« PANTO、鈴鹿へ | トップページ | プロテイン試飲 »

PANTOで4時間耐久

●参加クラス:「4時間ロード」。
ロードバイクのチームカテゴリーだが、フルリジッドMTB(ぽん太)と20インチ&ドロップハンドルのミニベロ(そーいちろ)の組合せでは、このクラスになってしまうらしい。

●宿からピットまで
4:00に起きて、5:00にサーキット駐車場到着。
自転車を組み立てた後、荷物を持って徒歩移動。
ピットまでは遠く、30分を要した。
ピットの場所取り、受付などを済ますと、あっという間に6:30試走開始。
参加記念品は、オリジナルのシューズバッグ。
Sanka

●試走
試走時間は、45分。交代に、1周ずつ試走。
速いヒトに引っ張られて、早くも汗だく。
Before_start

●戦略(笑)
今日は、4時間と8時間が行われる。
8:00、8時間がスタート。
8:03、4時間がスタート。
走る順番と周回数は、スタート担当:ぽん太、ゴール担当:そーいちろで振り分けた。
2周交代で、最後だけ1周交代。

●コース感想
コースは、通常の逆。
ホームストレート→シケイン→130R→スプーン→ヘアピン→デグナー→ダンロップ→S字→2コーナー→1コーナーの順。
Suzuka_straight
ホームストレートは上りだが、予想以上に勾配は緩い。ただ走るだけなら、シッティングでイケる。
130Rの出口・立体交差の上は、一瞬上りのように感じる。実際は下り。
スプーンの手前は、勾配が緩いと感じて漕いでいくと急にキツくなり、ダマされた。
スプーンを過ぎれば、あとは楽。ホームストレートまではたいした上りは無い。

いちばん楽しかったのが、ヘアピン。
後ろから速いヒトが来ないのを確認後、インに突っ込み、立ち上がりでガシガシ漕ぐと気持ちよくスピードに乗れる。何故かココではスピードを落とすヒトが多かったので、ココだけゴボウ抜き。

S字も同様に楽しい。
奥(2コーナーの入口)まで見渡せるので、目標が掴みやすい。
ホームストレートでの上りの体力温存なぞ考えずに、1コーナーまで全開。
ハイスピードのコーナー連続が楽しいと感じるのは、基本的にバイク乗りだからか。

全体的に、コース上にバラけていたので、予想より走り易かった。
ママチャリで真ん中走っていたヒトがいたけれど、抜けるスペースは充分にあったので、問題無し。

●トラブル
自チームは、無し。
走行2周目のとき、救急車が入っていた。一人落車した模様。歩いていたが、救急車に収容されていた。
パンクしてる車両を、2,3台見かけた。1台は、ホームストレート前。。。何という羞恥プレイ(笑)

●公式リザルト
周回数:18
平均時速:26km/h
順位は、ざっくりと言うと5/6位くらいか。

自車のサイクルメータに残った記録は、
平均時速:25km/h
最高時速:52km/h

●おまけ
抽選会で、ウィダーのサプリメントセットをゲット。
「コレ、駐車場までどうやって運ぶんだよ?」と途方に暮れて、初レース終了。
2往復しましたよ、ええ。
Chusen

|

« PANTO、鈴鹿へ | トップページ | プロテイン試飲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTO、鈴鹿へ | トップページ | プロテイン試飲 »