« 革キーホルダーの寿命 | トップページ | 長瀞往復散歩 »

ブレーキレバー支点の偏心化

先週土曜日には何とも無かったのに、日曜のツーリングの朝、XRのFブレーキレバーには小さな不具合が発生していた。

それは、ブレーキレバーの動作に引っかかりを感じるということ。
握り始めの一瞬だけ、レバーが固まったようにストロークしない。

これは、以前にも経験している。
レバーの支点の穴が、固定ボルトの軸に磨り減らされ、いびつに拡大しているためだ。
別の言い方をすれば、偏心の2個の穴ができて、支点が2ヶ所になっている状態。

レバーを外してみると、穴の形状の変化は、ほとんどない。
とりあえず、グリスを塗って様子を見ることにした。

その後、別件で純正部品の発注をしに、ドリーム店へ。
今度は手数料や送料は取られずに済んだものの、数年前から部品の値段が1.5倍に(泣)

|

« 革キーホルダーの寿命 | トップページ | 長瀞往復散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 革キーホルダーの寿命 | トップページ | 長瀞往復散歩 »