« 「とろける鉄工所」 | トップページ | 90,000km超の車検整備 »

ノーマルとスタッドレスのグリップを無料で比較@佐久

佐久のSA直結スキー場・パラダでのドライブイベントに行ってみた。
NEXCO東日本主催で、レーシング&ラリードライバーが雪上走行について教えてくれるというもの。
雪道の体験が無いという職場の後輩M君も行きたいというし、また無料ということなので、軽い気持ちで佐久まで出かけた。

誓約書に記入して、ラリードライバー勝田範彦選手の座学を5分ほど受ける。
内容は、「急ハンドル・急ブレーキはイケマセン」的な一般常識。

次に1台のキューブに3人同乗して、コースの説明を受ける。
スタートして直線の後にパイロンS字、大きく右に180度ターンして、最後はフルブレーキポイント。
1周200mくらいか。
Saku_corse_2

車両は、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤのキューブが各1台。
一人ずつ運転し、その違いを体感してもらう。助手席にはレーシングドライバー村田信博選手が同乗。

ノーマルタイヤのキューブからスタート。
「ガンガン加速しちゃってください!」
。。。素人に向かってそんな発言していいんすか?
こんな狭いコースだとアウト側の斜面に落ちそうなんですけど(笑)

それは杞憂に終わり、ノーマルタイヤはやはり食い付きが悪く、加速しない。
その代わり、低速でずずずっと横に向きそう。
180度ターンではそれが顕著で、前に進まず横に滑るのみ。
スタッドレスタイヤは普段感じている通り、普通に走って終了。

このイベントは、同一車種・異なるタイヤを比較できるところが有益だった。
ノーマルタイヤで雪道は走ったことなかったから、こんなにも走らないものかと確認できたところも。

最後にアンケートを記入して、豚汁のサービス。
それからオマケに、リポD・牛乳・缶コーヒーとかイロイロ貰う。

帰りに、嬬恋パノラマラインを偵察。
北コースは、雪で封鎖。
Tumapano_north

南コースは少し雪が残っているが、全面通行可能。
北に比べて南は狭く短いので、雪が融けてバイクで走るなら北コースだけの方が良いだろう。景色の良いところはあるけどね。
Tumapano_south

冬は雪上フリー走行ができると知った、群馬サイクルスポーツセンターにも偵察に。
今日のこの時間は走行時間ではないので、係員にコースの概要を伺った。
今年は雪が少なく、コーナーに舗装路面が出てしまってるという。
今日の夕方からフリー走行が始まるのは、その時刻がイイ感じに凍るからだそうだ。
エクスじゃ無理かなあと係員に問いかけたら、フォレスターとかも来てますよとのことだが、ドライバーが相当の変態さんに違いない(笑)
Gcsc1

Gcsc2_2

ちなみに途中で見た八ツ場ダムのアノ橋は、もう少しで繋がりそうだった。
Yamba

|

« 「とろける鉄工所」 | トップページ | 90,000km超の車検整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「とろける鉄工所」 | トップページ | 90,000km超の車検整備 »