« 吾妻線に乗ってみた | トップページ | PANTOで陣見山 »

碓氷峠を他人任せで越えてみると

朝イチ7:30、高崎で信越本線に乗り込んだ。
妙義を眺めながら、横川駅到着。
Yokokawa

軽井沢行きのバス発車時刻まで40分強、駅舎の前のベンチで、近寄ってくるわりにビクつく猫の相手をしたりして。
Yokokawa_cat

発車15分前に運賃¥500を払って、バスに乗り込んで待っていると、どやどやと鉄道からの客がなだれ込み、あっという間に満員御礼。
1本早めに横川に着くようにしておいて、正解だったぜ。

碓氷バイパスをヒイヒイ上り、30分後に軽井沢駅到着。
このバスの席は、眺めが良い左側がオススメ。

ここから、しなの鉄道に乗車。
18きっぷが使えないのは痛いけど、小諸までは¥470だから、ね。
車内は、比較的空いていた。ボックス席の大荷物の若い女の子は中軽井沢で下車したので、小諸まではボックス席にゆったりと独り。
Shinano

10:00頃、小諸到着。
小海線に乗り換え。
予想に反して、混んでいた。部活遠征の中学生やら、登山客やら、鉄オタやらで。
なんとか座れたが。

11:00頃、息苦しくなったし&腹も減ったしで、小海駅で下車。
自分が乗っていた車両は、ハイブリッドだった。
Koumi

昼食後、隣の駅まで歩く。
地図上の見当で約4km、1時間あれば着くだろう。次の列車は1時間半後だ。
Koumi_walk1 Koumi_walk2

汗だくで、松原湖駅到着。
もうひとつ先の駅まで行く余裕はあったが、交通量の多いR141を通らねばならず、パスした。
Matubarako

13:20、再乗車。
座れたけど、やはり乗客は多い。

野辺山・清里で、さらに乗客1.5倍増量。
女子大生風が多数。。。未だに女の子は清里が好きなのか?

清里~甲斐小泉間は、広葉樹林の中を走り、快適。
枯れた冬の景色も見てみたい。

突然、ぐぐうーっと強めのブレーキがかけられた。
どうやら鹿が飛び出したらしい。
若い鹿が2頭、尻を振りながら、森の中へ消えていった。

小淵沢でも、小さな駅舎に人多し。
併設の土産物屋で、どら焼き購入。¥170/個と高いので、次は買わない。
Dorayaki

雲が被った八ヶ岳を眺めながら待った後、15:16の高尾行きに乗車。
Kobutizawa

ぐーすか寝てたら、相模湖駅到着。
目覚めに聞いたアナウンスは
「線路に人がいたため、安全の確認が取れるまで停車します」
動き出したのは、30分後。

バカのおかげで、八王子着は18:30くらいか。
八王子以東も遅れを引きずりそうなので北に回避、予定通り八高線乗車。

どこの駅だか忘れたが(たぶん拝島あたり)、ぐぐうーがっくん、と急停車。
読書の邪魔をしたアナウンスは
「ただいま、当車両が人身事故を起こしました」

1日に3回も事故or事故未遂って。。。orz

「ただいま、救出活動を行っております」
「これより、警察の現場検証を行います」
「小川町まで行くつもりだったけど、高麗川までで勘弁してくれる?」
というマブダチな言い方はしなかったが、高麗川で乗り換え。

このまま八高線で行くと、倉賀野で上り列車の終電に乗れない可能性が捨てきれず、川越・大宮ルートで行くことに。
この時刻は、上りより下り列車がたっぷりだから。

大宮で湘南新宿ラインに乗車。
疲れた体に染み渡るアナウンスは
「次は浦和、浦和です」
えーと、見事に逆方向ですね。。。orz

浦和で下り列車に乗り換えて爆睡、目を覚ますと熊谷駅。
家にたどり着いて、ひと風呂浴びたら、日付が変わりそうな時刻だった。

|

« 吾妻線に乗ってみた | トップページ | PANTOで陣見山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾妻線に乗ってみた | トップページ | PANTOで陣見山 »