« 初観戦 全日本ロード第6戦@もてぎ | トップページ | PANTO、再び鈴鹿へ »

オルタネータ交換に至る経緯と費用

10/15(金)
仕事の帰りに走り出して数百m、微かに「カラカラカラ。。。」という連続した異音発生。
停止してエンジンかけたまま、ラジオを消して、耳を澄まして、ようやく聞こえる程度の音。
そのまま走り出すと、他の音に紛れて聞こえなくなった。

10/16(土)
休日出勤を終えてエンジンかけると、音発生。
ボンネット開けて確認すると、ベルト&オルタネータ付近が怪しい。
そのまま走行すると、走行中でも明らかに聞こえるレベルになっていた。
ディーラーに寄ってエンジンを切って再始動すると、音は発生しなかった。
何度かON/OFFを繰り返したが、再現せず。
何もせず、帰宅。

10/17(日)
朝、始動すると音発生。
走行後数分すると、音は消えた。

10/18(月)~10/20(水)
始動して走行直後、音が発生。
同時に、充電警告灯とブレーキ警告灯が点灯。
停止して再始動すると、音と警告灯は消えた。
Windowsかよっ

10/21(木)
夜、帰宅路で、再始動が効かなくなった。
充電警告灯とブレーキ警告灯が点灯したまま。
走行できてはいるけど、オルタネータが機能していない模様。

そして今日、諦めてディーラーで再度点検。
予想通りオルタネータ交換を勧められ、
オルタネータ ¥40,000
ベルトテンショナー ¥5,000
工賃 ¥20,000
の合計¥65,000の見積りを提示された。

この価格のオルタネータは、リビルド品。
部品屋に在庫があり、即作業に取り掛かれるという。
まったくの新品の場合の費用は、合計¥110,000を提示された。
リビルド品に保証はあるのか?と問うと、1年間or20,000kmの保証期間があるという。

事前に調べたところではオルタのリビルド品は¥30,000前後なので、少し高い。ま、ディーラーだからこんなものでしょう。
即決で依頼して、その日のうちに作業完了。

せめて5年は壊れませんように(ー人ー)
Pa230011


|

« 初観戦 全日本ロード第6戦@もてぎ | トップページ | PANTO、再び鈴鹿へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初観戦 全日本ロード第6戦@もてぎ | トップページ | PANTO、再び鈴鹿へ »