« 瀬戸際なのは原付だけでは? | トップページ | 崩壊は続く »

オリンパスは初めて

向こう三ヶ月間に支払う必要のある、XRタイヤ代やKLX車検費用,重量税等を計算していたら、意外と負担が少ない。。。これなら買えるんぢゃね?
と、ポチっと押して、μTOUGH-8000本日到着。
Myutough8000

早速触ってみる。
操作系は、ダイヤルやテレ/ワイドのボタンがS51Cと変わらず、迷うことはない。

S51Cと異なる点で気に入ったのが、マクロ機能が充実していること。
10cmまで接近できる通常のマクロの他、2cmまでのスーパーマクロと、マクロ使用時にごく狭い範囲をLED照明するモードが付いている。

そのスーパーマクロで、10円玉と猫の鼻先を撮ってみた。
Test_smacro1_2
Test_smacro2_2

気に入らないのが、xDピクチャーカードを採用したところ。
MicroSDカード用のアダプタが付属しているので、実際は困らないが、
フツーにSDカードにして欲しかった。

外形は、平面のサイズは同じくらいで、S51Cより少し厚め。
耐衝撃性を有しているせいか、重量も重い。
シャツの胸ポケットに入れるとズシっと感じるが、許容範囲内と言える。

今月末に新型が出るので、価格は安めの¥25,000。
が、S51Cより1万近く高い買物だから、その分働いてもらわねば。

|

« 瀬戸際なのは原付だけでは? | トップページ | 崩壊は続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬戸際なのは原付だけでは? | トップページ | 崩壊は続く »