« 群馬県道176号線 | トップページ | PANTO、鈴鹿へ »

チェンオイルの失敗

PANTOのチェンの汚れを落とした。
次に注油だが、数年前に買った専用オイルを見つけた。
オイルのボトルは、キャップを外すと、注射器の針の無い先端のような形をしている。
ハサミで樹脂製の先端を切ると、びゅるびゅるびゅるっと中身が飛び散った。
気を取り直して、チェンに注そうとすると、どぽっと適量以上に垂れた。。。orz

次からは、
1)ボトルの腹を掴まないようにする。
2)注入口は、熱した針で開けたピンホールで充分。
ということを忘れないでおこう。

いや、何より↓このボトルには注意する、と覚えておこう。
Krytech


|

« 群馬県道176号線 | トップページ | PANTO、鈴鹿へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬県道176号線 | トップページ | PANTO、鈴鹿へ »