« 富士1000km耐久・決勝 | トップページ | 貨物ターミナルの横断 »

サイドカバー外すだけで、萎え

夏休み明けで体が慣れず、残業を控えめにして退社。
別件で家まで送る予定のハケンM君と共に、アストロへ行ってみた。
今のところ、欲しいモノは無いけれど。

閉店間際の店内をブラつくと、「バッテリーターミナルキルスイッチ」なるモノを発見。
端子を外さず(工具を使わず)とも、手動スイッチで簡単に通電・非通電が切り換えられるというのは便利だ。
用途は、メンテ時の一時非通電や、長期保管のバッテリーあがり防止らしい。

販売されていたものは4輪用だが、バイク用が出たら欲しがるヒト多いのではないか?
純粋に趣味で乗っていて、乗る機会は3ヶ月に1回、なんてヒトに。

ただ、バイクの場合、バッテリーへのアクセスに工具が要る場合が多いからなあ。
ならば、車種別の「簡単着脱サイドカバー」とセットにすれば売れるか?

|

« 富士1000km耐久・決勝 | トップページ | 貨物ターミナルの横断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富士1000km耐久・決勝 | トップページ | 貨物ターミナルの横断 »