« 川内村へ | トップページ | さよならJAF »

トライアル体験@川内村

一晩降り続いた雨も明け方には止み、好天へ。
関東とはまったく違う、カラリとした空気で気持ち良し。
開始15分前に、最後のメンバーぽん太氏が滑り込んで登場、廃校の裏庭で9:00開始。
マシンは、4stのスコルパ3台と2stのガスガス1台。
P7100028

【1時間目】スタンディングスティルとライディングポジション
準備体操後に、エンジンかけずにバランス取りの練習。
ハンドルフルロックで、座ったままの直立状態を維持。
時間をかけ方から、重要な最初の一歩であることが解る。
スコルパと比べて、ガスガスは簡単に出来る。トラ車としての車体重量のバランスが格別に良いのではないか。
P7100040

こんなトレーニングツールもある。
以前に雑誌で見かけてバカにしてたのだが、荷重移動の練習が想像次第でいろいろ出来て、面白い。
欲しい。。。
P7100050

【2時間目】坂道発進とクラッチの使い方
ギアをニュートラルにしてブレーキもかけていないとスルスルと落ちてしまう斜面を利用して、クラッチをブレーキ代わりに使ったり、クラッチだけでトルクの調整を行うとか。
ここらへんは、林道ツーリングでも難所に当たるとフツーにやってるからOK。

【3時間目】8の字練習とアクセルワーク
最遅で、最小の円を描いて、ひたすらクルクル回る。
これは、予想外にハマッた。
1速でクラッチ使わなくてもエンストしないトラ車の特性を使って、ハンドルフルロック状態でコンパスのように円を描くのを目指した。
一瞬フルロックに出来るが、すぐにバランス崩してしまう。
あともう少し、というのが悔しくも面白い。

昼休みまで時間が余ったので、フロントアップをしたときの視界や体勢を感じてもらおう、ということになった。
車体の角度はヒルクライムで経験済みだが、そのときの状態はもっと起きた状態で、重心はこれより前になるから、やはり異質だ。
P7100045

【お昼休み】
地元のおっちゃんが漬けた漬物マジうめえ、な食事をいただく。
好天の野外、というのも最高。

【4時間目】林間コース散策・模擬セクショントライ
半径数mの平坦な林間コースをぐるりと回る。
注意が路面に集中し、頭を枝にぶつけること多し。

標高差100mに満たない山の斜面を、頂上まで登る。
途中には、進行方向に対して斜めに倒れてる細目の倒木が1本と、90°に倒れてる同じくらいの太さの倒木数本があり、ちょうど良い障害となっている。
当然斜めの倒木が難しいが、トラ車の軽さに助けられて、意外と簡単にクリア。
これを2往復してる間に西巻氏が、今度は斜面を使ったセクションを作成、きちんと点数を付けられる模擬コンペ開始。

↓下見中
P7100053

↓オフ系初のT君が予想外に健闘、クリーン連発。そのセンスに脱帽。
P7100065

「上りのあるセクションって、達成感あって気持ちいいですよね」などと話してたら、上りを作ってくれた。
しかし、アプローチルートが急角度のため、難しすぎ。
転倒続出、クリーンは出ない。
西巻さんがレベル調整に苦慮していたが、コチラは面白いから全然満足。

少し山を下って、もうひとつのセクション作成。
同じように、上りの難所。
岩にコケが生えていて、少しイヤらしい。
ここも難し過ぎで、クリーン出ず。

模擬セクションで意外だったのが、歩いて下見したときと走行中では周囲の見え方が違うということ。
狭い上に素人なので、スピードは歩く速度と同等だし、視線の高さも同じくらいのはずなのに、妙に視界が狭く、マーカーの位置を見落としがちだった。。。何故だ?

【5時間目】フロントアップ教室
こういうのは模擬セクションの前にやるんじゃないのか、と疑問に思いつつ。
アクセルに頼らず、クラッチと荷重移動で前輪を上げることを目指す。
ガスガスに乗ったら、レスポンス良すぎて、ついアクセルを開けてしまう。
自分としては上がる確率が増えた、もう少しツメよう。。。と思ったけど、こういうときが危ない。怪我しないうちに終了。

15:00終了のはずが、16:00過ぎまで伸びてしまった。
こんなに充実したスクールを破格の¥5,000で開催し、柔軟に対応してくれた西巻さんに感謝しつつ、終了。

|

« 川内村へ | トップページ | さよならJAF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川内村へ | トップページ | さよならJAF »