« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

六日町まで

雨だけど「どこかに行きたい」気持ちを抑えきれずに、関越道を北上してみた。
日曜午後の下り線ということで、関越道はガラガラ。
関越トンネルの向こうは、さらにガラガラ。つーか、路上に自分しかいない時間が長い。

気まぐれに降りたI.C.は、六日町(南魚沼市)。
ラジオのチューニングをFMゆきぐにに合わせ、そのまま中心部へ。

商店街は、あのヒトのノボリばかり。
生誕の地だそうな。
Kanetsugu_birthplace

六日町駅前には無料駐車場があったので、停めてぶらつく。
六日町駅全景は、こんな感じ。
Muikamachi_st

六日町駅改札のある2階から東側を望む。
Muikamachi_st2

駅前はシャッター通りだが、駅のすぐそばに小さなショッピングセンターがあるのが救い。
Mu_shopping_center

駅からR17までは、わずか200m。
その交差点に、さっきまで聴いていたFMゆきぐにの建物があった。
部外者が入れる、クルマ2台分くらいのスペースにひと気はなく、観光案内のチラシ等が並んでいた。
Fm_yukiguni
そのときの番組は、85~95年くらいのJ-POPを流し続けていた。
同世代が選曲してるのかな。

特に何の感慨もなく、六日町をあとにした。
こちらのR17は、日曜の夕刻にもかかわらず閑散としている。
R17_muikamachi

上り下り両車線で、泥だらけのラリーカーを3台ほど見かけた。
積載車に積んだものも。
近くで、ラリーかダートラでもあったのだろう。

帰りの群馬越境は、関越を使わずにR17で越えた。
越えたところで、早めの夕食。ラーメン+餃子で。

月夜野I.C.から、関越に乗った。
伊香保を過ぎたあたりの電光掲示板には、「本庄児玉~花園 渋滞」という文字が。
渋滞を避けるため、高崎JCTで北関東道に逃れ、伊勢崎I.C.で降りた。
当分の間は休日なら高速料金を気にせずに、こんな迂回もできるわけだ。

伊勢崎I.C.からは、R17バイパスで快適に帰宅。
雨の週末のせいか、群馬・埼玉に帰ってきても、路上にクルマは少なかった。

| | コメント (1)

「じてんしゃ日記2008」

本屋で立読みしてたら、止まらなくなってお買い上げ。
前作「じてんしゃ日記」も立読みしたけど、同じ著者の新書「自転車で痩せた人」と内容がカブってたから、買わなかった。それに、あっというまにブック○フに並びそうだったし。
ちなみに「自転車で痩せた人」は、図書館で借りた。
こうして出版不況が進むのね(笑)

さて、今度の内容は、
1)激安激重の小径車を買って、失敗する(?)
2)ヤマト便を使った輪行
3)中込夫妻のペンション宿泊体験
がツボ。

特に、ヤマトで自転車を運んでもらえるというのはまったく聞いたことがなかったので、1時間楽しんで、この情報が得られただけでもイイかな、と自分を納得。

| | コメント (0)

少しだけ自由

午前休暇を取得して、病院へ。
久しぶりに行ったら、受付システムが変わっていて、10時までは予約患者のみだと。

一旦家に帰りがてら、周囲の農村部を自転車でブラブラ。
当然、農作業のおっちゃん・おばちゃんに遭遇して、適当に挨拶。

このあたりの勤め人は、朝が早い。
たいてい8時~8時半には職場に着いていたりする。

このとき、午前9時。
バッグも持たずに、急いでいる風でもなく、自転車で歩くようなスピードのオレ。
まるで無職の如し。

| | コメント (0)

A Day of Cats and Roses

コンデジ(Nikon S60)を2台、母と姉の分を買った。
二人ともデジカメは初めてなので、メモリーカードも購入、バッテリーをフル充電して動作チェック、日付&時刻設定までして、それぞれの家へ届けた
姉はともかく、母には使い方まで教えねばなるまい。

実家へは、KLXで2時間強。
疲れたけど、早い。

庭は、バラが咲き乱れていた。
花の中は、コガネムシっぽいのやゾウムシっぽいのがお食事中。
D700を持ってこなかったことが悔やまれる。
Dscn2734 Dscn2728

2匹の猫も健在。
この時季だけは花に囲まれて、貴族的にダラけていた。
Dscn2741

| | コメント (0)

四日市朝飯前サイクリング

今週は、月曜から四日市出張中。
最終日の今朝、外食続きのカラダを軽くするために、ホテルの自転車を借りてプチサイクリング。

連日仕事場へ向かうルートにあった、川にかかる橋まで行ってみた。
川の名は、三滝川というらしい。
↓橋から望む街は、こんな感じ。
Dscn2704

下流へ目を向けると、海岸沿いのコンビナートに向かって舗装路が続いている。
何も考えずに下ってみると、何か屋台の跡のようなものを発見。
Dscn2708

犬の散歩をさせていたおばちゃんに訊くと、2,5,7,0の付く日に朝市が開かれているとのこと。
そっか、一昨日来たらやってたのか。。。明日は来れないし、残念。

Dscn2709 Dscn2710

さらに下ると、河川敷の道路は片側2車線の車道に阻まれて、終了。
道路の上はクルマがあふれ、もう目の前に工業施設が立ち並ぶ。
Dscn2711

近くの交差点から、右手に石油コンビナート・左手に住宅街の不思議な共存をしている通りを進むと、イキドマリ。
自分の背の高さくらいの塀が行く手を阻んだが、小さな鉄の階段を上ると塀の向こう側へ行けるらしい。
で、上ってみて目の前にあったのは、小さな小さな漁港。
船が数隻で、もういっぱいいっぱいな感じ。
さっきの朝市には、ここから水揚げされた魚が並ぶのだろうか。
Dscn2713

帰りは、駅に通じていそうな大通りを走ってみた。
駅まで行けば、ホテルまでは迷わない。

通りは、歩道と車道の段差が高く、走り辛い。
リム打ちしそう。
スペシャがあれば良かったんだが。

駅まで来て、気が付いた。
コンビニが異常に少ない。
海から駅まで2kmほど、交通量が多いのにコンビニが1軒も無かった。
駅の周りには、2軒だけ。
それが悪いこととは思わない。むしろ関東のコンビニの多さが異常なのだ。
巨大資本によって画一化されたように見えても、こういうところは地域差があるんだな。

| | コメント (0)

「Long Way Down」1枚目

昨年末の休みに見る予定だった、「Long Way Down」。
GW直前に購入し、ようやく3枚組みのうち1枚を見終わった。
51idy7hppnl_sl500_aa240_

最初の1枚目は、スコットランド~スーダンまで。
チャーリーが相変わらず、俳優とは思えないバカやってて爆笑。

眼を労わって、こんなペースで見ていくから、あと2週間は楽しめる。
これなら¥7,000も高くない。。。か?

午後からはピクルスを漬けて、GWは終了。

| | コメント (0)

雨の中、クルマを捨てて

休み前半に会社の後輩から、飲み会のお誘いメール着信。
今日が、その飲み会当日。

非常に不便な場所にある会場の焼き肉屋までは、歩いていった。
地図で見当つけたところ、およそ4km。
1時間くらいなら歩けるよな、と。

ルートは安全重視で選び、実際危険な目には遭わなかったが。。。精神的にキツかった。
傍を通るクルマは当然避けていくのだが、ほとんどがスピード落とす気配も見せず。
特に、クロカン4駆が。

一部のエコ(笑)な方々がいろいろ言っているけど、クルマを捨てて歩くのって非常に難しいんすよ。

| | コメント (0)

「他人の不幸はメシウマ」ツー

休みが始まってから、高速道路の混雑具合をチェックしてきた。
予想通りの壊滅状態。
いつもと変わらず、秩父か西上州を走ることにした。
KLXのタイヤの山は残りわずかなので、ターマックツーリングと称して。

いつものように県道を繋いで、小鹿野に抜けた。
小鹿野で、カレーの昼食。
本当に、ちょうど良い場所に休憩地点ができたなあ、と思う。

小鹿野からは、R299を上野村へ。
クルマは少なく、バイクが多い。
ネイキッド,アメリカン,珍走のコゾーまでいる。
その絞りハンドルで峠に向かって、何をしようというのか。ああ、ウゼえ。

その珍走2台の後に付いて、走るハメになってしまった。
さらにその先には、ランクルが1台。
すべてを抜き去るスペースは無い。

もう少し走った先で抜けるかなと考えていたら、車線減少&対向車とのすれ違いでランクルが減速した。
珍走1台目も減速、2台目は。。。キュキュッとタイヤが鳴り、ボテっとコケた。

。。。どんだけヘタなんだよ、このコゾーは(爆笑)
20-30km/hで走る舗装路で、前輪ロックするなんてなあ。

ここはもう、差別的に無視。
連れもいるし、平気でしょ。
珍走2台の間をすり抜けて、志賀坂峠突入。
しかし、クネクネしながら笑いが止まらんぞ。

峠を越えたところにある神流町の「恐竜センター」は、GWらしくクルマが駐車場にからあふれていた。
その先の「道の駅・上野」も同様に。
そのまま、下仁田方面へ向かう。

塩之沢峠をショートカットするトンネルは、黒煙を吐くキャンピングカーが前にいたので、避けて峠を上った。
廃道になりかねない峠道は、滑り止めらしき砂が多く、ロードでは難儀しそうだった。
出合ったのは、デュアルパーパスや自転車のランドナーだけ。
スキモノの世界になりそうな予感。
Nanmoku090504

下仁田の西・南牧村で小休止。
前回バスで来たときと同じ場所で。

下仁田から自宅まで、一切国道を使わずに帰ることを試みた。
GW夕刻のR254なんて、走っても不快なだけに決まってる。

今まで1回しか成功したことないが、今日はまだ陽が高く、試す余裕もある。
マメにGPSで現在地をチェックして、ときどき道端のツツジなぞ撮ったりして、進んでいった。
Tsutsuji

結果、これまでになく完璧に成功。
前回の「成功」なんて結構大回りした記憶があるが、今回は距離も伸びずに完璧だった。

GWにもかかわらず渋滞知らずに200km走り抜けた爽快感と、他人の不幸は何ともいえず美味(笑)

| | コメント (0)

実家にて

実家では母に、育てている草花を撮ってくれとせがまれた。
俺としては、すずらんがお気に入り。
2,3週間後に、今度はバラが咲いたら来てみよう。
Suzuran1 Suzuran2

クロアゲハが夢中でお食事中
Kuroageha

夕刻、今度は所用で姉の家へ。
デジカメが欲しいというので、半年近く前にオススメ機種にマルを付けたカタログを送っておいたのだが、まだ買っていないという。
それどころか、選んでもいない。
希望を訊いて、1機種に絞った。
ネットで買って、姉宅へ送る手配をすることに。

週休4日となってしまった義兄は、当然金の心配をしたが、姉はそのくらいの余裕はあると押し切っていた。
子供のサッカーチームのユニフォームに2万も出せるなら、本当なのだろう。

お茶だけいただいたあと、陽が傾く中を熊谷へ向かった。
帰路は、農地を貫く国道や県道だ。
GWでも混むことはなく、かえって寂しささえ感じさせる。

| | コメント (0)

つくばの駐車場

午後、実家に帰省。
その途中、つくばの西武に寄る。

道路からの、立体駐車場の入口が分かりにくい。
中に停めると、これまた店までの通路が分かりにくい。

仕事で使うバッグとシャツを物色。
バッグは種類が少なく、スルー。
シャツは、高いけど1枚購入。
安いと紙みたいな着心地だからな、このテの服は。

帰りに掲示してあるポスターを見て、近くの美術館に行くことにした。
歩いていける距離か分からないので、クルマで向かう。

美術館の駐車場は満車で、少し離れた駐車場に停めろと係員が言う。
で、停めて歩いて入館すると、この駐車場は美術館と提携していないので無料にはならない、と美術館の受付は言う。
「何故? 同じ公団が管理してるのに?」
文句を言っても、私たちではどうにもできないとのこと。
まあ、そうだろうな。

道路は同じ景色で分かりにくいし、駐車場は使いにくい。
これでまた、つくばは「俺的クルマで行きたくない都市ランキング」がUPした。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »