« PANTO初輪行@ちちてつ | トップページ | 群馬県道176号線 »

ステムとFDのズレ

先週の輪行で、車内でバターンと車体を倒してしまったことがあった。
おそらくそれが原因だろう、現在ステムの取り付けがズレ、ハンドルの位置が5°程度曲がっている。
ステムの取り付けボルトを緩めれば修正できそうな気がしたが、全体的に点検してもらいたいこともあり、念のためプロの手に委ねることにした。

ショップに出向き、ご主人にワケを話すと、やはりステムのボルトで修正できるという。
ステムの修正と、加えて各部の点検(主にブレーキとディレーラー)を依頼。
Stem

気付かなかったが、フロントディレーラーの取り付けもズレていたようだ。
シートチューブにクランプしているだけなので、緩んで当然の構造なのだが、これも倒した影響なのだろうか。
Fd

今度から、もう少し気を使うことにするか。

|

« PANTO初輪行@ちちてつ | トップページ | 群馬県道176号線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTO初輪行@ちちてつ | トップページ | 群馬県道176号線 »