« XRショートの修理 | トップページ | ¥90LEDライト »

たかがビニールテープ

先日の修理では、事前に新しい素材を購入して臨んだ。
それは、ビニールテープ。

かつて雑誌の記事で
「プロ用のビニールテープは多少の熱でも糊が溶けずに、寿命が長い」
と読んだことがあった。

確かに今使っているテープは、夏の高い気温で糊が溶けかかったままベトベトしている。
もったいないから使っているが、なかなか使い切ることができずに、不快なまま。
メーカー名も記載れていないモノではなく、きちんとメーカー製(または専用品)を使ってみるか、と少し遠くの巨大ホムセンまで行ってみた。

そこは近所のホムセンと違い、電気配線の売場に「電気絶縁用」と謳った日東電工製ビニールテープがずらりと並んでいた。
コレが熱に強くてバイクやクルマに使えるかっていうと多分違うと思うが、少なくとも今使っている無印のよりはマシだろうと思い、買ってみた。

ガレージにて配線後、最後の仕上げにテープを巻いていくと。。。使い易さが雲泥の差!

テープ自身は誤って力をかけても必要以上に伸びないし、狭いスペースでの作業にもかかわらず糊は目当ての場所以外には容易に付いたりしない。
巻いた姿もシワが寄らず、糊面がぴたりと付いている。
自分がやったとは思えない、スバラシイ出来映え。。。もう、目から鱗。

価格は、1個¥48。
今までのは¥30だったから1.6倍になるが、¥100以下の価格差なんて家計上は誤差だわな。
逆に考えると、この質で2倍にはならないのだからスゴイ。

¥100以下の安い消耗品でも、こんなに質の差が明確に出てくるとは。。。!

|

« XRショートの修理 | トップページ | ¥90LEDライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XRショートの修理 | トップページ | ¥90LEDライト »