« お守りロープ | トップページ | 祭り »

24th群馬トレイルレイド

「ほとんどオンロードタイヤ」のD604を履かせたXRで、24th群馬トレイルレイドに参加。
不利なタイヤでどこまで走れるか、が個人的課題。

家を出るとき、ブーツをケースから引っ張り出したら、樹脂部分崩壊。
今日1日くらいもつだろ、とそのまま出撃。
Boots_broken

コマ図を装着して、9:30頃スタート。
Start
スタート地点は、藤岡の道の駅。
参加者は、7人。全員国産オフ車。昨今珍しい光景に、少し癒される(笑)

38.1km地点で、大いに迷う。
コマ図の距離が合ってねえええええ(笑)
おかげで、諦めの境地。休憩ついでに写真を撮る。
Ippuku1 Ippuku2

おそらく今回最大の難所・道路陥没地点。
右ルートを途中まで行くと、タイヤがグリップしない。
左ルートは、鋭角になった路面に右足をぶつけそうだ。。。が、行くしかない。
Kanbotsu2
で、予定通り右足ぶつけて、コケた。
ま、車体を全部載せることができたからマシ。
あとは起こせば良いのだ。
Kanbotsu3

難所を越えて、ホッとしたのもつかの間、再びミスコース。
ここ西上州の人は優しく、うろうろしてると「どこに行きたいんだ?」と声を掛けられること2回。
(自分でもどこに行けばいいのか分からない)という言葉を呑みこんで、お礼だけ述べて別れる。
爆音のバイクもいたりするけど、よそ者が遊びに来るのが嬉しいのかな。

何とかコースに復帰、チェックポイントの道の駅・下仁田に到着。
このとき、15:00過ぎ。ようやく昼食にありつく。
舞茸天ぷらが特大な「田舎うどん」が旨し。
Lunch_shimonita

昼食後、前日の雨がステキなヌタ場を作ってくれたという広場に到着するも、まったく乾ききっていて、期待外れ。
この時刻で押しが入るような場所を行くのも危険なので、安心したのが70%本音。
舗装路に出ると、コマ図の指示は、ぐるりと妙義山の周りを走るように記されていた。
Myougi

17:00、上信越道・松井田I.C.付近を見下ろす高台に来たら、上り方面の渋滞を目撃。
何故、人々は同じ過ちを繰り返すのか(笑)
 Johshinetsu_tra_jam2 Johshinetsu_tra_jam1

ゴール直前、道端に事務局長とエントラント・H氏の姿を発見。
事務局長のバイクが、パンクだと。
Sherpa_punk_2
ベテランが二人もいると、仕事が早いのう。
俺は、ほとんど見てただけ(笑)

やっと着いたゴールは、上越線・横川駅。
17:30頃着、総走行距離123km。
西上州という、ごく狭い地域を引きずり回されて、とても濃いルート設定だった。
満腹。

さて、先着したエントラントで早々に帰りたい人は、チェックシートをこの場でポストに投函して帰宅したため、18:00現在、エントラントは4人が集合。
このうち自分含む3人が、事務局長の先導でR18の渋滞を回避し、高崎近郊まで4機編隊で帰宅。
Go_home
前橋経由で帰ったら、自宅到着20:30。
連休最終日のせいか、R17バイパスも交通量多めだったな。

|

« お守りロープ | トップページ | 祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お守りロープ | トップページ | 祭り »