに冷たさが持続するので、この時季重宝する。

久喜発館林行きの列車は、またもガラガラ。
向かいのオバチャン組がやかましいけど、あっという間に羽生到着。

羽生で、秩父鉄道に乗り換え。
コレで熊谷まで一直線だが、ここで25分待ち。やはり、都心からの距離と駅の待ち時間は比例する。

秩父鉄道の列車は、3両で構成されていた。
そのうちの真ん中の車両に乗ったら、先に乗っていた女子高生が「暑い、暑い」と隣の車両に移っていった。
始発だから、まだ冷房が効いていないだけだろ?と思ったら、車内の張り紙には
「この車両は冷房無しです」
。。。「弱冷房」どころか「無し」かよ(笑)
女子高生同様、冷房車両に逃げ込む。

発車したら、再び睡魔が。
起きたときには熊谷到着。
車窓の楽しみは激減。

熊谷駅からは、普段使わないバスを使った。
初めて乗る路線なので、運転手に停留所の位置を尋ねたが、どうも愛想が悪い。
この地域のタクシー・バスの運転手は、総じて運転手の人としてのレベルが低いように思う。
地方のバス衰退は、自家用車の普及だけとは言い切れまい。

自宅の手前で、降りてガレージに向かうことにした。
その降りたバス停前の消防署では、訓練中。
少し見物。
Kfd1
Kfd2
Kfd3

ガレージで、しまっておいたMTBを再び出して、帰宅した。
そういや今日はエクスに乗っていない。
ま、エクスも日曜日つーことで。

| | コメント (0)

「TT(TouristTrophy)」

マン島TTのドキュメンタリーを見た。

ジョイ・ダンロップが居ないことが哀しい。
前田淳の姿が見えると、余計に哀しい。

80年代GP500で「ロケット・ロン」の異名で知られた、ロン・ハスラムが出ていた。
変わってない。まだ若い。
アノもみあげも、そのまま(笑)

StarShipの「We Built This City」が画面にハマって、シビレた。
つーか、ナツカシすぎ。TVで初めて聴いたのは、85年の冬だったか。

何人死んでも止めないところが、凄い。
学生のとき先輩から聞いた「鋸山ヒルクライム」は、競技車両が観客に突っ込み、1回限りの開催だったとか。

日本人の精神性とドコが違うのか。

| | コメント (0)

JAFツーリングマップ

「JAFツーリングマッププレゼント」の文字を見つけたのは、たしかJAF-MATEの封筒だったと思う。
電話1本で連絡を入れれば、15年以上の会員だったら誰でもOKという。

で、来たのがコレ↓
Jaf_tmap1Jaf_tmap2

15年×¥4,000払って、コレ。
こんなゴミもらわなきゃ良かった。。。orz

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »