« 新生トレッキングシューズ | トップページ | コドモの国 »

戦場ヶ原と棚下鉄橋

金精峠を走ったことがない(または記憶が飛んだ)ので、KLXで行ってみた。

中禅寺湖の半月山展望台に着いたのが、午前7:00。
この時刻でバイクなら、熊谷から2時間で行けるのか。
もう陽は高く、釣り人が多い。

展望台から降りて、自販機でもいいから熱い珈琲が飲みたいな~と考えてたら、開店してる喫茶店を発見。
まだ8時前だというのに。
ま、どーでもいいや、と無愛想な30前後の店主に迎えられて、入店。

店を出て、次の目的地は戦場ヶ原。
湿原とか荒野の類は、大好物だ。
赤沼の駐車場にバイクを停めて、竜頭の滝と小田代原までの2往復、合計7kmくらいを歩いた。
Senjou Senjou_futasuji

まだ朝早いので、比較的人は少なく、快適なウォーキング。
やたらとデカイ熊避けの鈴を鳴らす、ジジババさえいなければ。
これだけ人がいれば、熊は出てこないと思うのだが。

11:30頃の金精峠は、クルマがいっぱい。
峠は、走り屋のクルマとバイクだけが数台いるだけで、もっと閑散&殺伐として欲しいよな。。。などと自分勝手なことを思い、スルー。
今度は、峠の冬季閉鎖直前くらいに来てみよう。

群馬県・片品村へ下り、「夜は地元民の居酒屋」っぽい定食屋で、天ザルうどんの昼食。
有線で70-80年代の歌謡曲が流れ、かすかにシビレ(笑)。

「帰りは沼田から関越に乗るか」と考えていたものの、陽射しがキツく、木陰も無い高速は金を出す価値無し、と赤城山麓を南下することに。

関越同様の暑さのR17を避け、群馬県道255号線を走ってみると、かつてR17から見て勝手に「陥没地帯」と呼んでいた、赤城村・棚下に着いていた。

上越線の大きな鉄橋が空を走り、廃業した商店が見られるあたりは、モロに地形の影響を受け、他の地域から隔絶した感じが大きい。
Tanashita1 Tanashita2

Tanashita3 Tanashita_4

棚下から南は隧道が多く、視界が開けたところでは上越線に沿って平行に走り、渋川の直前までの10km弱は高低さも大きく、変化に富んだ道を楽しめる。

渋川からは県道34号線で大胡経由、以前よく通ったルートでR17に接続、帰路についた。
そして、7時のニュースで熊谷・前橋共に33℃超だったことを知る。

|

« 新生トレッキングシューズ | トップページ | コドモの国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新生トレッキングシューズ | トップページ | コドモの国 »