« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

空港見物

昨日からGW突入したけど、そういや今日は平日だったな。
ひょっとして空いてるかも、と実家へ帰ったついでに茨城空港まで行ってみた。

予想通り、道はガラ空き。
搭乗者と見学者に分かれた駐車場誘導を無視して、搭乗者用駐車場へ。
4301

1階は搭乗手続きカウンター、2階は飲食店・土産物屋・展望デッキ。
4302

ネタとしては、こういうモノを載せれば良いか、と。
4303

4304

展望デッキの窓は、左側は曇りが入っていて、見えない構造。
防衛機密上の配慮かと。
んぢゃあ、こんな自衛隊基地と併設にするなよ、と皆思ってるんだろうな。
4305

4308

定刻通りの正午、仁川発のアシアナ航空機到着。
4306

到着時には、この有様。
誰かゲイノージンでも降りてくるのか?(笑)
4310

到着すると、F15が4機離陸。
(画像左隅)
4307

何だかんだと1時間ブラついて、困ったのが喫茶スペースが無いところ。
うどんとかカツ丼とかの食事スペースはあるのだが、珈琲飲もうとすると
自販機くらいしかない。
ドトールで良いから入れて欲しかったぜ。

| | コメント (0)

もはやテスター屋は不要か

土日は、風邪のために自宅で活字三昧。
今日もまだ出歩くのはツライが、午後から車検。
右側のフロントフォークからオイル滲みが見られるけど、車検くらいは受かるでしょ。

月末のせいか、窓口は意外と混んでる。
どこかのオヤジ(業者ではない)が書類に不備があったらしく、キレてたりして。

検査ラインは、ガラ空き。
灯火類確認のあと、今回はハンドル幅を測られることもなく、ブレーキ検査に進む。あれ、そういやネジの緩みチェックもやってないような。
ブレーキ検査は当然クリアして、光軸へ。

最後の光軸は、落ちた。
左に大きくズレてるよと注意を受けたので、建物の陰で確認。
確かに、ライトカウルと比べてもはっきり判るほどズレてた。
ライトカウルとライトの辺が合うように調整し、建物の壁に照射してみる。
これを2,3回繰り返し、再びラインへ行って、今度は合格。

帰宅して気がついたが、今年から重量税が値下げになってた。
¥5,000→¥4,400
結果、自賠責24ヶ月分併せて¥19,525で、今回の車検は終了。

| | コメント (0)

所詮役所仕事か

昨日、今日のKLXの車検を予約したが、雨で無理っぽい。
で、初めて予約の取り消しを行おうとTELすると、
「当日の予約取り消しはできないので、支局窓口に直接TELして下さい」
と、録音のアナウンスが流れた後、ぶつっと切れた。

その窓口の番号もアナウンスするようにしろよ。。。

| | コメント (0)

辛の国から

今日は、日本に帰るだけ。
正午の便だから、9:00にはホテルを出ておきたい。
朝食後の1時間半だけ、これまでの朝の散歩より遠くへ歩いてみた。

ST205かと思ったら。
P4160037

マチスは、ゴロゴロ走ってた。
P4160035

信号無視は多いし、窓がフルスモークのクルマが多くドライバーと意志の疎通が難しく、人がいても減速するクルマは少ないので、横断歩道でも油断できない。
クルマの保有台数に対する交通事故死者数は日本の3倍という統計も、当然納得できる。
P4160039

このバイクは、よく見かけた。
P4160034

電動スクーターだった。
P4160046

韓国でもこのサイズがあるのか、と思ったらフュージョンだった。
スピーカー付けたり、マフラー換えたり、頑張ってた。
P4160050

こういうの走っていると、アジアっぽい。
P4160056

P4160057

バイクショップ。。。というか、スクーターショップっぽい。
P4160060
バイクは、すべてスクーターやカブ系で、スポーツタイプはまったく見なかった。
自転車も、ごくわずか。
二輪は、非常に少ない。

バス亭とキヨスクみたいな売店スタンド。
何か買ってみたいなと思ったものの、腹は減ってないし、喉も渇いてないし。
もう少しジロジロ観察したかった。
P4160055

