« 覗いてみたい青山 | トップページ | ツアークロス2買い替えの予感 »

エコラン視察して、農道ツー

K4-GPの言いだしっぺが「次はエコランだ!」とのたまうので、視察に同行。
なかなか起きないKLXをたたき起こし、茂木へ。

ガンガンすり抜けして、待ち合わせの小山まで1時間。
そこから先は、SRX400と1時間弱の農道ツーリング。

入場料¥1,000くらいだろとたかをくくっていたら、2輪の駐車料と併せて¥1,500で軽いショック。2輪は無料にしろよ~。

グランドスタンドから眺めると、ピットロードにはもう車両が出ていた。
地下トンネルを抜けてパドックに入ると、学生のエントラントたちが次々と出ていく準備をしていた。
08ecopa1 08ecopa3

遠目にはみな同じ流線型のマシンだが、近くで見るとそれぞれに苦労した痕跡が見られて、興味深い。
08ecopa2

機械の王道を行くかのような、鉄の溶接フレームもある。
08ecopa4

学生たちとは反対に、オッサンチームの中にはフルカーボンのボディを持つマシンもある。
とはいえ、その製作には自作の炉から始まっていて、だいぶ脳ミソ使った模様。

目立つ3本スポークのカーボンホイール(スピナジーにありそうな)のマシンがあって、何のホイールかと聞いてみたら、スポーツ用車椅子の流用だとさ。

パドック内の店で食事をしたあとは、付近の農道をツーリング。
刈り入れの終わった農村は、とても静か。
近くに大きな街も無いから、交通量も少ない。
中排気量なら、充分楽しめる。
自販機もない道端で休憩すると、葉擦れの声が心地良い。

いろは坂を上らなくても秋満喫、の日曜日。

|

« 覗いてみたい青山 | トップページ | ツアークロス2買い替えの予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覗いてみたい青山 | トップページ | ツアークロス2買い替えの予感 »