« PANTO、再び鈴鹿へ | トップページ | 18鞍目、容易に客観的に »

PANTOで再び4時間耐久

4時起床、5時ホテル発。
ホテルはサーキットから近いところが取れたし、ぽん太さんがパドック内駐車券を買っておいてくれたおかげで、ピットまで徒歩3分の極楽アクセス。
ピットオープンの5:30前に駐車場到着。

ピット設営は、椅子2脚置いて、レジャーシート敷いて完了。
Pit

試走は、1周だけ。
去年汗だくになったことを反省して、軽く汗ばむ程度に流す。

7:50、スタート地点に着く。
参加上の注意がアナウンスされるが、周囲の雑談のせいで聞き取れない。
8:00、8時間耐久参加者の走行開始数分後、スタートした。

1周目は周囲にごっちゃり参加者がいて、ツーリング状態。
上手い人はスキマに潜り込んで前へ進むが、自分は絡むのが怖くて進めない。
ケガで終わるのが、いちばん嫌だ。
Pit2
3回目のライダー交代のとき、左脚のふくらはぎが軽くつった。
目一杯荷重をかけなければイケルかもと思ったのは間違いで、その後も軽くピキピキ痛んだ。

各自2周ずつの交代で、最後はぽん太さんが3周走ってゴール。

PANTOに取り付けたメーターは、
平均時速24km/h
最高時速53.1km/h
走行時間1:57
走行距離47km
を示していた。

練習不足で脚がつったのは残念だが、その反面、テキトーな生活してた割りに完走したのだから良しとしようか。

↓今年の仮装な方々。
個人的には、カオナシが気に入った。
Kaso1

Kaso2

|

« PANTO、再び鈴鹿へ | トップページ | 18鞍目、容易に客観的に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PANTO、再び鈴鹿へ | トップページ | 18鞍目、容易に客観的に »