メニューがハングル・英語併記だったので入ってみた、雑居ビルの1階にある小さなコーヒーショップ。
3m四方ほどのスペースに、7席のみ。
内装と女性店員がマッチして、良い雰囲気。
カフェラテ2,500ウォン(¥220)
P4160053
一服した後、カメラを取り出して「ふぉと、おーけー?」と訊いたら、快諾していただいた。
若い方のコが年相応にはしゃいでて、かわええね。

ホテルに戻ってチェックアウト、帰りは独りでタクシーに乗り込む。
一部渋滞があったけど、1時間20分ほどで金浦空港到着。
羽田に着いたら、日本語の洪水で少し眩暈した。

| | コメント (0)

辛の国の

昨日同様、朝食前に30分ほど散歩した。
昨日行った公園は「芸術公園」というらしく、そこへ通ずる広い歩道には怪しい像や壺が展示されていた。
P4150020

P4150021

P4150023

路上のクルマは、95%韓国製。
もう少し日本車の割合高いと思っていたけど。
外車だと、日本車よりメルセデスを多く見かける。
P4150019

思わずプププと笑ってしまうのが、このスポンジ状物体。
ドアのエッジの保護のためと見受けるが。。。もう少し薄いものでもイイのに。
P4150027

朝食後、昨日同様に仕事場へ。
18:00終了を目標に頑張ったら、17:00に前倒し終了。
これで、今回の任務はすべて完了。

お土産は、ホテル近くのディスカウントストアで。
1階は衣料品、2階は食料品、その上は行ってないから分からない。
食料品売場の入口は、カゴのタグに反応すると思われるセンサーが設置され、
かつガードマン1人が立っている。自分のバッグは、入口の前にあるロッカーに
預ける仕組み。
カゴごと持っていく、豪快な万引き多いんだろうな。
P4160040

自宅向けに乾燥ワカメ 7,980ウォン(¥695)。
(500mlペットボトルは大きさ比較のため)
P4160030

職場向けにお菓子 3,580+3180=6760ウォン(¥590)。
P4160031

初日に飲んで気に入った、トウモロコシのお茶のティーバッグ40packを発見 4,250ウォン(¥370)。
P4160032

普段は食べないスナック菓子、興味本位で3個セット 2,000ウォン(¥175)。
P4160033

| | コメント (0)

辛の国では

朝食前に、散歩をした。
時刻は7時前、近くに大きな公園があるが、ウォーキングや犬の散歩をしている人は少ない。
というか、犬を連れてる人を見かけない。それは、つまり。。。アレだから?(笑)

ホテルの朝食は、日本人向けのバイキング式。
日本のビジネスホテルによくあるレベルの。
それに対し、韓国風のスープや漬物・和え物がプラスされる。
キムチは、当然デフォルトで。

9:00から21:00までは仕事。
日本から送った部品も紛失せず、順調。
以前上司が行ったときは、部品が輸送中に紛失して、ホームセンターに買出しに走ったそうだ。

昼食は、お客さん先の社員食堂で。
1食4,300ウォン(¥375)。
思ったより高い。現地法人の韓国人も、外ではこの値段ならもっとボリュームがあるはず、という。
ここでも、キムチは有無を言わさず付いてくる。
また、温かい素麺のようなものを選ぼうとしたら、韓国人から「ソレ辛いですよ」と警告が。「赤くない=辛くない」ではないから、油断がならない。

休憩時、工場内の自動販売機でサイダーを買った。
日本では絶滅しつつある250ml缶で、600ウォン(¥52)。
缶は、冷たいものしかないので少しツライ。
紙カップのホットコーヒー自販機は別にあるが、暖かいお茶というものはない。

21:00、仕事を終えてホテルに戻って夕食。
夕食は、組立作業者の若者たちと焼き鳥の店へ。
店は居酒屋のようなメニューと雰囲気で、他の客も我々同様、数人単位の宴会状態。

鳥は日本の串刺しタイプではなく、手羽先を2種類の味付けで焼いたもの、それに韓国風おでんと卵焼き等々にビールを一杯。
手羽先は、一方は普通に塩焼きだが、もう一方は辛い味付け。ただ、この辛さが本格的カレーのような深さがあって、非常に旨い。
若者たちがガンガン呑んだけど、一人あたり18,000ウォン(¥1,560)。

