« KLXで花見 | トップページ | 辛の国では »

辛の国へ

お客さんの工場で、自分が設計した機械の据付に立ち会うというのは良いものではない。
トラブルが起こったときに、部品・工具・人の調達が自由にできないことがその主な理由。
しかもその工場が外国ともなれば避けたかったのだが。。。韓国出張が現実となってしまった。

羽田発は、15:30。
比較的レートが高いという噂の、空港内の新韓銀行で両替してから搭乗。
レートは、11.4912。¥20,016が230,000ウォンになった。
18:00にソウル近郊・金浦着。
P4130006

予想通り、寒い。
冬物スーツ+コットンのステンカラーコート+マフラーで、何とか凌げる感じ。
ここ数日の気温は最低1~2℃、最高は10℃を少し超えるくらい。

往路は同僚4人と同行、日本で手配してもらった2台のタクシーに乗り込む。
そのタクシーで高速道路を1時間、ソウルの南・スウォン(Suwon)のホテルに到着。タクシー料金は80,000ウォン(¥7,000)。
P4130010

ホテル内の家電製品はすべてサムスン製。
Allsumsung

タクシーの運転手からサービスにもらった、トウモロコシのお茶。
香ばしくて、気に入った。
P4130017

機内食が夕方だったので、夕食はパス。
テレビを見ながら、明日の仕事の準備をして早々に就寝。
P4130016

|

« KLXで花見 | トップページ | 辛の国では »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KLXで花見 | トップページ | 辛の国では »