« 淘汰 | トップページ | GTウイング »

KLXとXRとTigerと

XRのフロントフォークを携えて、KLXが入っているショップへ。
永らく放置していたXRのシール交換は、もうプロにお願いしてしまおう。

そして、KLXの修理の展開について話し合う。
今回の事故の過失割合は10:0で、向こうが全面賠償するという通知があった。
見積額も全額支払われるということなので、安心して修理を依頼。

もはやメーカーから出てこない部品があるが、ソレはこれから考える。
とりあえず走行に支障のない、最低レベルを依頼。
ともかく、KLX復活は年明けであることは確実。

XRのシール交換中は、一時店外へ。
来る途中に見つけた、R254沿いのトライアンフ・ディーラーに向かう。

その前に、同じくR254沿いの川越市立美術館&博物館に寄り道。
2館合わせて¥300の入館料は魅力的。

さらに松屋で豚焼肉定食かっ喰らって、ようやくトライアンフ到着。
目当ては、Tiger
店内にあったのは2009年モデルで、3年前に見たモデルよりデザインがイイ。
↓昔のは「虎」ではなく、まさに「猫」だったもんなあ。
Tiger2007
今のはシャープな雰囲気で、ヤマハTDMに似ている。

跨らせてもらうと、両足のつま先はやっと届く地面に程度。
前後17インチだが、シートの幅が広いのがその理由。
足つき悪いけど、やっぱツアラーのシートはふかふかでエエわあ。

これなら買ってもイイかも。。。
でも買わずにこらえて、80ページの豪華な総合カタログもらって退散。

店に戻ると、XRのフォークは作業完了済み。
部品持込の工賃は、オイル代含めて¥10,290。

工賃を支払うと、新たな事実発覚。
KLXのフォークも漏れてますよ、だと。
見せてもらうと、確かに滲んでいる。左右共に。
がーん。
ツーリング前に洗車したときは無かったのになあ。

んぢゃソレもお願い、と帰りは関越でワープ帰宅。

|

« 淘汰 | トップページ | GTウイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淘汰 | トップページ | GTウイング »