今日一日食べて、確信したことがある。
この国では、辛さから逃れられない。

| | コメント (0)

辛の国へ

お客さんの工場で、自分が設計した機械の据付に立ち会うというのは良いものではない。
トラブルが起こったときに、部品・工具・人の調達が自由にできないことがその主な理由。
しかもその工場が外国ともなれば避けたかったのだが。。。韓国出張が現実となってしまった。

羽田発は、15:30。
比較的レートが高いという噂の、空港内の新韓銀行で両替してから搭乗。
レートは、11.4912。¥20,016が230,000ウォンになった。
18:00にソウル近郊・金浦着。
P4130006

予想通り、寒い。
冬物スーツ+コットンのステンカラーコート+マフラーで、何とか凌げる感じ。
ここ数日の気温は最低1~2℃、最高は10℃を少し超えるくらい。

往路は同僚4人と同行、日本で手配してもらった2台のタクシーに乗り込む。
そのタクシーで高速道路を1時間、ソウルの南・スウォン(Suwon)のホテルに到着。タクシー料金は80,000ウォン(¥7,000)。
P4130010

ホテル内の家電製品はすべてサムスン製。
Allsumsung

タクシーの運転手からサービスにもらった、トウモロコシのお茶。
香ばしくて、気に入った。
P4130017

機内食が夕方だったので、夕食はパス。
テレビを見ながら、明日の仕事の準備をして早々に就寝。
P4130016

| | コメント (0)

KLXで花見

KLX動作確認を兼ねて、花見へ。

熊谷市内の荒川土手を通過。
Arakawa_sakura

以前に目を付けていた、明覚駅のソメイヨシノ。
Myougaku_st1

Myougaku_st2

帰り道で発見した、コーナー数ヶ所のプチワインディング。
Nonamepass

| | コメント (0)

KLX排気系リフレッシュの後は

塗装したマフラーを車体に取り付けた。

エキパイとマフラーの繋ぎ目が多少変形していたので、バラすと二度と組めないかもと心配したが、難なく繋がり、排気漏れも無かった。

腐りかけのジョイントは、やはり交換して良かった。
見栄えが、全然違う。
持ち主にとっては。

                       交換前
Before

                       交換後
After

さて、これで車検通せば、しばらくは不安の種は無いな。。。と思ったら、また腐り落ちた。
左側のサイドカバーの隣、バッテリーを隠していたカバーが。
しかも、バッテリー&エアフィルタケースの一部で、高価そうor廃番になっていそうな、樹脂成型品。

とりあえず見栄え以外の実害は無さそうだが、あえて挙げるなら、ケーブル類を何かに引っ掛けてしまうことか。
応急処置として、フレームにタイラップで結束、たるまないようにしておいた。

まだ戦いは続くのか。。。orz
Bat_cable_left

| | コメント (0)

3鞍目、要スクワット

乗馬の1レッスンを「1鞍」と称するというので、サブタイトル変更。
こういう言い方は鼻につくので控えていたけど、他のカテゴリーとひと目で区別できるように。

で、今日のメインは「軽速足」。
歩きより、少し速い小走りのような状態で、腰を浮かせる。
乗り手の動作は、馬上でストロークの短いスクワットを繰り返すようのもの。

下肢の筋肉に、軽い疲れを覚える。
これまでより発汗多し。
自宅での筋トレに、スクワットを追加するか思案中。

姿勢について、注意を受けることが多い。
特に、「踵を下げて、力を抜いて、お尻を鞍に下ろす」ようにと。
バイクでは「ステップにつま先立ち、踵で車体をホールドし、いつでも尻を浮かせる」ことが多いから、その癖がなかなか抜けない。

馬を連れて歩いているとき、慣れてきて近付きすぎたせいか、初めて足を踏まれた。
しかも、今日だけで3回も。
見た目通り、結構重い。

レッスンが終わって、休んでいる他の馬の鼻先を撫でているときがいちばん幸せかも。
でも、中には呼んでも壁を向いたままの馬もいて、少し寂しい。
P4030012
※画像は本文と少しだけ関係あります。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »